不惑4 | 神様と二人三脚 

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不惑4

08 22, 2011



結局わたしはまた
教会に引き戻されてしまいました。

また心機一転頑張ろうと
一応は思っていましたが、
一方でもうここから逃げられないと
思ったら、
とても暗澹たる気持ちでした。

結局この3年わたしは
何をやってたのだろう
結局何も変わらなかったなあと
いう思いで一杯になりました。

「教会から離れたら命はないぞ」
そんな父の言葉が心の中で
何度も繰り返され、
またわたしを苦しめました。
 


しかし今、当時のことを
振り返ってみると
改めて気づかされることがあります。

それは、あの3年間の間、
親の祈りに守って頂いたからこそ
無事に暮らすことが出来たということです。
親の祈りがなかったら、
たぶんわたしは
生きて教会に帰ってこれなかったと
思います。

当時の
わたしを振り返って考えてみても
そういう危なっかしいものを
わたしは持ち合わせていました。
まるで糸の切れたタコのように
クルクルと何処とはなく飛んで落ち、
破壊されてしまったかも
しれなかったけれど、
親の祈りの糸によって
辛うじてつなぎ止められて
帰ってこれたのでした。

街の雑踏の中で
「消えてしまいたい」と願ったとき
それを実行する事が出来なかったのは、
親が祈って下さっていたから出来なかったに相違ないのでした。


それから
「教会を離れたら命はない」
という父の言葉の真意も
今になって理解出来ます。

父は新婚当初
神様に
「お道の御用に立つ子をお授け下さい」
との願いを立てました。
そして
おかげを頂いて
わたしを授かったのです。

おかげを頂いたということは、
神様も同じ願いを
わたしにかけて下さっているということです。
「お道の御用に立ってくれ」という
願いです。

だから父は、
お道以外で身を立てることを許すのは
神様に申し訳が立たないと
いう父なりの信念があったのだと思います。

そして、その言葉は
誰よりも父自身の
信心体験の中で裏付けされた、
理屈抜きの確固たる思いであったのだと
思います。

憎まれても、曲げない
曲げてはならないものを
父が持っていたのです。

そういう父の思いを
解らせて頂けたのはごくごく
最近になってからでした。




本日も読んで頂きありがとうございました。
関連記事
0 CommentsPosted in 不惑
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
ご訪問ありがとうございます
LOGIN
ランキングに参加しています
応援 よろしくお願いします
プロフィール

fonwaka2

Author:fonwaka2



ご訪問ありがとうございます

わたしは
金光教の教会に生まれ育ちました
現在は
生まれた教会を継いで
教会長として御用しています

会社員の夫と
3人のこどもたちに恵まれ
賑やかな日々を送りつつ
信心の稽古に励んでいます

このブログは
一枚のフォトと共に
主にわたしの過去と現在の
信仰生活について
綴っています。

自分自身の為に
わたしの有り様を見つめる為に
綴る日誌です。

さらに
ブログを読んで下さってる
皆さんの御心が
少しでも癒され
和んでいただけるような
ブログになることを
願いつつ綴るものです。

わたしにとっても
皆様にとっても
幸せって何だろう?
生きるってどういうことだろう?
日々の忙しさの中で
ついおざなりになっていることを
ひとつひとつ拾いあげ
改めて考え気づく場であってほしいと
願っています。


これまで
読んでくださっている方々も
これから
読んでくださろうとしておられる方も
信仰をお持ちの方も
そうでない方も
ここで出会ったのも
何かの御縁
末永く
よろしく御願いします^^  


忌憚なくご意見やご感想をお聞かせ
下されば幸いに存じます


旧ブログ築七〇年教会の住人
よろしかったら覗いてみてください

神様と二人三脚 Facebookページ
当ブログのFacebookページに 更新情報とフォトエピソード他をのせています。 ぜひ「いいね!」してくださいませ。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フォローお願いします

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。