神様と二人三脚 | 神様と二人三脚 

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神様と二人三脚

02 24, 2011
~神様と二人三脚~
今日は、このブログのタイトルについてお話します。
この言葉は今から14年前、
当時わたしが御用していた金光図書館(金光教本部にある図書館)
図書館長だったT先生が下さったお言葉です。

その頃のわたしは、色々なことで行き詰まり、
ご本部に住んでおりながら
神様にお願いする気力もないまま
日々を送っていました。

心身ともに疲れ果て、
欠勤も多く、
満足な御用も果たせないままでした。
ほぼ投げやりになっていたとも言えます。

ある時、図書館職員同士の共励会(信心のお話会)
「今のわたしは、神様に背中を向けているんです。」
と苦しい胸の内を少し打ち明けました。

するとそれを聞いていたT先生が、

「~背中を向けておる~ということは、
  後ろに神様がいらっしゃると貴女がわかっているから出来ることです」

と仰って下さいました。

投げやりになっているわたしを
温かく包み込んで下さるようなお言葉でした。

でも結局
中途半端な心のまま、
3年間を一区切りで
御用を退かせていただくことになりました。
その時に頂戴した職員の皆さんからの寄せ書きの
真ん中に
T先生が書いて下さったのが

この~神様と二人三脚~でした。

半ば逃げるような形で辞めていくわたしの背中に
「神様はいつも一緒にいて下さっているよ。神様を離しちゃだめですよ」と
祈りを架けて下さったと思います。

この言葉の大切さに本当の意味で気づくのに
十数年の時を費やしました。
苦しかった
あの時も
この時も
神様はそばにいてくださったんだなあと
今更ながら気づかされました。

これからは
この言葉を日々心に留め、
神様と心を同じにし、
足並みをそろえて前に進みたいとの願いから、
このブログのタイトルにさせて頂いた次第です。
関連記事
0 CommentsPosted in 信心
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
ご訪問ありがとうございます
LOGIN
ランキングに参加しています
応援 よろしくお願いします
プロフィール

fonwaka2

Author:fonwaka2



ご訪問ありがとうございます

わたしは
金光教の教会に生まれ育ちました
現在は
生まれた教会を継いで
教会長として御用しています

会社員の夫と
3人のこどもたちに恵まれ
賑やかな日々を送りつつ
信心の稽古に励んでいます

このブログは
一枚のフォトと共に
主にわたしの過去と現在の
信仰生活について
綴っています。

自分自身の為に
わたしの有り様を見つめる為に
綴る日誌です。

さらに
ブログを読んで下さってる
皆さんの御心が
少しでも癒され
和んでいただけるような
ブログになることを
願いつつ綴るものです。

わたしにとっても
皆様にとっても
幸せって何だろう?
生きるってどういうことだろう?
日々の忙しさの中で
ついおざなりになっていることを
ひとつひとつ拾いあげ
改めて考え気づく場であってほしいと
願っています。


これまで
読んでくださっている方々も
これから
読んでくださろうとしておられる方も
信仰をお持ちの方も
そうでない方も
ここで出会ったのも
何かの御縁
末永く
よろしく御願いします^^  


忌憚なくご意見やご感想をお聞かせ
下されば幸いに存じます


旧ブログ築七〇年教会の住人
よろしかったら覗いてみてください

神様と二人三脚 Facebookページ
当ブログのFacebookページに 更新情報とフォトエピソード他をのせています。 ぜひ「いいね!」してくださいませ。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フォローお願いします

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。