平和な時代に忘れ去られていくもの | 神様と二人三脚 

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平和な時代に忘れ去られていくもの

08 07, 2011




昨日は広島原爆の日でした。

8時からテレビ中継される
平和公園での式典の模様を
昔は、毎年テレビの前で
両親と一緒に正座し、
黙祷したものです。

もちろん
長崎原爆の日や終戦記念日も
そうです。
何をしている途中でも
手を止めて
テレビの前に集合し、
合図とともに祈りました。

両親は共に大正末期の生まれで
わたしとは、
祖父母と孫ほどの年の差があります。

両親にとって
一番輝かしい青春時代というものは、
戦争一色の時代でした。

そして
良きにしろ悪しきにしろ、
人生の中で一番印象深い
忘れがたい時代だったようです。

そんな二人の背中を見て育った
わたしは、
同世代の人よりも
昔あった戦争というものが
どういったものであったか
より肌身で感じて大きくなりました。

だから理屈抜きで
恒久平和を祈らずにはおれない
そういう思いが
わたしの中でも生きています。

戦争を知らない世代に育てられた
主人やこどもたちは、
そんなわたしのことを
首を傾げながら見ているようです。

時代の変化をより顕著に感じる
この頃です。





本日も読んで頂きありがとうございます!
お忙しいところ恐縮ですが、応援お願いします!↓
                      
 人気ブログランキングへ



同じカテゴリの記事
関連記事
0 CommentsPosted in 平和
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
ご訪問ありがとうございます
LOGIN
ランキングに参加しています
応援 よろしくお願いします
プロフィール

fonwaka2

Author:fonwaka2



ご訪問ありがとうございます

わたしは
金光教の教会に生まれ育ちました
現在は
生まれた教会を継いで
教会長として御用しています

会社員の夫と
3人のこどもたちに恵まれ
賑やかな日々を送りつつ
信心の稽古に励んでいます

このブログは
一枚のフォトと共に
主にわたしの過去と現在の
信仰生活について
綴っています。

自分自身の為に
わたしの有り様を見つめる為に
綴る日誌です。

さらに
ブログを読んで下さってる
皆さんの御心が
少しでも癒され
和んでいただけるような
ブログになることを
願いつつ綴るものです。

わたしにとっても
皆様にとっても
幸せって何だろう?
生きるってどういうことだろう?
日々の忙しさの中で
ついおざなりになっていることを
ひとつひとつ拾いあげ
改めて考え気づく場であってほしいと
願っています。


これまで
読んでくださっている方々も
これから
読んでくださろうとしておられる方も
信仰をお持ちの方も
そうでない方も
ここで出会ったのも
何かの御縁
末永く
よろしく御願いします^^  


忌憚なくご意見やご感想をお聞かせ
下されば幸いに存じます


旧ブログ築七〇年教会の住人
よろしかったら覗いてみてください

神様と二人三脚 Facebookページ
当ブログのFacebookページに 更新情報とフォトエピソード他をのせています。 ぜひ「いいね!」してくださいませ。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フォローお願いします

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。