新楽員として | 神様と二人三脚 

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新楽員として

02 17, 2015



先週末
一泊で典楽会の本部練習会へ
参加させて頂きました

こどもたちのこともあるので 
一泊は難しいかなと当初は
考えていましたが
主人が何も言わず
送り出してくれました
おかげで安心して
御本部へ向かわせて頂きました
新幹線の中では
色々と反省しきりでした
まだまだ家族への感謝が
足らないわたしです

ご霊地に到着し、
会場に着いてから知ったスケジュールは
思っていた以上に過密でした(^。^;)
前日は準備などで殆ど寝られず
体も絶不調で到着した段階で
フラフラでしたので
ついていけるか心配でしたが
せっかく神様のご都合お繰り合わせを
頂いて参加させて頂けることになり
主人やこどもたちも辛抱してくれて
いる(いや、のびのびしてるかも?)ので
この二日間精一杯おかげ頂きたいと思いました。

右も左も分からず
早速行くべき部屋を間違えてみたり
忘れ物をしてみたりしましたが
分会や支部の先輩先生方が
いろいろ助けて下さいました

班に分かれてのお稽古は
とても緊張しましたが楽しかったです
分会や支部でのお稽古でもそうですが 
楽の事だけに頭も心も集中して
お稽古出来るというのは
とても贅沢な時間です

夕方からお仕えになられた
典楽祭も初めてお参りさせて頂きました
吉備舞が奉納されましたがその一つに
「天地(あめつち)」
がありました

長女が初めて舞を奉納させて
頂いた曲でした
長女が吉備舞の御用を受けてくれた事がわたしの楽員試験受験のきっかけとなりました

典楽の御用から身も心も
すっかり離れた十数年間のことと
今こうして楽員として典楽祭を
拝ませて頂く自分とを思い比べて
何とも不思議な気持ちにならせて
頂きました

当時のことが改めて蘇り
神様がここに連れてきて下さったと
感慨もひとしおでした

金光教典楽会は
昨年結成60年を迎えられたそうで
その記念の式典もありました
そういう記念のお年柄に
楽員にならせて頂き
勿体ないことだなあと思いました


次の日の早朝

新楽員の紹介ということで
参加された皆さんの前で
認定状と記念品
そして金光様からお下げ頂いた御神米を一人一人に頂きました


大昔の話ですが
中学生のころ
当時の吹奏楽部の先生から
音大の付属高校への受験を勧められ
たことがありました
しかし両親からの大反対を受け
受験を諦めました
そのことは後々
自分の心のしこりとなり
事あるごとに 
簡単に諦めてしまった
自分を責めたり
親を責めたり
自分の境遇を責めたり
さらには神様を責めたりすることが
幾度となくありました


でも今
こうして楽員として
お引き立て頂き
金光様から御神米をお下げ頂いて
神様はちゃんと
おかげを用意して待って下さっていたんだと思いました。

進みたかった音楽の道を
教会の御用の為に諦めるしかなかった
わたしに
神様はちゃんと
典楽の道をつけて下さった
御神米を頂きそのことに改めて
気づかされました


二日目も順調に稽古のおかげを
頂き
無事に帰路につかせて頂きました

帰りは
今度春の天地金乃神大祭で
一緒に御奉仕させて頂く先輩の先生がビールとカツサンドを奢って下さり
美味しく頂きました

予定通りに駅までかえると
主人と次男が迎えにきてくれました

夕食も入浴も既に終えて
待っていてくれ
わたしより
行き届く主人を
もっとわたしは大切に
せねばと思いました(._.)

この二日間で沢山のことに
気づかされました
そして課題も頂きました
このことをもって
春の本部天地金乃神大祭の初
御奉仕に向けて
また稽古の日々が続きます



本日も読んで頂き
有り難うございました

関連記事
0 CommentsPosted in 信心
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
ご訪問ありがとうございます
LOGIN
ランキングに参加しています
応援 よろしくお願いします
プロフィール

fonwaka2

Author:fonwaka2



ご訪問ありがとうございます

わたしは
金光教の教会に生まれ育ちました
現在は
生まれた教会を継いで
教会長として御用しています

会社員の夫と
3人のこどもたちに恵まれ
賑やかな日々を送りつつ
信心の稽古に励んでいます

このブログは
一枚のフォトと共に
主にわたしの過去と現在の
信仰生活について
綴っています。

自分自身の為に
わたしの有り様を見つめる為に
綴る日誌です。

さらに
ブログを読んで下さってる
皆さんの御心が
少しでも癒され
和んでいただけるような
ブログになることを
願いつつ綴るものです。

わたしにとっても
皆様にとっても
幸せって何だろう?
生きるってどういうことだろう?
日々の忙しさの中で
ついおざなりになっていることを
ひとつひとつ拾いあげ
改めて考え気づく場であってほしいと
願っています。


これまで
読んでくださっている方々も
これから
読んでくださろうとしておられる方も
信仰をお持ちの方も
そうでない方も
ここで出会ったのも
何かの御縁
末永く
よろしく御願いします^^  


忌憚なくご意見やご感想をお聞かせ
下されば幸いに存じます


旧ブログ築七〇年教会の住人
よろしかったら覗いてみてください

神様と二人三脚 Facebookページ
当ブログのFacebookページに 更新情報とフォトエピソード他をのせています。 ぜひ「いいね!」してくださいませ。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フォローお願いします

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。