あめつち(神様のおかげの中で) | 神様と二人三脚 

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あめつち(神様のおかげの中で)

11 06, 2013




一昨日、
教会の生神金光大神大祭と
五代教会長である父の15年祭を
仕えさせて頂きました。

前日は朝から雨が降り続いて
いましたが
大祭当日は、一転して
晴れのおかげを頂きました。

神様がお恵み下さる雨ですから
雨でもありがたくいただいていくことが大切ですが、
うちの教会には
雨だと必然的にお参り出来ない方が
いらっしゃるので
神様にその方がお引き寄せ頂かれるようお願いしていました。
それが今回も叶い
神様が願いをおくみ取り下さったので
大変嬉しかったです。


今回の御大祭に
長女が吉備舞をお供えさせて
頂くために
わたしは楽をお供えさせて頂くために
前々から共に
親教会にお引き寄せ頂いて
稽古をさせて頂きました。

当初は
わたし1人で
楽をさせて頂く予定でしたが
日頃お世話になっている
C教会の従兄弟のお嫁さんと
H教会のA先生が
御用を快くお引き受け
下さり、
3人でお箏をさせて頂くことに
なりました。
お二人には
大祭シーズンの
忙しい最中に前もって
お稽古までお付き合い
下さいました。

また
吉備舞の衣装についても
当初、白衣や袴を手作りするか
非常に頭を悩ませていたところ、
従兄弟のお嫁さんから
衣や扇子を含め一式
お借りすることが出来ました。
しかもサイズもほぼジャストフィット

この衣装は
昔、従兄弟のお嫁さんが
吉備舞を舞うご自身のお子さん達の為に
3日3晩徹夜して手作りされたものです。

10年くらい前だったか
従兄弟のお子さん達に
うちの教会でこの衣装を身につけて
吉備舞の御用をして頂いたことがありました。

その頃はわたしはまだ独身でした。
とてもとても羨ましくて
うちの教会から
舞人の御用が出来られる方が
いたらいいなあと思ったものです。

そんな思い出深い衣装を
着させて頂いて
実際に今度は
自分に頂いた子が
舞をお供えさせて頂けるなんて
あの頃のわたしには
考えも及ばないことでした。


また、親教会の舞人さんに
お化粧もして頂けることに
なりました。

さらに数日前には
SK教会のM先生が
楽の御用をお申し出下さり、
龍笛、篳篥、笙が揃うことに
なりました。



「神様が調えてくださっているんだ」と思わされ
有難くて仕方ありませんでした。

大祭が近づくにつれて、
どんどんと色んなことが
わたしの考えや力のかなう範囲を超えて
整っていく様を顕著に
感じさせて頂き
ああ、お供えを自分でしようとすることは違うんだなあ
まさに神様にさせて頂くとは
こういうことだと
改めて気づかされました。

かくして
大祭も霊祭も滞りなくお仕えになられ、
吉備舞も無事にお供えさせて
頂くことが出来ました。



この度の吉備舞の曲は
「天地(あめつち)」

わたしは
親箏をさせて頂きましたが、
緊張と感無量とでか?
出だし、声が裏返ってしまいましたσ^_^;とほほ

この曲の歌詞の正式な意味を
わたしは知りません。


「天地(あめつち)の
開けし世より
天津日のもとつみくに(御国??)は
曇らざりけり
曇らざり」

でもなんとなく、、、
このお道の
神世と言われる信心の世界の素晴らしさを歌ってあるのだと思わされてます。
(間違ってたらすみません)


15年前、父が亡くなった日の朝も
このたびの大祭当日のような
とても爽やかな晴れのお天気でした。

冷たい空気の
救急処置室で
父の死亡確認がなされ
冷たくなってしまった
父の手を握っていた時
わたしの後ろの窓から
朝日が差し込み
父の顔を金色に照らしました。

あの頃のわたしは
ただただ悲しいばかりだったけど
正にあれはおかげのなかでの出来事だったのだと
今改めて思わされています。




本日も読んで頂き、
ありがとうございました。



人気ブログランキングへ
関連記事
2 CommentsPosted in 信心
-2 Comments
By やぎ11 06, 2013 - URL [ edit ]

吉備舞本当に素敵でした。
私の記憶では、教会であんなに豪華にお琴や笛が演奏されのを初めて見させて頂いたと思います。そしてそれにあわせて吉備舞まで。先生が演奏されて、娘さんがそれに合わせて吉備舞を踊られてると思うとなんだか不思議と涙が止まりませんでした。こんな素敵な光景が見られるとは思っていなかったので、本当に感動しました。嬉しかったです。ありがとうございました。

By fonwaka211 15, 2013 - URL [ edit ]

コメントありがとうございます(^^)
なんだか記念祭みたいな
賑やかなご祭典でしたね。
うちの教会は
昔は典楽の御用される方が揃っていたのに
後が続かず、わたしは最後の楽人でした。
すっかり諦めていました
吉備舞も神様のお引き立てと
皆さんの真心で奉納が叶いました。
一番初歩の曲を奉納させて頂きましたが、
この初心の心を忘れないように
またここから信心の稽古です。
元気を出して励みたいものです。



Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
ご訪問ありがとうございます
LOGIN
ランキングに参加しています
応援 よろしくお願いします
プロフィール

fonwaka2

Author:fonwaka2



ご訪問ありがとうございます

わたしは
金光教の教会に生まれ育ちました
現在は
生まれた教会を継いで
教会長として御用しています

会社員の夫と
3人のこどもたちに恵まれ
賑やかな日々を送りつつ
信心の稽古に励んでいます

このブログは
一枚のフォトと共に
主にわたしの過去と現在の
信仰生活について
綴っています。

自分自身の為に
わたしの有り様を見つめる為に
綴る日誌です。

さらに
ブログを読んで下さってる
皆さんの御心が
少しでも癒され
和んでいただけるような
ブログになることを
願いつつ綴るものです。

わたしにとっても
皆様にとっても
幸せって何だろう?
生きるってどういうことだろう?
日々の忙しさの中で
ついおざなりになっていることを
ひとつひとつ拾いあげ
改めて考え気づく場であってほしいと
願っています。


これまで
読んでくださっている方々も
これから
読んでくださろうとしておられる方も
信仰をお持ちの方も
そうでない方も
ここで出会ったのも
何かの御縁
末永く
よろしく御願いします^^  


忌憚なくご意見やご感想をお聞かせ
下されば幸いに存じます


旧ブログ築七〇年教会の住人
よろしかったら覗いてみてください

神様と二人三脚 Facebookページ
当ブログのFacebookページに 更新情報とフォトエピソード他をのせています。 ぜひ「いいね!」してくださいませ。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フォローお願いします

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。