願ったことを忘れていないか? | 神様と二人三脚 

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

願ったことを忘れていないか?

07 17, 2013



主人と知り合ってから
今年で10年が経ちました。

わたしが29歳の時に
主人と知り合いました。

当時のわたしは
「早く結婚して、沢山こどもが欲しい」
という10年越しの願いを
叶えることが出来ずにいました。

晩婚化が進み
医療の発達により
高齢出産が珍しくなくなって
そんなに焦らなくてもいいという
世の中の風潮の中で

わたしの場合は
父を25歳の時に亡くし
母は70歳をとうに越えた高齢で
ひとりっ子でもあり
教会や家の後継のこともあり
周りの方以上に焦っていましたし、
今思えば
我利我利亡者の如く
その結婚の願いが早く叶えられる
ことに執着していました。

合コンも紹介もお見合いも何度もして
お付き合いもしましたが、
結婚までは至らず、
とうとう三十路目前という歳になりました。

そこでようやくわたしは、
なぜこの願いが叶えられないのかを
考えるに至り
願い方が間違っていたことに
気づかせて頂きました。

これまでは
「結婚して幸せになりたい」
「親に孫の顔を見せて親孝行したい」
「こどもを沢山産んで賑やかに暮らしたい」
というところからくる結婚の願いでありました。

この願い方のどこがいけないかと
思われるかもしれません。
嘘偽りのない
人としてごく当然の
素直な願いであり
わたしもこのように思うことが
間違っているとは
思えませんでした。

でもその願いの出処をよくよく
注意深く見ていきますと
みな自分中心の考えから生まれた願いのありようでした。

「結婚して自分が幸せになりたい」
「周りの人に幸せになったということを
アピールしたい」
「親に親孝行娘と思われたい」
「親孝行な人だと周りに思われたい」
「良いこどもに恵まれたい」
「理想的な母親になりたい」
「いつまでも独り者だと体裁が悪い」

突き詰めて考えてみると
みな「我よし」の心から出ていたのです。


今思えば
自分のことを自分できちんと
お結界でお取次を願い頂くことを
していなかったので
この誤りに気づかせて頂くのに
10年近く時間もかかったのだと思います。

わたしは自分の心得違いに気がつき、
それまでの
自分中心的な願い方を改め、
「神様の人助けの御用に使って頂く上で
神様が必要と思し召されるのであれば
結婚させて下さい。
必要でなければ一生独身で
御用にお使い下さい」と
願い方を変えたところ、
まもなくして主人と知り合い、
付き合い始めて1年足らずで結婚の運びと
なりました。

結婚後も3人のこどもたちにも順調に
恵まれて
1人だけでしたが、
母に孫の顔を見せることも叶いました。
気がつけば
わたしの当初の願いはすべて叶っていました。

ところが
すべてを得てからというもの
自分の思い通りにならない
夫やこどもたちに対して
不平不足を思うようになりました。

あれほど願っていたのに
「結婚なんてしなければよかった」と
思うほどまでになりました。

そしてうつ病になるまで追い込まれていきました。

そしてようやく今になって
気がつきました。

結局
わたしは、自分で願っておきながら
その願いの事柄が叶ったと同時に
どのように願っておかげを頂いたのか?
ということをすっかり忘れてしまっていたのです。

わたしは、当初の自分中心の願い方から
「神様の御用にお使い頂くのに必要であれば
結婚させて下さい」
と神様中心の願いに改めて
そしておかげを蒙りました。

ですから
わたしにとっての結婚生活とは
わたしの心を満たすための生活でなく
どこまでも人助けの御用にお使い頂くための
生活、つまりは修行であるということなのです。

であるにも関わらず、
自分の思い通りにならないこの結婚生活に
不満を並べるということは
自分が改め願ったことを自ら覆すこと
それはつまるところ
神様に方便を使って自分の願いを叶えさせたと同じことになるのです。
そのように
知らず知らずとは言え
神様に対してとても御無礼な生き方に
気がつけばシフトしていました。

信心しているように見えて
神様からご覧になったら
ひとつも信心に
なっていないわたしでした。


うまくいかない
思い通りにいかない結婚生活こそが
わたしにとっては大きなおかげ

わたしを人助けの御用に使いしめようと
神様が修行をさせて下さっているのですから
わたしは
喜びをもって
先を楽しみに
目の前の生活を大切に送らせてもらわねば
せっかく縁を頂いた主人と
授けて頂いたこどもたちと
おかげを下さった神様に申し訳が立ちませんね。


気を引き締めて
精進させて頂きたいです。


本日も読んで頂き
有り難うございました。



人気ブログランキングへ
関連記事
0 CommentsPosted in 信心

Previous: 稽古に稽古

Next: 答え
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
ご訪問ありがとうございます
LOGIN
ランキングに参加しています
応援 よろしくお願いします
プロフィール

fonwaka2

Author:fonwaka2



ご訪問ありがとうございます

わたしは
金光教の教会に生まれ育ちました
現在は
生まれた教会を継いで
教会長として御用しています

会社員の夫と
3人のこどもたちに恵まれ
賑やかな日々を送りつつ
信心の稽古に励んでいます

このブログは
一枚のフォトと共に
主にわたしの過去と現在の
信仰生活について
綴っています。

自分自身の為に
わたしの有り様を見つめる為に
綴る日誌です。

さらに
ブログを読んで下さってる
皆さんの御心が
少しでも癒され
和んでいただけるような
ブログになることを
願いつつ綴るものです。

わたしにとっても
皆様にとっても
幸せって何だろう?
生きるってどういうことだろう?
日々の忙しさの中で
ついおざなりになっていることを
ひとつひとつ拾いあげ
改めて考え気づく場であってほしいと
願っています。


これまで
読んでくださっている方々も
これから
読んでくださろうとしておられる方も
信仰をお持ちの方も
そうでない方も
ここで出会ったのも
何かの御縁
末永く
よろしく御願いします^^  


忌憚なくご意見やご感想をお聞かせ
下されば幸いに存じます


旧ブログ築七〇年教会の住人
よろしかったら覗いてみてください

神様と二人三脚 Facebookページ
当ブログのFacebookページに 更新情報とフォトエピソード他をのせています。 ぜひ「いいね!」してくださいませ。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フォローお願いします

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。