不惑37 | 神様と二人三脚 

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不惑37

05 25, 2013



記念祭をお仕えする
数週間前だったと思いましたが
ある夢を見ました。

うちの教会の広前で
御大祭の準備が
進められていました。
すると羽織に白衣に紫袴の親先生が
外殿に入られました。
そこで
場面が変わり
わたしは広い野っ原にいました。
そしてNさんを
背中に負ぶっていました。
晴々とした
のどかであたたかい雰囲気の中で
わたしはとても穏やかな気持ちで
Nさんを負ぶっていました。
Nさんもそれを拒むことなく、
わたしの背中に
素直におぶられておいででした。




この夢を見た直後は
大変奇妙に思われ
意味がサッパリ分かりませんでした。

それは
現実の世界では
Nさんとわたしが
20年もの長い間
仲違いをしていたからです。





わたしがまだ10代の頃の話に
遡ります。





中学2年の時に母が
そして
高校2年の時に父が
脳梗塞で倒れました。

その頃から、
教会内で
様々な問題が起こりました。

その事により
教会長である父への不信感を
信者さんがつのらせてしまうと
いうようなことになりました。

父の教導が厳しく
信者さんからすれば
責められているように
感じられたのだと思います。

もちろん父の方に
まったく問題がなかった
訳ではありません。
でもその中には、
様々な誤解もありました。
父も焦っていたのかも
しれません。

Nさんは、
父と信者さんの間で
この状況をなんとかせねば
という思いがあられたのだと
思いますが

まだまだ
世間知らずなこどもだったわたしは
その問題によって
人間のいやらしさというものを
嫌というほど肌で感じ、
いつからか
Nさんのことを憎み
Nさんの全てを拒絶するまでに
なりました。

Nさんも
わたしの態度に激怒し、
事あるごとに対立しました。

このことが
その後の20代のわたしの心に
暗い影を落としました。

父が亡くなっても
Nさんとの関係は悪くなる
ばかりでした。

さらに時が経ち
結婚して母が亡くなっても
それは変わりませんでした。

むしろ悪くなるばかり

教会長にお取り立て頂いてからは
Nさんからの非難を
わたしが直接浴びることが増え
辛くて仕方がありませんでした。




その間
親教会に月参りさせて頂く中で
Nさんとの事を
お取次願うようになりました。

幾度となく泣き泣き
お取次願いました。

なぜ両親は責められなければ
ならなかったのか。
両親の人生が
苦労ばかりで
人のために祈ってばかりで
報われない人生のように
思えて仕方がありませんでした。

親先生や親奥様は
そんなわたしに
長い年月をかけて
神様の願うところをお話
下さり、神様に取次ぎ、
祈って下さいました。

その中で
「辛抱して、Nさんの言い分を立てていきなさい。」
ということが
神様の願われるところだと
少しずつ分からせて頂いて
その稽古をさせて頂きました。

最初は無理矢理していたのが
段々と稽古していくうちに
わたしの心が変わっていきました。
様々な事柄を通して
Nさんの思いを理解し
Nさんを受け入れることが
出来るわたしにならされていたのです。

しかし、
Nさんはなかなか許しては
下さいませんでした。
それは身から出たサビだと
自分に言い聞かせて
辛抱させて頂きました。
いつの間にか、Nさんへの憎しみのような感情は消えていました。

すると、
教会が水害に遭った時あたりから
Nさんのわたしに対する
態度が軟らかくなってきました。




そして
記念大祭を間近にひかえたある日
Nさんにとってある吉報が
もたらされました。

昔のわたしからしたら
とても喜べなかったと思いますが、
その時は素直に喜べるわたしに
ならせて頂きました。
それはその吉報が
両親の苦労をも包み込むものであるようにわたしには感じられたのです。




あの夢は、
Nさんにもたらされた吉報と
それをきっかけとして
長い間拗れに拗れてきた関係に
終止符が打たれるという
神様からのお知らせだったのでした。

それは、何より、
神様と御霊様のお働きと、
親教会のお結界の御祈りを
頂いているという元、下地があって
成し得られたことであることも
あの夢は教えて下さっていました。


この記念祭を境に
わたしの約20年の苦しみは
氷が溶けるがごどく
消えていきました。

そしてそれから後は
夢で見せて下さったように
Nさんとの関係は
穏やかなものに変わる
おかげをいただきました。



本日も読んで頂き、
ありがとうございました。


人気ブログランキングへ
関連記事
0 CommentsPosted in 不惑
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
ご訪問ありがとうございます
LOGIN
ランキングに参加しています
応援 よろしくお願いします
プロフィール

fonwaka2

Author:fonwaka2



ご訪問ありがとうございます

わたしは
金光教の教会に生まれ育ちました
現在は
生まれた教会を継いで
教会長として御用しています

会社員の夫と
3人のこどもたちに恵まれ
賑やかな日々を送りつつ
信心の稽古に励んでいます

このブログは
一枚のフォトと共に
主にわたしの過去と現在の
信仰生活について
綴っています。

自分自身の為に
わたしの有り様を見つめる為に
綴る日誌です。

さらに
ブログを読んで下さってる
皆さんの御心が
少しでも癒され
和んでいただけるような
ブログになることを
願いつつ綴るものです。

わたしにとっても
皆様にとっても
幸せって何だろう?
生きるってどういうことだろう?
日々の忙しさの中で
ついおざなりになっていることを
ひとつひとつ拾いあげ
改めて考え気づく場であってほしいと
願っています。


これまで
読んでくださっている方々も
これから
読んでくださろうとしておられる方も
信仰をお持ちの方も
そうでない方も
ここで出会ったのも
何かの御縁
末永く
よろしく御願いします^^  


忌憚なくご意見やご感想をお聞かせ
下されば幸いに存じます


旧ブログ築七〇年教会の住人
よろしかったら覗いてみてください

神様と二人三脚 Facebookページ
当ブログのFacebookページに 更新情報とフォトエピソード他をのせています。 ぜひ「いいね!」してくださいませ。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フォローお願いします

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。