不惑36 | 神様と二人三脚 

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不惑36

05 24, 2013



次男の入園のことを相談して
反対された時に
主人にこう言われました。

「御用や祭典の準備は出来る範囲でやればいいじゃないか。
信心のことは分からないけど、
結局肝心なのは形や体裁じゃない、気持ちやろ?
一生懸命に本気でやれたとこまでやれればそれでいい。
他所の真似して無理せんでいい。」



わたしは
ハッとさせられました。



記念祭を仕えさせて頂くことに
ついて
わたしの心はいつの間にか
大切にするべきことから
大きく
ズレていました。

他所の教会の記念祭に
見劣りしないように
とか、
記念祭らしく盛大にしなければ
とか、
体裁ばかりを
気にするようになって
無理矢理
事を進めようとしていたのです。

それは明らかに
神様への御礼の気持ちから
出たものではありません。

只今の今、
おかげを頂いていることへの御礼が
わたしの心の中から
すっかり抜けていることを
主人は知ってか知らずか
指摘して下さったのです。

信心しているといっても
信心になっていない自分を
思い知らされ、
頭から冷や水をかけられたような
心地がしました。

それからは心を改め
次男の入園はやめにして、

とにかく出来るところまで
させて頂きたいとの願いで
御用に使って頂きました。


記念大祭当日まで1ヶ月
信者さんや家族も
真心で御用を受けて下さり、
共に準備を進めさせて頂きました。


そしてついに
平成24年5月3日
天地金乃神大祭に併せて
開教95年記念大祭を
恙無く
奉仕のおかげを蒙りました。

他所のお教会に比べれば
本当にささやかな記念大祭だったのかもしれません。

しかし、
当初させて頂きたいと
願ったことについて
気がつけば
すべて形となって
させて頂くことが出来ていました。

わたしの
精一杯をお供えさせて頂けたことが
ただただ有難いばかりでした。

さらに
おかげは
そればかりにとどまりませんでした。

その記念祭をきっかけに
長年わたしが苦しみ続けてきた
ある事について、
少しずつ状況が変わっていることに
気がついたのでした。



本日も読んで頂き、
ありがとうございました。



人気ブログランキングへ
関連記事
0 CommentsPosted in 不惑

Previous: 不惑37

Next: 不惑35
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
ご訪問ありがとうございます
LOGIN
ランキングに参加しています
応援 よろしくお願いします
プロフィール

fonwaka2

Author:fonwaka2



ご訪問ありがとうございます

わたしは
金光教の教会に生まれ育ちました
現在は
生まれた教会を継いで
教会長として御用しています

会社員の夫と
3人のこどもたちに恵まれ
賑やかな日々を送りつつ
信心の稽古に励んでいます

このブログは
一枚のフォトと共に
主にわたしの過去と現在の
信仰生活について
綴っています。

自分自身の為に
わたしの有り様を見つめる為に
綴る日誌です。

さらに
ブログを読んで下さってる
皆さんの御心が
少しでも癒され
和んでいただけるような
ブログになることを
願いつつ綴るものです。

わたしにとっても
皆様にとっても
幸せって何だろう?
生きるってどういうことだろう?
日々の忙しさの中で
ついおざなりになっていることを
ひとつひとつ拾いあげ
改めて考え気づく場であってほしいと
願っています。


これまで
読んでくださっている方々も
これから
読んでくださろうとしておられる方も
信仰をお持ちの方も
そうでない方も
ここで出会ったのも
何かの御縁
末永く
よろしく御願いします^^  


忌憚なくご意見やご感想をお聞かせ
下されば幸いに存じます


旧ブログ築七〇年教会の住人
よろしかったら覗いてみてください

神様と二人三脚 Facebookページ
当ブログのFacebookページに 更新情報とフォトエピソード他をのせています。 ぜひ「いいね!」してくださいませ。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フォローお願いします

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。