手 | 神様と二人三脚 

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

03 19, 2013




一昨日
無事に長男の卒園式が終わりました。
緊張した面持ちで
証書を受け取りに行く長男の姿は
背丈は小さいけれど、
すっかり幼児というより、
少年の佇まいで凛々しく見えました。

本当にいつの間に
こんなに大きくならせてもらったのでしょう?


長男が通っていた幼稚園では
卒園の記念品として、
先生お手製のアルバムをくださいます。

そのアルバムの中には
年少さんからの3年間の
幼稚園生活を送る長男を写した写真が
沢山に、そして可愛く綴じられているのです。

表紙は、長男自身が書いた絵で
綺麗に製本されています。
長男は、幼稚園の大きな砂場の周りで
友達と鬼ごっこをしている絵
お父さんと自転車に乗る絵を書いていました。

まさに世界でたったひとつの素敵なアルバムを
頂きました。

年少さんの長男が
当たり前ですが本当に小さくて
こんなに、こまかったんだなあーと
思い出しつつアルバムを見ました。

そして改めて3年間
よく頑張って通ったなあと思いました。

そのアルバムの最初に載っている
園長先生からのおくる言葉を
ご紹介します。





「手」

右の手で箸をもって食べる
右の手で鉛筆をもって字を書く
右の手はよく働くように見える
左の手は何もしていないように見える
しかし、左の手が使えなくなると
ご飯を食べることも、
字を書くことも出来なくなる事に気が付きます。
しっかりと支えてくれていたお陰があるからこそ
食べることも、書くことも出来るのです。
そう気付いた時、右手も左手も共に
「ありがとう」と一つに合わさるのです。
それが合掌の姿であり、感謝の姿であり、
それは、み仏さまのお心であると、思うのです。
これからも、何事につけても、
お陰さまを忘れず、
支えられている事に思いを致し、
自分が出来る精一杯を尽くし、
心の優しい立派な人になって下さい。




わたしの母が昔、
脳梗塞で左半身不随になったとき、
右手が麻痺しなくて良かったと安堵しました。
しかし、右手だけで何かをしようとしても
安定しない母の姿を見ていて
左手ってただ遊んでるんじゃないんだと感じたものです。




親として
何もしてやれなかったような気のする
3年間でしたけど
長男は立派に成長させて
頂きました。

それは、
本人だけの力だけでも
わたしたち親だけの力だけでもなく
沢山の支えて下さった手があったればこそです。

見えないところで支えて下さっている「手」

神様、御霊さま、み仏さま、そして
関わりあるすべての人の御心に支えられてのこれまで。

そして、これからも、
学びの庭は変わっても
沢山の手によって
支えて頂くことになります。

お陰さま
お陰さま

これからもずっと
大人になっても
お陰さまで
生きられるのです。


そう思うと
人間にとって
生きておられるということは
実に幸せなことなのですね。

歳をとればとるほど
支えて頂いた手は増えていくのです。

今年40歳のわたしは
6歳の長男よりはるかに多くの「手」に
支えられて生きてこられたはずなのですが、、、
果たして
わたしは、ちゃんとその「手」に
感謝出来ているのだろうか?
そういう生き方になっているだろうか?
などと、アルバムを眺めながら
思い巡らしています。



本日も読んでいただき、
ありがとうございました。



人気ブログランキングへ
関連記事
0 CommentsPosted in 生活
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
ご訪問ありがとうございます
LOGIN
ランキングに参加しています
応援 よろしくお願いします
プロフィール

fonwaka2

Author:fonwaka2



ご訪問ありがとうございます

わたしは
金光教の教会に生まれ育ちました
現在は
生まれた教会を継いで
教会長として御用しています

会社員の夫と
3人のこどもたちに恵まれ
賑やかな日々を送りつつ
信心の稽古に励んでいます

このブログは
一枚のフォトと共に
主にわたしの過去と現在の
信仰生活について
綴っています。

自分自身の為に
わたしの有り様を見つめる為に
綴る日誌です。

さらに
ブログを読んで下さってる
皆さんの御心が
少しでも癒され
和んでいただけるような
ブログになることを
願いつつ綴るものです。

わたしにとっても
皆様にとっても
幸せって何だろう?
生きるってどういうことだろう?
日々の忙しさの中で
ついおざなりになっていることを
ひとつひとつ拾いあげ
改めて考え気づく場であってほしいと
願っています。


これまで
読んでくださっている方々も
これから
読んでくださろうとしておられる方も
信仰をお持ちの方も
そうでない方も
ここで出会ったのも
何かの御縁
末永く
よろしく御願いします^^  


忌憚なくご意見やご感想をお聞かせ
下されば幸いに存じます


旧ブログ築七〇年教会の住人
よろしかったら覗いてみてください

神様と二人三脚 Facebookページ
当ブログのFacebookページに 更新情報とフォトエピソード他をのせています。 ぜひ「いいね!」してくださいませ。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フォローお願いします

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。