不惑31 | 神様と二人三脚 

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不惑31

02 04, 2013


久々に 不惑の続きを書きたいと思います。

水害に遭い、
床上浸水の被害に遭いましたが、
母の御霊様が
夢で知らせて下さったことを始め、
神様の数々のお繰り合わせを頂きました。

そのおかげで
床上に浸水する前に
最善の手立てが出来、
被害は最少で済みました。

被害に遭って
改めて気がついたことがありました。

それは、
教会の御神殿、御霊殿はもちろん、
御神具や装束、大切な教会資料など、
御用に必要なものが
一つとして
水に浸からずに済んでいたのです。

それは、何故か、、、。
うちの教会は、2階にお広前があったから。
ですから、
浸水が免れたのです。

でもわたしは、
たまたま2階だったからよかったよねー
などと、
とても思えませんでした。

「一つとして浸らなかった」

この事実に
愕然としていました。


うちの教会のお広前は、
先の大戦中、
祖父が教会長の時に
建てられました。

その時に
平屋ではなく、何故
2階のお広前という構造になったのか、
その詳しい経緯は分かりません。

日頃わたしは、
この構造をとても不便に感じていました。
平屋であれば
歳をとっても急な階段を昇り降りすることなく
楽で済むのにと何度も思いました。
大祭の時も
この階段の昇り降りは、
大変不便に思えました。

それに加えて
最近では建物の老朽化が目立ってきました。
この構造と大きさだと建て替えが
とても大変だなあと頭を抱えていました。


こんな風に
この教会建物に関しては
いろんな意味で
不満を持っていたところでした。

しかし水害では
この不便と思われた教会の構造が
功を奏したのです。

わたしは
それより以前に親教会で頂いた
お取次を思い出しました。

わたしが教会長にお取り立て頂いてから
わたしにとっては
とても難しい問題がありました。
信者さんの減少、高齢化。
教会は、会社で言えば倒産寸前。
毎日誰もお参りしてこない現状。
先の見通しは真っ暗でした。

そのことについては、
泣きながら親教会のお結界で
何度もお取次頂きました。

その頃のわたしは、
いつもお道の教師を
「辞めたい、辞めたい」
と思うようになっていました。

教会のことを考えずに
自分の家族のことだけを考えて
暮らせたらいいのにと
思っていました。

せっかく御用に使って頂きたいと思って
教会の後継をいつも心にかけて
それまでいろんなことを犠牲にしてまで
この願いにしがみついてきたのに
こんな仕打ちを受けるなら
いっそ辞めてやると思って苦しんでいました。

そんなわたしに親奥様が
「あなたは、役に立っていないと
思っているかもしれない。
誰もあなたのことを先生とは
呼ばないかもしれない。
でも、あなたには、
あの教会の広前が用意されているではないですか。
座るべきお結界がある。
神様から立派な御用の場が
与えられているではないですか?
そのことに御礼申し上げましょう」
と御理解下さいました。

とはいえ、わたしはすぐには
そう思い分けることが出来ずにいました。

しかし、水害に遭って
天地の大きなお働きを感じる中で
改めて
思わされました。

「神様のお力からすれば
こんな古くて小さな教会なんて、
濁水に流してしまうことなど
簡単なことのはず。
なのに神様は
こちらが願ってもいないにも関わらず、
前々からお繰り合わせ下さり、
わたしのいのちはもちろん
建物もお広前も、
御用に必要なものもお守り下さった。
これまでのわたしは、
ちょっと御用につまづく度に
辞めたい辞めたいと
喚き散らしていたけど
神様からお取り立て頂いた御用。
わたしが辞めたいと思って
辞められるものではない。
神様がそこまでしてわたしに、
そしてこのお広前に
願いをかけて下さっているのであれば、
わたしは、何としても
ここから動く訳にはいかない」と。




水害に遭って
いろんな物は水に流れましたが、
流れずに
わたしの心に残ったのは
唯々
「神様からの願い」に応えたい
との新たな願いでした。




本日も読んで頂き、
ありがとうございました。

もうひと押ししていければ、
さらに嬉しいです m(__)m


人気ブログランキングへ
関連記事
0 CommentsPosted in 不惑
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
ご訪問ありがとうございます
LOGIN
ランキングに参加しています
応援 よろしくお願いします
プロフィール

fonwaka2

Author:fonwaka2



ご訪問ありがとうございます

わたしは
金光教の教会に生まれ育ちました
現在は
生まれた教会を継いで
教会長として御用しています

会社員の夫と
3人のこどもたちに恵まれ
賑やかな日々を送りつつ
信心の稽古に励んでいます

このブログは
一枚のフォトと共に
主にわたしの過去と現在の
信仰生活について
綴っています。

自分自身の為に
わたしの有り様を見つめる為に
綴る日誌です。

さらに
ブログを読んで下さってる
皆さんの御心が
少しでも癒され
和んでいただけるような
ブログになることを
願いつつ綴るものです。

わたしにとっても
皆様にとっても
幸せって何だろう?
生きるってどういうことだろう?
日々の忙しさの中で
ついおざなりになっていることを
ひとつひとつ拾いあげ
改めて考え気づく場であってほしいと
願っています。


これまで
読んでくださっている方々も
これから
読んでくださろうとしておられる方も
信仰をお持ちの方も
そうでない方も
ここで出会ったのも
何かの御縁
末永く
よろしく御願いします^^  


忌憚なくご意見やご感想をお聞かせ
下されば幸いに存じます


旧ブログ築七〇年教会の住人
よろしかったら覗いてみてください

神様と二人三脚 Facebookページ
当ブログのFacebookページに 更新情報とフォトエピソード他をのせています。 ぜひ「いいね!」してくださいませ。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フォローお願いします

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。