不惑30 | 神様と二人三脚 

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不惑30

12 18, 2012




数日が過ぎ、
主人は仕事に出かけ
手伝いにきて下さった方々も
それぞれの生活に戻られました。

上の2人は、
幼稚園が夏休みに入りましたが、
教会がこのような状態で
したので、
昼間はおにぎりと水筒を持たせ
幼稚園の預かり保育に
通わせました。

猛暑の中、次男をおぶっての
片付けはハードでした。
主人は、熱中症を心配して
無理はしない方がいいと
言ってくれるものの、
なかなか片づかない
拭いても拭いてもきれいにならない現状に
当時は気持ちばかりが
焦っていたような気がします。

夜は熱帯夜の中
昼間の熱が冷めきらないお広前で眠りましたが、
疲れているはずなのになかなか
熟睡という訳にはいきませんでした。

大変なことになったなあと
思いもしましたが、
一方では、その大変な中に
並々ならない神様の御配慮
お繰り合わせがあっての現状なのだと
いうことを実感していました。



水害当日のことを思い出してもそうです。

①まず、川の氾濫が
夜が明けてのことであったということ。

この水害での犠牲者は
1人も出ませんでした。
被害が大きかった近くの商店街は
お年寄りの1人暮らしが多い地域でした。
もし、夜中に氾濫していたら
犠牲者が出ていたかもしれません。

うちもどうなっていたか
分かりません。
主人は当時は夜勤で不在の中
1階の広間で幼いこどもたちと4人で
寝ていました。
寝ている間に水が入ってきたらと
想像するだけでゾッとします。

②母の御霊が夢で知らせてくれたおかげで
すぐに行動が起こせたこと

買い替えのきかない
大切なものは、被害を免れました。

あるご近所の方は
まさか浸水するとは思わず、
増水する小川を眺めていて
気がつけば水が入っていて
手がつかなかったと仰っていました。

それは無理もありません。
今まで経験したことのない規模の水害で、
誰にも予想が出来ませんでした。

朝、テレビで
他県の水害のニュースをたまたま見たことも
今思えばお知らせでした。
日頃はその時間にニュースは見ずに
こどもの番組にチャンネルを合わせています。

③いつもより早く
園バスが迎えにきたこと

もし、いつもの時間にきても
道路が寸断されて
教会までは迎えに来れなかったと思います。

園の先生のお話によると、
うちに迎えに行った後
氾濫した川に架かる橋を通過した時には
川の水が波打って橋に上がる中
ギリギリ通れたそうです。
こどもたちもいつもと違う川の光景を
見たようでした。

上2人が幼稚園に行けたおかげで
こどもたちは、
教会の中に水が浸水する場面に
出くわすことはありませんでした。

下の子は、おんぶすれば
機嫌がよいので
こどものことを気にせずに
浸水に備える行動がテキパキ
こなせました。

③主人が夜勤明けで帰ってきたこと

もし、その日が日勤の日だったら
その時間主人は不在でした。
夜勤明けで
ギリギリ帰ってくれたおかげで
大きな荷物を2階に運ぶことが
出来ました。
わたし一人では到底無理でした。
それに浸水時、主人が居てくれるだけで
大変な安心でした。

神様のお繰り合わせは
まだまだこれだけに
とどまりませんでした。





本日も読んで頂き
ありがとうございました。
関連記事
0 CommentsPosted in 不惑

Previous: 一陽来復

Next: 不惑29
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
ご訪問ありがとうございます
LOGIN
ランキングに参加しています
応援 よろしくお願いします
プロフィール

fonwaka2

Author:fonwaka2



ご訪問ありがとうございます

わたしは
金光教の教会に生まれ育ちました
現在は
生まれた教会を継いで
教会長として御用しています

会社員の夫と
3人のこどもたちに恵まれ
賑やかな日々を送りつつ
信心の稽古に励んでいます

このブログは
一枚のフォトと共に
主にわたしの過去と現在の
信仰生活について
綴っています。

自分自身の為に
わたしの有り様を見つめる為に
綴る日誌です。

さらに
ブログを読んで下さってる
皆さんの御心が
少しでも癒され
和んでいただけるような
ブログになることを
願いつつ綴るものです。

わたしにとっても
皆様にとっても
幸せって何だろう?
生きるってどういうことだろう?
日々の忙しさの中で
ついおざなりになっていることを
ひとつひとつ拾いあげ
改めて考え気づく場であってほしいと
願っています。


これまで
読んでくださっている方々も
これから
読んでくださろうとしておられる方も
信仰をお持ちの方も
そうでない方も
ここで出会ったのも
何かの御縁
末永く
よろしく御願いします^^  


忌憚なくご意見やご感想をお聞かせ
下されば幸いに存じます


旧ブログ築七〇年教会の住人
よろしかったら覗いてみてください

神様と二人三脚 Facebookページ
当ブログのFacebookページに 更新情報とフォトエピソード他をのせています。 ぜひ「いいね!」してくださいませ。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フォローお願いします

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。