病の種はわが心にあり(2) | 神様と二人三脚 

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病の種はわが心にあり(2)

12 11, 2012


会堂お広前にお参りさせて頂き、
正面向かって左側のお届け所で
お届けを済ませました。
在籍の補教の方がこの度
再任されるのでそのことの御礼と
ここからのお願いをさせて
頂きました。

またそこで会うべき人に
会わせて頂きました。

振り向くと
C教会の従兄のお嫁さんが
笑顔で手を振ってくれました。
お子さん2人もお参りでした。
なぜかいつもC教会御一行様と
は、いつも遭遇するのです。
今回も
「やっぱり会えたね!」
という感じでした。

9月にお国替えした叔母が
この度布教功労者として
お祀り頂くことになっておりました。

側に行って挨拶している間に
従兄がお届けを終えて来たので
挨拶しました。

よかったらご一緒にと
誘って頂きました。

叔母の御霊様が
一緒にお参りしましょうと
働いて下さったような気がしました。

それから共に奥城参拝させて頂き
従兄のお嫁さんの叔父(伯父かも?)様の奥城にお参りさせて頂きました。
その後「きの味」で昼食を
ごちそうになりました。

ご厚意で、
帰りは従兄の車に乗せて頂き、
一緒に帰らせて頂くことになりました。
駅で帰りの切符を買い忘れたことが
おかげになりました。;^_^A
もったいないなあと思いつつ、
ご厚意に甘えさせて頂くことに
しました。

昼食後、わたしは、
別行動して教徒社に行きました。
買わせて頂きたい本を探しに行ったのですが
結局見つかりませんでした。
きっと古い本で
今は販売されていないんだろうなと
思いました。
もし、時間があれば
金光図書館で探してみようと思いました。

ふと見ると
「藤守先生講話集」という本が
目に入りました。
教徒社のFacebookページで
紹介されていたことを思い出しました。
今回は、この本を買わせて頂きました。

従兄のお嫁さん達と再び祭場で会い、
2階席から拝ませて頂くことにしました。
御祭事を待たせて頂いている間
従兄のお嫁さんが
この祭場に一杯の御霊様がお参りされていることを教えて下さいました。
従兄のお嫁さんが
ある教外の方と一緒に御本部にお参りされたことがあり、
その時、霊感の強いその方が教えて下さったとのことでした。
その方のお話によると、
特に教祖様と思しき方の神々しさは
眩しいほどだったそうです。
ご威光というものかなあと思いました。
そのご威光が眩しいほどに光輝いて見えたのは、
教祖様がこの現世で真の信心を進められ、
本心の玉を
磨きに磨き上げられたからこそ
なのだろうなあと思いました。

そのお話を伺って
両親や祖父母、初代先生や
親教会の歴代先生、
C教会の叔父叔母の御霊様も
お参りになっているかと
思うと嬉しくて仕方ありませんでした。

祭典は厳かに滞りなくお仕えになられ、
布教功労者御遺影展に行きました。

沢山、
所縁の方々がご覧になって
人垣が出来ていたので、
わたしは、
金光図書館へ本を探しに行きました。
探していた本はすぐに見つかりました。
やはり古い本で外側はかなり
ボロボロになっていました。
その本を4月までお借りする事にしました。
長期間お借り出来るのは有難いです。

再び展示室に戻ると
見覚えのある顔を見かけ、
思わず声をかけました。
学院の同期の人でした。
独身の時に一度、
思わぬところでお会いして以来です。
その方と従兄夫婦もお知り合いで
しばし、そこで話に花が咲きました。
その同期の方の御親戚も
布教功労者として
この度お祀りになられたとのことでした。
御霊様のところでも
きっと話に花が咲いていらっしゃる
ことだろう
そんなことを思わされました。


従兄の車に乗せて頂いて帰路につきました。
途中サービスエリアで同じ連合会の先生方や御縁のある先生、
親教会の御一行にもお会い出来ました

新幹線だと速いですが、
こういう出会いが少ないです。

車の中でも話に花が咲き、
(従兄は黙々と運転して下さいましたが;^_^A)
楽しく帰らせて頂きました。

帰ったのが夜8時前だったか
予定よりは遅くなりましたが、
義母がいて下さったので
帰りの時間を気にすることなく
帰らせて頂けました。

帰ってみると
主人の釣りも上々だったようで
クロダイが沢山釣れていました。

こうして、
神様に引っ張り廻して頂いた
報徳祭参拝は
無事におかげを頂きました。

出発する時より
帰ってきた時の自分が
はるかに元気にならせて
頂いていることが実感できました。


「病の種はわが心にあり」
また病気が
ひょっこり顔を出したら
直ちに自分の心の中に
病を産む種がないか、
確かめて
その種を除いていくしかないのだ
と思いました。





本日も読んで頂き、
ありがとうございました。
関連記事
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
ご訪問ありがとうございます
LOGIN
ランキングに参加しています
応援 よろしくお願いします
プロフィール

fonwaka2

Author:fonwaka2



ご訪問ありがとうございます

わたしは
金光教の教会に生まれ育ちました
現在は
生まれた教会を継いで
教会長として御用しています

会社員の夫と
3人のこどもたちに恵まれ
賑やかな日々を送りつつ
信心の稽古に励んでいます

このブログは
一枚のフォトと共に
主にわたしの過去と現在の
信仰生活について
綴っています。

自分自身の為に
わたしの有り様を見つめる為に
綴る日誌です。

さらに
ブログを読んで下さってる
皆さんの御心が
少しでも癒され
和んでいただけるような
ブログになることを
願いつつ綴るものです。

わたしにとっても
皆様にとっても
幸せって何だろう?
生きるってどういうことだろう?
日々の忙しさの中で
ついおざなりになっていることを
ひとつひとつ拾いあげ
改めて考え気づく場であってほしいと
願っています。


これまで
読んでくださっている方々も
これから
読んでくださろうとしておられる方も
信仰をお持ちの方も
そうでない方も
ここで出会ったのも
何かの御縁
末永く
よろしく御願いします^^  


忌憚なくご意見やご感想をお聞かせ
下されば幸いに存じます


旧ブログ築七〇年教会の住人
よろしかったら覗いてみてください

神様と二人三脚 Facebookページ
当ブログのFacebookページに 更新情報とフォトエピソード他をのせています。 ぜひ「いいね!」してくださいませ。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フォローお願いします

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。