不惑27 | 神様と二人三脚 

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不惑27

12 05, 2012



3人目の子を頂き、
育児も益々忙しくなり、
家内は賑やかになりましたが、
一方で教会のお広前は
相変わらず
閑散としていました。

教会の抱えている問題は
色々とあり、
教会長としての
わたしの有り様は、
うだつがあがらないまま、
無気力に御用をこなして
いました。

いつかの親教会でのお取次では、
定時のご祈念がままならないことを
お詫びすると、
「いつでも、何処でも、
祈らせてもらいなさい。
ふと、
信者さんのことが思われた時が
御祈念の時と思って
茶碗を洗いながら
こどもをあやしながら
御祈念させて頂きましょう」と
教えて頂きました。

しかし、行うは難しいわけです。
わたし自身の信心が
すっかり堕落していましたから、
そういう気持ちになれません。

あの頃は
何を見ても
何を読んでも
有難くありませんでした。

体は教会にありながら、
心は外にばかり
向かっていました。

前のブログを始めたのも
この頃でした。

神様に背中を向ける日々が
続きました。
いつになったら
こんな気持ちから抜けられるのか
途方に暮れていました。

何のために
わたしは、教会にいるのか、
こんな御用のしぶりでは
神様はさぞお嘆きだろう。
御霊様も呆れておいでであろう。

普通に他所で生活しようが
一緒ではないのか。
この教会が存在しなくても
世の中は
周っていくではないか。

そういう迷いが行きつ戻りつ
しながらの日々をしばらく
過ごしました。



その年の12月。
終業式を終えて、
長女が冬休みになった途端、
熱を出しました。
幸い、
大したこともなく、
すぐに回復しました。

30日には例年通り、
越年祭をお仕えし、
お昼からは、
お正月用のお餅つきを
家族でさせて頂きました。


ところが
その日の夕方あたりから、
長男、次男ともに
体調が悪くなりました。

大晦日の朝、
主人と寝ていた長男の
様子がおかしいと言いながら、
主人が長男を抱いて
起きてきました。


熱は高く、
長男の目は虚ろで
呼吸も荒い状態でした。

次男も熱が高いので
2人を
小児休日診療所に
連れて行きました。

診断はRSウイルスで
2人とも肺炎を起こしている
とのことでした。
体内の酸素濃度も低く、
特に長男は危険な状態とのことで
即入院して下さいとのことでした。

近くの総合病院に入院した2人。

長男は、2歳10ヶ月、
次男は、7ヶ月でした。

長男は重症とのことで
酸素テントに入れられました。

外にいると、
いつ呼吸不全に陥るか
わからないからです。

普通は2歳では
こんなに重症には
ならないとのことでした。

わたしは、
こどもたちと一緒に
病院で年越しすることに
なりました。

年末年始に
教会長が教会不在
何という年の締めくくり
何という年の幕開け

こういう巡り合わせに
なるのも
日頃
御無礼ばかりの
わたしの信心だからだろうと
思いました。


新年朔日の元日祭と
2日の初月例祭は、
主人と交代して
病院から帰り、
お仕えして
また病院へ帰りの
繰り返しでした。


2人とも
順調に回復のおかげを蒙り、
結局、
1月7日に無事二人揃って
退院させて頂くことが出来ました。





本日も読んで頂き、
ありがとうございました。
関連記事
1 CommentsPosted in 不惑
-1 Comments
By 12 05, 2012 - [ edit ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
ご訪問ありがとうございます
LOGIN
ランキングに参加しています
応援 よろしくお願いします
プロフィール

fonwaka2

Author:fonwaka2



ご訪問ありがとうございます

わたしは
金光教の教会に生まれ育ちました
現在は
生まれた教会を継いで
教会長として御用しています

会社員の夫と
3人のこどもたちに恵まれ
賑やかな日々を送りつつ
信心の稽古に励んでいます

このブログは
一枚のフォトと共に
主にわたしの過去と現在の
信仰生活について
綴っています。

自分自身の為に
わたしの有り様を見つめる為に
綴る日誌です。

さらに
ブログを読んで下さってる
皆さんの御心が
少しでも癒され
和んでいただけるような
ブログになることを
願いつつ綴るものです。

わたしにとっても
皆様にとっても
幸せって何だろう?
生きるってどういうことだろう?
日々の忙しさの中で
ついおざなりになっていることを
ひとつひとつ拾いあげ
改めて考え気づく場であってほしいと
願っています。


これまで
読んでくださっている方々も
これから
読んでくださろうとしておられる方も
信仰をお持ちの方も
そうでない方も
ここで出会ったのも
何かの御縁
末永く
よろしく御願いします^^  


忌憚なくご意見やご感想をお聞かせ
下されば幸いに存じます


旧ブログ築七〇年教会の住人
よろしかったら覗いてみてください

神様と二人三脚 Facebookページ
当ブログのFacebookページに 更新情報とフォトエピソード他をのせています。 ぜひ「いいね!」してくださいませ。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フォローお願いします

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。