七つまでは神のうち | 神様と二人三脚 

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七つまでは神のうち

12 02, 2012



昨日、
午後から

親教会へ
七五三詣をさせて
頂きました。

主人の両親も一緒です。

満年齢ですが、
長女7歳
長男5歳
次男3歳と

その名の通りの年齢の
うちのこどもたち

まずは
準備の都合上
先に写真館で
綺麗な衣裳を着せてもらい、
記念撮影

その後
お参りさせて
頂きました。

お祭りも
恙無く終わりました。




祭典後
親先生から頂いた
教話を受けて
七五三の由来を
調べてみました。

そして
「七つまでは神のうち」
という言葉に出会いました。

昔は、
乳幼児の死亡率が高かったために
七つ前までのこどもの命は
まだこの世に定着していないと
考えられていて、
人別帳(にんべつちょう)
という戸籍にさえ
載せられなかったそうです。

つまり、七歳未満の子は
一人の人間としてこの世に
存在していると
公に認められていなかったのです。

今の日本では、
医療技術の発達や
衛生管理意識の向上などにより、
死亡率が非常に低くなりました。

ですから
わたしたち夫婦を含め、
現代の日本に生きる
親たちは、
子が順調に成長することが
当たり前のように
思ってしまっているところが
あります。

命の儚さ

成長の喜び

いのちの親である
天地自然のお働き
つまり
親神様への感謝の心

そういうものを
感じにくくなったと
言えます。



でも、よくよく考えてみれば
今も昔も
自分の命さえ、
自分でもどうしようもならない
ということは、
変わらない事実だと思います。

そういう中で
3人のこどもたちが七五三の
お祝いをさせて頂けたと
いうことの喜びを
わたしは改めて
しっかり胸に刻み込みたいと
思います。



どうぞ
この3人にかけられた
神様の願いが成就いたしますように(^人^)




本日も読んで頂き、
ありがとうございました。
関連記事
1 CommentsPosted in 生活

Previous: 不惑27

Next: 大分へ
-1 Comments
By 12 02, 2012 - [ edit ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
ご訪問ありがとうございます
LOGIN
ランキングに参加しています
応援 よろしくお願いします
プロフィール

fonwaka2

Author:fonwaka2



ご訪問ありがとうございます

わたしは
金光教の教会に生まれ育ちました
現在は
生まれた教会を継いで
教会長として御用しています

会社員の夫と
3人のこどもたちに恵まれ
賑やかな日々を送りつつ
信心の稽古に励んでいます

このブログは
一枚のフォトと共に
主にわたしの過去と現在の
信仰生活について
綴っています。

自分自身の為に
わたしの有り様を見つめる為に
綴る日誌です。

さらに
ブログを読んで下さってる
皆さんの御心が
少しでも癒され
和んでいただけるような
ブログになることを
願いつつ綴るものです。

わたしにとっても
皆様にとっても
幸せって何だろう?
生きるってどういうことだろう?
日々の忙しさの中で
ついおざなりになっていることを
ひとつひとつ拾いあげ
改めて考え気づく場であってほしいと
願っています。


これまで
読んでくださっている方々も
これから
読んでくださろうとしておられる方も
信仰をお持ちの方も
そうでない方も
ここで出会ったのも
何かの御縁
末永く
よろしく御願いします^^  


忌憚なくご意見やご感想をお聞かせ
下されば幸いに存じます


旧ブログ築七〇年教会の住人
よろしかったら覗いてみてください

神様と二人三脚 Facebookページ
当ブログのFacebookページに 更新情報とフォトエピソード他をのせています。 ぜひ「いいね!」してくださいませ。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フォローお願いします

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。