不惑25 | 神様と二人三脚 

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不惑25

11 26, 2012




記念祭が無事に終わり、
後片付けの御用を
させて頂いているときのことです。

信者さんのMさんが
「わたしは、教会の御用が楽しいです。」
と仰いました。

とても寂しい記念祭だったので
多分わたしを元気づけようと
仰ったのだろうと思いましたが、
Mさんの本音でもあるなあと感じ、
こういう方が一人でも
いて下さることが
ありがたいと思いました。


このMさんは、
もともと信者さんのご子息で、
父の代の時に本格的に
信心なさるようになり
補教にまで
お取り立て頂いておられました。


根がとても素直な方で
父のことも
とてもよく慕って
下さっていました。


そんなMさんは
他の信者さん方からも
慕われていました。

教会の御用や連合会の御用も
すすんでなさり、
わたしも非常に頼りにさせて
頂いておりました。

わたしが後継させて頂いた後も
頼りない役不足なわたしのことを
教会長として立てて下さり、
支えて下さっていました。

ところがそのMさんが
7月26日の朝に倒れて
意識不明との連絡が
Mさんのお母様より入りました。

くも膜下出血で緊急手術。
一命は取り留められたものの、
意識のハッキリしない日々が
続きました。
その後も後遺症が残り、
介護が必要な身体となられました。


ただでさえ
昔より寂しくなったお広前が
さらに寂しくなったような
気持ちがしました。

Mさんは
うちの教会で唯一の若手といっても
過言ではありませんでしたから。

他の信者さんも
わたし自身も
Mさんに頼り切っていました。

よりによってそんなMさんが
重病で倒れるなんて。

記念祭の後の
Mさんの言葉が
しきりに思い出されました。


きっと神様は
あのMさんの信心に免じて
命は助けて下さった。
だからもっと喜ばないと
と思いました。

しかし、
教会長である
自分の不徳さを思わずに
いられませんでした。

なす術もなく
心細い気持ちでいっぱいで
それからの日々を
過ごすことになりました。





本日も読んで頂き、
ありがとうございました。
関連記事
0 CommentsPosted in 不惑
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
ご訪問ありがとうございます
LOGIN
ランキングに参加しています
応援 よろしくお願いします
プロフィール

fonwaka2

Author:fonwaka2



ご訪問ありがとうございます

わたしは
金光教の教会に生まれ育ちました
現在は
生まれた教会を継いで
教会長として御用しています

会社員の夫と
3人のこどもたちに恵まれ
賑やかな日々を送りつつ
信心の稽古に励んでいます

このブログは
一枚のフォトと共に
主にわたしの過去と現在の
信仰生活について
綴っています。

自分自身の為に
わたしの有り様を見つめる為に
綴る日誌です。

さらに
ブログを読んで下さってる
皆さんの御心が
少しでも癒され
和んでいただけるような
ブログになることを
願いつつ綴るものです。

わたしにとっても
皆様にとっても
幸せって何だろう?
生きるってどういうことだろう?
日々の忙しさの中で
ついおざなりになっていることを
ひとつひとつ拾いあげ
改めて考え気づく場であってほしいと
願っています。


これまで
読んでくださっている方々も
これから
読んでくださろうとしておられる方も
信仰をお持ちの方も
そうでない方も
ここで出会ったのも
何かの御縁
末永く
よろしく御願いします^^  


忌憚なくご意見やご感想をお聞かせ
下されば幸いに存じます


旧ブログ築七〇年教会の住人
よろしかったら覗いてみてください

神様と二人三脚 Facebookページ
当ブログのFacebookページに 更新情報とフォトエピソード他をのせています。 ぜひ「いいね!」してくださいませ。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フォローお願いします

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。