親を大切にする | 神様と二人三脚 

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親を大切にする

11 22, 2012





わたしの両親は
すでにお国替え(逝去)しています。
もちろん御霊として生きて
日々お護りくださっている
こととは思いますが、
それを
肉眼で拝することは出来ません。


親孝行したい時には親はなし


と言いますが、
両親という存在の
いかに有難いかということは、
本当に亡くしてみないと分からないのが
人間の難儀な性分だと思います。

信心させてもらっている者は
そういうことに早くに気づかせて頂いて、
自分の親様が生きて下さっている間に
親様を喜ばせることに
務めさせて頂くことが
大切だと思います。

しかし、
信心しているようで
信心になっていなかったわたしは、
両親が生きて下さっている間には
何かと刃向かい、
心配をかけることばかりして、
喜んで頂くことをしてきませんでした。

当時、
どれだけ御用しても、
どれだけ神様を拝んでも
そこの根本のところで
出来ていなかったので、
両親には大変申し訳ないことであったと
今更ながら思います。

子というのは、
小さい頃は
親の言うとおりにしますが、
自分で色々なことが分かり、
出来るようになると、
親の言うことを
聞かなくなります。
それに留まらず、
親より上になって
親を見下ろすようになります。

それが成長ということで
親はそれを喜び喜び
辛抱するものです。

それが親の心です。


親も人間ですから、
世間には人として尊べないような
生き方をする親もいるでしょうが、
その親がいなければ
今の自分が存在しえなかった
ということを思えば、
やはり、
その恩に報いることが
子として必要だと思います。


わたしは、
子として
両親が生きて下さっている間に
その恩に報いることが出来ません
でした。

子の生き方としては、
大失敗です。

しかし、死した後も
日々お働き下さっている両親の
御霊が喜ぶ生き方とはどういうことかを
求め続けているところです。


わたしの場合
具体的に言いますと、

主人の両親に喜んで頂くこと
親教会の御取次を頂き
真の信心にならせて頂けるよう
日々精進させて頂くこと

であろうかと思います。


さらに具体的に
わたしが今させてもらうべき
こととは、

夫を大切にし、
こどもたちを大切にし、
日々仲良く暮らすことに
務めることだなあと思います。


何だか当たり前過ぎますね。
でもこの当たり前のことをしていくのが

案外と難しいのです。;^_^A





みなさん、
ご両親を大切にしてますか?

親孝行な生き方に
なっていますか?





本日も読んで頂き、
有難うございました。
関連記事
0 CommentsPosted in 信心

Previous: 不惑25

Next: 罰と誡め
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
ご訪問ありがとうございます
LOGIN
ランキングに参加しています
応援 よろしくお願いします
プロフィール

fonwaka2

Author:fonwaka2



ご訪問ありがとうございます

わたしは
金光教の教会に生まれ育ちました
現在は
生まれた教会を継いで
教会長として御用しています

会社員の夫と
3人のこどもたちに恵まれ
賑やかな日々を送りつつ
信心の稽古に励んでいます

このブログは
一枚のフォトと共に
主にわたしの過去と現在の
信仰生活について
綴っています。

自分自身の為に
わたしの有り様を見つめる為に
綴る日誌です。

さらに
ブログを読んで下さってる
皆さんの御心が
少しでも癒され
和んでいただけるような
ブログになることを
願いつつ綴るものです。

わたしにとっても
皆様にとっても
幸せって何だろう?
生きるってどういうことだろう?
日々の忙しさの中で
ついおざなりになっていることを
ひとつひとつ拾いあげ
改めて考え気づく場であってほしいと
願っています。


これまで
読んでくださっている方々も
これから
読んでくださろうとしておられる方も
信仰をお持ちの方も
そうでない方も
ここで出会ったのも
何かの御縁
末永く
よろしく御願いします^^  


忌憚なくご意見やご感想をお聞かせ
下されば幸いに存じます


旧ブログ築七〇年教会の住人
よろしかったら覗いてみてください

神様と二人三脚 Facebookページ
当ブログのFacebookページに 更新情報とフォトエピソード他をのせています。 ぜひ「いいね!」してくださいませ。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フォローお願いします

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。