罰と誡め | 神様と二人三脚 

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

罰と誡め

11 20, 2012



今、「安武松太郎教語」を
少しずつ読ませて頂き、
それをFacebookで
毎日とはいきませんが
紹介させて頂いています。

安武松太郎師は、
福岡県の金光教甘木教会の
初代先生です。

甘木教会は、
うちの教会の親教会の親教会です。

ちなみにわたしは、
まだお参りさせて頂いたことが
一度もありません。;^_^A

さて、本題です。

今日、拝読してご紹介させて頂いたのが
第七章 神のいましめ
という章の一部分です。

引用させて頂きますと

“親神様は罰を蒙らせることは
なされぬが、
誡め給うことはあろう。
親神様の誡めと神罰とは違う。
誡めは愛と権威であろう。
この権威とお力とがないならば、
人はお縋り申しても
救い助けていただくことはできまい。”




これまでは、なんとなく
ツラーっと読んでいました。
分からない言葉を
分からないままで
読んでいました。

でも、この度は、少しずつでも
丁寧に読み進みたいと思っています。

そこで疑問に思ったのが
「罰と誡めの言葉の意味の違いって何だ?」
ということでした。

それで、辞書で調べてみました。



罰とは?

ばち2【罰】〔呉音〕
神仏が下す,悪事をこらしめるための報い。たたり。「━があたる」「━をこうむる」→ばつ

ばつ【罰】音バツ・バチ
悪事に対するこらしめ。「罰金・罰則・罰俸・刑罰・賞罰・処罰・神罰・誅罰ちゆうばつ・懲罰・天罰・仏罰・信賞必罰」

大辞林 第三版より



誡めとは?

いましめ0【戒め・▼誡め・▽警め】
①過ちのないように,前もって与える注意。「親の━を守る」→断機の戒め・覆車の戒め
②罰。こらしめ。「━に出入りをさしとめる」
③警戒。「院の近習者をば内より御━あり/平家物語1」

大辞林 第三版より



わたしは、
この二つの言葉を
曖昧に捉えていましたが、
これで全然違うものだということが
よく分からせて頂きました。
(今さらですが;^_^A)

天地金乃神様を
親神様と呼ばせて頂く由縁が
ここだなあと思います。

誡めには、
難儀な目に遭わせたくないという
愛が感じられます。

これが親心というものなんだなあと
改めて思います。




尊い親心

その心を
子は知らず

知らない故に
尊べず

ですね。




罰と誡め

皆さんは
どう感じられましたか?




本日も読んで頂き、
ありがとうございました。
関連記事
0 CommentsPosted in 信心
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
ご訪問ありがとうございます
LOGIN
ランキングに参加しています
応援 よろしくお願いします
プロフィール

fonwaka2

Author:fonwaka2



ご訪問ありがとうございます

わたしは
金光教の教会に生まれ育ちました
現在は
生まれた教会を継いで
教会長として御用しています

会社員の夫と
3人のこどもたちに恵まれ
賑やかな日々を送りつつ
信心の稽古に励んでいます

このブログは
一枚のフォトと共に
主にわたしの過去と現在の
信仰生活について
綴っています。

自分自身の為に
わたしの有り様を見つめる為に
綴る日誌です。

さらに
ブログを読んで下さってる
皆さんの御心が
少しでも癒され
和んでいただけるような
ブログになることを
願いつつ綴るものです。

わたしにとっても
皆様にとっても
幸せって何だろう?
生きるってどういうことだろう?
日々の忙しさの中で
ついおざなりになっていることを
ひとつひとつ拾いあげ
改めて考え気づく場であってほしいと
願っています。


これまで
読んでくださっている方々も
これから
読んでくださろうとしておられる方も
信仰をお持ちの方も
そうでない方も
ここで出会ったのも
何かの御縁
末永く
よろしく御願いします^^  


忌憚なくご意見やご感想をお聞かせ
下されば幸いに存じます


旧ブログ築七〇年教会の住人
よろしかったら覗いてみてください

神様と二人三脚 Facebookページ
当ブログのFacebookページに 更新情報とフォトエピソード他をのせています。 ぜひ「いいね!」してくださいませ。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フォローお願いします

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。