不惑24 | 神様と二人三脚 

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不惑24

11 17, 2012




2007年5月20日
いよいよ、開教90年記念祭の
当日がやって来ました。

開教85年の記念祭をせずに
見送ったときには
90年の時には、
盛大に
記念祭をお仕えしたいという
願いは確かに持っていました。

しかし、その5年間に
わたしの生活は激変し、
日々の生活に追われて
いつしかその願いは薄れていきました。

わたし自身が
記念祭をお迎えする体制作り
心構えが全く出来ていませんでした。
どうしていいのか、
何処までするのか、
何が正しくて
何が間違っているのか
右も左も分からない状態でした。

ちなみに開教85年から90年の間に
わたしの身の上にあった主な出来事です。

85年 記念祭を見送る
86年 先先代(父)5年祭、結納
87年 結婚、長女妊娠
88年 長女出産、
先代(母)お国替え
教会長拝命
89年 先代1年祭
長男妊娠
90年 長男出産


わたしの人生の中で
一番激変したと言える5年でした。
でも、所詮これも言い訳でしか
ありません。




準備がきちんと出来なかったのは、
誰でもない教会長のわたしの資質が
欠けていたということです。

このような記念祭を喜ぶ空気は、
教会の何処にもありませんでした。

大祭案内の準備の過程で
不手際もあり、
通常の大祭よりも閑散とした
記念祭とは思えないような
当日の広前の状況に
なんとも決まりの悪い気持ちで
一杯になりました。

残り少ない信者さんそれぞれの胸中に
悲愴感が漂ったことは
いなめませんでした。

90年祭を盛大にお仕えするという願いとは
全く逆の状態となりました。
それに向かってベストを尽くしていなかった
のですから、
神様を恨んでも仕方のないことです。
わたしの信心の取り組みの結果だと
痛感しました。


そんなお広前に
いよいよ親先生ご夫妻が
お参りになられました。

ご挨拶申し上げようと
広前へ出ると、
親奥様がわたしの顔を見るなり
涙をポロポロ流されました。
それにはわたしも本当に
驚きました。

そしてきっと、閑散として、
悲愴感の漂うお広前で
居た堪れないお気持ちになって
泣いて下されたんだろうと思いました。

ところが、親奥様は、
「ありがたいねぇ。ここからまた
おかげを頂いていこうね。」と声を
かけて下さいました。

わたしは、その言葉が嬉しくて
仕方ありませんでした。
こんな状態の中にあって
なおも、諦めずに願って下さるんだなあと
胸が熱くなりました。


以前、まだわたしが
親教会にお参りしたての頃、
親先生がお結界にて
「家内(親奥様)は毎朝、
教会の立ち行きをお取次願っているよ」
と教えて下さいました。

大変ご無礼なことに、
当時のわたしには、
そのことが「どういうことなのか」
推し量ることは出来ませんでした。

親先生もそこのところは、
教えて下さいませんでした。

しかし、このことが
時が経つにつれ、
ゆっくりとですが、
わたしの心に沁みていきました。

わたしが、何とも思っていない、
親とも思っていないうちから、
親先生ご夫妻は、
わたしや教会のことを
親心をもって神様に立ち行きを
祈って下さっていた。
その大半は、
わたしの知らぬ、及ばぬところで
ずっと思い続けて下さっていたのでした。

当時のわたしの心に
ようやくその親先生ご夫妻の
親心が見え始めてきたのでした。


本日も読んで頂き、
ありがとうございました。
関連記事
2 CommentsPosted in 不惑

Previous: 罰と誡め

Next: 不惑23
-2 Comments
By 11 19, 2012 - [ edit ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

By 11 19, 2012 - [ edit ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
ご訪問ありがとうございます
LOGIN
ランキングに参加しています
応援 よろしくお願いします
プロフィール

fonwaka2

Author:fonwaka2



ご訪問ありがとうございます

わたしは
金光教の教会に生まれ育ちました
現在は
生まれた教会を継いで
教会長として御用しています

会社員の夫と
3人のこどもたちに恵まれ
賑やかな日々を送りつつ
信心の稽古に励んでいます

このブログは
一枚のフォトと共に
主にわたしの過去と現在の
信仰生活について
綴っています。

自分自身の為に
わたしの有り様を見つめる為に
綴る日誌です。

さらに
ブログを読んで下さってる
皆さんの御心が
少しでも癒され
和んでいただけるような
ブログになることを
願いつつ綴るものです。

わたしにとっても
皆様にとっても
幸せって何だろう?
生きるってどういうことだろう?
日々の忙しさの中で
ついおざなりになっていることを
ひとつひとつ拾いあげ
改めて考え気づく場であってほしいと
願っています。


これまで
読んでくださっている方々も
これから
読んでくださろうとしておられる方も
信仰をお持ちの方も
そうでない方も
ここで出会ったのも
何かの御縁
末永く
よろしく御願いします^^  


忌憚なくご意見やご感想をお聞かせ
下されば幸いに存じます


旧ブログ築七〇年教会の住人
よろしかったら覗いてみてください

神様と二人三脚 Facebookページ
当ブログのFacebookページに 更新情報とフォトエピソード他をのせています。 ぜひ「いいね!」してくださいませ。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フォローお願いします

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。