不惑20 | 神様と二人三脚 

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不惑20

10 11, 2012



主人と結婚する時、
ある先生に、
「御用ばっかりして、旦那をほっとくなよー」
と、餞の言葉を頂きました。

また、別の先生には
「主人が仕事をして財の心配はないだろうが、
その分、油断して御用が疎かにならないよう
気をつけなさい」
と言われました。

その時はウカウカ聞いていましたが、
結婚生活の中で
事あるごとに、
このお二人の一見相対する言葉を
思い出して考えこむことがよくありました。

特に母がお国替え後は、
御用と家庭生活の両立が課題となりました。

これまでは、
いつも母が教会を守ってくれていました。
母は、目も身体も不自由でしたので
外に出掛けるということは、
ほとんどありませんでした。

でも、母お国替え後は、
主人は仕事ですし、
買い物ひとつするにしても、
教会に鍵をかけて
出なければならなくなりました。

主人の休日には、
主人の実家に行ったり
レジャーに出掛けたりしなければなりません。
主人に「貴方だけ行ってきて」とは言えません。
でも、心の中で
本当に楽しむことが出来ませんでした。
普通の家庭が
当たり前にしていること
悪いことをしているわけでもない
それなのに罪悪感に苛まれました。

その罪悪感を薄めるために
出掛ける前に
神様にお詫びし、
「親孝行、家族孝行してまいります」と
御祈念していました。

しかし、
留守中に信者さんがお参りされ、
外から拝んで帰るということが
増えました。

「教会に参っても、いつもお留守」

信者さんの不満も積っていったようでした。
次第にお参りされる方も少なくなっていきました。




教会長就任当時は
長女が生後数ヶ月でした。
完全母乳で
しかも、よく泣く子でした。

初めての育児で
余計に分からず、
四六時中抱っこして
1~2時間おきに
授乳していたような状態が
1歳近くまで続きました。

そんな状態ですから、
お結界でも長女を抱っこして、
授乳させながら
お取次をさせて頂くような状態。

月例祭の御用の時には
お装束をつけなければなりませんので
授乳を終わらせてお仕えしますが、
祭典途中で長女が起きてしまい、

泣き声を聞きながらお祭りを仕える状態でした。

信者さんもお守りをして下さろうと
したのですが、
人見知りの時期が始まり、
逆効果でした。

そういう状態の中で
教会での
「当たり前」とされる御用が
どんどん手抜かりになっていきました。

このままではいけないと思いつつ、
まともな御用が出来ない。

主人に相談したところで
信心の分からない主人には
わたしの苦しい気持ちは解ってもらえない
そう思い込んで
1人で悩む日々が始まりました。


本日も読んで頂き、
ありがとうございました。
関連記事
0 CommentsPosted in 不惑
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
ご訪問ありがとうございます
LOGIN
ランキングに参加しています
応援 よろしくお願いします
プロフィール

fonwaka2

Author:fonwaka2



ご訪問ありがとうございます

わたしは
金光教の教会に生まれ育ちました
現在は
生まれた教会を継いで
教会長として御用しています

会社員の夫と
3人のこどもたちに恵まれ
賑やかな日々を送りつつ
信心の稽古に励んでいます

このブログは
一枚のフォトと共に
主にわたしの過去と現在の
信仰生活について
綴っています。

自分自身の為に
わたしの有り様を見つめる為に
綴る日誌です。

さらに
ブログを読んで下さってる
皆さんの御心が
少しでも癒され
和んでいただけるような
ブログになることを
願いつつ綴るものです。

わたしにとっても
皆様にとっても
幸せって何だろう?
生きるってどういうことだろう?
日々の忙しさの中で
ついおざなりになっていることを
ひとつひとつ拾いあげ
改めて考え気づく場であってほしいと
願っています。


これまで
読んでくださっている方々も
これから
読んでくださろうとしておられる方も
信仰をお持ちの方も
そうでない方も
ここで出会ったのも
何かの御縁
末永く
よろしく御願いします^^  


忌憚なくご意見やご感想をお聞かせ
下されば幸いに存じます


旧ブログ築七〇年教会の住人
よろしかったら覗いてみてください

神様と二人三脚 Facebookページ
当ブログのFacebookページに 更新情報とフォトエピソード他をのせています。 ぜひ「いいね!」してくださいませ。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フォローお願いします

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。