不惑19 | 神様と二人三脚 

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不惑19

10 02, 2012



母がお国替えしてから、
しばらくの間、
間の抜けたような生活を送りました。

父のお国替えの時には、
突然の父の死を悲しむという感じでした。
でも、母の時は、
それとは違う感じでした。

自分の芯を無くしてしまったように
フラフラして、
立って居られないような感覚でした。

わたしは、これまで
なんだかんだ言いながらも、
親の言う通りにしてきました。
親に反抗もしてきましたが、
あくまでも、
親という基準があってのことでした。

母は、心配性で
一人娘のわたしが
目の届く範囲にいないことが
嫌な人でした。
いわゆる過干渉でした。
逐一、母の許しがなければ
遊びにも仕事にも行けませんでした。
わたしも、親の言うことが最優先で
何事も決めていました。
そんなわたしについて
ある人に
「いつまでも自立出来ない人」
というような
ことを言われました。

確かに世間から言えばそうだと思いました。

両親がもっと若くて健康であれば、
わたしももっと
ワガママを言えたと思いますし、
自分を主張出来たでしょう。

でもわたしは、反抗しつつも、
やはり、親元にいました。
完全に反抗するには、
弱過ぎる親に思えたからです。

しかし一方で、親がいる間は
親の言う通りにすれば良かった。
時に窮屈で逃げ出したいと思ったけれど、
結局わたしは、そこに何度も戻されて
その加護の中で葛藤していたにすぎませんでした。


母がお国替えして、両親共に
直接、まみえることも、声をきくことも
出来なくなりました。

ある意味、束縛もなくなったわけです。

でも、これからは、
自分で考え、自分で選択して
いかなくてはなりません。

もちろん、当時すでに
夫やこどもという家族を
頂いていたわけですが、
また家族とは圧倒的に違う
「親」という後ろ盾を失うということの
事の大きさに改めて気づくことになりました。




わたしは、母のお国替え後、
教会長として、
お取り立て頂くはこびとなりました。

遡ること7年前のこと
父がお国替えの後、
わたしを教会長に推す声が
信者さんの中で上がりました。

しかし、母は色々熟慮した結果、
半身不随で弱視という身体でありながら
自ら教会長として御用させて頂くと
決意しました。

その理由を聞くと
「あんたをまだ矢面に晒すわけには、
いかんのよ」
ということでした。

当時のわたしには、
そんな母の言動は
意味不明でありました。

しかし、
改めて7年後、
いよいよ教会長を拝命させて頂くに至り、
「矢面に立つ」覚悟が出来ないまま、
言い知れない不安の中で、
霊前でへたり込む日々が続きました。



本日も読んで頂き、
ありがとうございました。
関連記事
0 CommentsPosted in 不惑
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
ご訪問ありがとうございます
LOGIN
ランキングに参加しています
応援 よろしくお願いします
プロフィール

fonwaka2

Author:fonwaka2



ご訪問ありがとうございます

わたしは
金光教の教会に生まれ育ちました
現在は
生まれた教会を継いで
教会長として御用しています

会社員の夫と
3人のこどもたちに恵まれ
賑やかな日々を送りつつ
信心の稽古に励んでいます

このブログは
一枚のフォトと共に
主にわたしの過去と現在の
信仰生活について
綴っています。

自分自身の為に
わたしの有り様を見つめる為に
綴る日誌です。

さらに
ブログを読んで下さってる
皆さんの御心が
少しでも癒され
和んでいただけるような
ブログになることを
願いつつ綴るものです。

わたしにとっても
皆様にとっても
幸せって何だろう?
生きるってどういうことだろう?
日々の忙しさの中で
ついおざなりになっていることを
ひとつひとつ拾いあげ
改めて考え気づく場であってほしいと
願っています。


これまで
読んでくださっている方々も
これから
読んでくださろうとしておられる方も
信仰をお持ちの方も
そうでない方も
ここで出会ったのも
何かの御縁
末永く
よろしく御願いします^^  


忌憚なくご意見やご感想をお聞かせ
下されば幸いに存じます


旧ブログ築七〇年教会の住人
よろしかったら覗いてみてください

神様と二人三脚 Facebookページ
当ブログのFacebookページに 更新情報とフォトエピソード他をのせています。 ぜひ「いいね!」してくださいませ。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フォローお願いします

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。