親心(ハハゴコロ) | 神様と二人三脚 

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親心(ハハゴコロ)

09 25, 2012





叔母(わたしの母の弟の妻)が
9月22日にお国替えしました。

叔母は、28年前に叔父がお国替えしてから
C教会の教会長として、一筋に御用下さいました。

わたしが叔母に最期に会ったのは7月。
再入院されたことを知り、
病院へお見舞いに行った時でした。
入院時は、
非常に危険な状態であられたそうですが
その後、奇跡的な快復のおかげを頂かれ、
またわたしがお見舞いに行かせて頂いたその日は、
格別に体調がいいということで
暫しお話させて頂くことが叶いました。

お話をさせて頂く中で、
叔母は、感極まった様子で
顔をくしゃくしゃにして、
わたしの手をしっかり握って下さいました。

その時、従兄弟のお嫁さんに、
数日後に退院して、
教会で介護させて頂くということを伺いました。

ー教会で最期を迎えたいー
それが叔母や家族の願いであったようでした。

それから暑い暑い夏が過ぎ、
わたしもその後どうされているだろうかと
気になっていたので
長男の幼稚園の運動会が終わったら、
C教会へお見舞いに行かせてもらおうと
考えていた矢先、
叔母のお国替えの報に接しました。







叔母が余命幾許もない
状態であることを知ったのは、
去年のC教会の生神金光大神大祭の時でした。

数年前に大腸がんで腫瘍の摘出手術を
受けられてからも、
神様のおかげの中で
教会長としての御用に変わりなく
お当たりになっていましたが、
そのお話を伺った頃には
随分とお痩せになっていていました。

大祭のお直会も終わり、
そろそろ失礼させてもらおうと
玄関で帰り支度をしているわたしに
叔母は、こどもたちにと
お直会の折箱をことづけて下さりながら、
「いつもこれぐらいのことしか、
してあげられなくてごめんね」と言って下さいました。

わたしは、叔母や従兄弟夫婦には、
これまでお世話になり通しでしたので、
思いもよらぬその叔母の言葉に
なんと返してよいかと戸惑いました。

でも、後で思い返してみると、
叔母にしてみれば、
わたしはオギャーと産まれた時から知っている
唯一の姪であり、
そして、叔母がそうであったように
女性の身で教会長としての御用を担う
頼りないわたしのことを
いつも語らずとも心配して下さっていたのでした。
そういう叔母の心に改めて接して、
唯々もったいない気持ちになりました。


年が改まり、今年のお正月のことでした。
叔母からすれば主人の実家である
うちの教会へ
例年通り、ご家族でお参りになりました。

叔母は、改まったご様子で、お一人でお結界に来られ
「わたしの病気のことは、お聞き済みと存じますが、
まさかの折には、どうぞ○○○(←従兄弟)のことを
支えてやってください」とお届けなさいました。
わたしは、その叔母からのお頼みを受けさせて頂きました。
すると、叔母は一言
「これで、肩の荷がおりました。安心しました。」と
笑顔で仰いました。
改めて叔母の実意で丁寧なあられ様に感服したものでした。


一方で従兄弟は、
叔母の葬儀は自分が一人で御用させて頂くと
かたく心に決めておられたようで、
叔母にもそのようにお話してあったそうです。

ですから、わたしはお正月に
うちの教会のお結界で
叔母がお届けをなさったことを打ち明けさせて頂いた上で
お頼みを引き受けた以上は
なんでも御用に使って頂きたいのでとお伝えすると、
従兄弟も承知して下さり、
従兄弟とわたしの2人で叔母の葬儀を
仕えさせて頂くことになりました。

そして、喪主が祭主という、
異例の教会葬儀一切は、
滞りなく無事に仕えられました。

わたしも、御用に使って頂いて
叔母から受けた沢山のご恩の一端でも報いることが
出来れば有難いなあと思いました。


ご葬儀からの帰路で思いました。

お正月の時、
わざわざ、お一人でお結界に来られ
お頼みになったのも、叔母の「親心」なのだなあと。
わたしからすれば
従兄弟は10歳も歳上で、人生においても
道の教師としても先輩ですから、
従兄弟にお任せしておけば、
わたしなんぞがお手伝いしなくても
大丈夫だぐらいに思っていましたし、
実際そうなのだと思います。

でも、叔母からすれば何歳になっても息子であり、
どんなに立派でも心配が尽きない。
親が先に逝くのが道理だけれども、
生きている間に出来うる精一杯のことをしてやりたい。
そんな親心からのことであったのでは?

これはあくまでもわたしの
推察の域を出ませんが、
親とは、特に母親の心とは、
子が思うより、深く厚いものであるものであるなあと
思いました。





改めまして
C教会のこれからの立ち行き、
そして、叔母の御霊様の道立てを
衷心よりお祈り申し上げます。





本日も読んで頂き、
ありがとうございました。
関連記事
0 CommentsPosted in 信心

Previous: 不惑19

Next: 見えない思い
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
ご訪問ありがとうございます
LOGIN
ランキングに参加しています
応援 よろしくお願いします
プロフィール

fonwaka2

Author:fonwaka2



ご訪問ありがとうございます

わたしは
金光教の教会に生まれ育ちました
現在は
生まれた教会を継いで
教会長として御用しています

会社員の夫と
3人のこどもたちに恵まれ
賑やかな日々を送りつつ
信心の稽古に励んでいます

このブログは
一枚のフォトと共に
主にわたしの過去と現在の
信仰生活について
綴っています。

自分自身の為に
わたしの有り様を見つめる為に
綴る日誌です。

さらに
ブログを読んで下さってる
皆さんの御心が
少しでも癒され
和んでいただけるような
ブログになることを
願いつつ綴るものです。

わたしにとっても
皆様にとっても
幸せって何だろう?
生きるってどういうことだろう?
日々の忙しさの中で
ついおざなりになっていることを
ひとつひとつ拾いあげ
改めて考え気づく場であってほしいと
願っています。


これまで
読んでくださっている方々も
これから
読んでくださろうとしておられる方も
信仰をお持ちの方も
そうでない方も
ここで出会ったのも
何かの御縁
末永く
よろしく御願いします^^  


忌憚なくご意見やご感想をお聞かせ
下されば幸いに存じます


旧ブログ築七〇年教会の住人
よろしかったら覗いてみてください

神様と二人三脚 Facebookページ
当ブログのFacebookページに 更新情報とフォトエピソード他をのせています。 ぜひ「いいね!」してくださいませ。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フォローお願いします

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。