祈る資格

2012.09.07 11:25 *Fri
Category:平和

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





うつ病を患ってから
めっきりテレビを見なくなりました。
一方的に流れてくる情報が
処理出来ずに疲れてしまうように
なったからです。

以前はよく
ワイドショーや情報番組を
家事の傍ら、
見ていました。

外で仕事をしていない
以前のわたしにとって
世間の情報源のすべてが
テレビからのものでした。

こどもたちが産まれてからは、
新聞も読む暇がなくなり、
もったいないということと、
また、前倒しで押しかけてくる
新聞の勧誘にも辟易して、
新聞をとるのも辞めました。
そんなこともあり、
テレビを見なくなってからは、
もっぱらネットでニュースを
見ることが多くなりました。

一方的に流れてくるテレビと違って、
ネットでは、
一つのことに対して
様々な意見をもつ人の声を
知ることが出来、
疑問点や興味深い事柄について
調べることが出来ます。

少し前、
テレビ局の偏向報道が
問題視されるようになりました。

報道の自由は認められているものの、
意図的に真実をねじ曲げたり、
事実を隠したりするような
情報操作は、
してはいけないことです。
でも、その報道に振り回されて、
ブレる視聴者にも
問題があるような気がします。

これは、今に始まったことでは
ありません。

戦後産まれで
テレビっ子世代のわたしは、
テレビから流れてくる事柄は
「すべて正しい」と
思い込んでいる節がありました。
でもこれから先の時代は、
垂れ流しに流されてくる情報を
ただ鵜呑みにするのではなく、
一人一人が積極的に学び、
深く知ろうとし、
情報の取捨選択をし、
自分なりの考えをもつことが
より大切になってくると思います。

こういうことを考えるようになった
のには、
父が体験したシベリア抑留について
調べている過程で
色々思わされることが
あったからでもあります。

これまでのわたしは、
先の大戦は過去のものだと
思い、あまり積極的に知ろうと
しませんでした。
でも「無知」ほど罪なものは
ないなあと思います。

日頃、「世界真の平和」を
祈ることを大切にしてきた
つもりだけれど、
それが果たして本当に
自分自身の願いとなっていたか?
今思えば、
形ばかりだったと思うのです。

まずこれまでのことを
正確に知ること
それでようやく
わたしは、
「世界真の平和」を祈る
資格を得るのだと思います。



本日も読んで頂き、
ありがとうございました。
関連記事
Trackback URL

http://fonwaka2.blog.fc2.com/tb.php/140-11241892

< >