依存症

2012.09.03 14:34 *Mon
Category:うつ病

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






長い夏休みが終わり、
今日から新学期が始まりました。
また次男との昼間2人生活の再開です。

ブログの更新も途絶えたままになり、
ご心配下さる方の声をきかせて頂いて
申し訳ないやら、ありがたいやら

しかし、なんとなく
更新する気持ちになれずに
いました。

鬱病のお薬をいきなりやめてしまったので、
その反動が出たのでしょうか、
体調がとても不安定な日々を
過ごしていました。

常識的に考えると
お医者さんと相談して、
減薬すべきだったと思います。

主人にも通院した方がいいと
言われました。

でもどうしても
薬に頼る生活に戻りたくないという
気持ちが勝りました。
ですので、今は通院を
やめています。

依存ということを
申しますが、
わたしは薬に「依存」していたと
思います。

もちろん「うつ病」という病気なので
薬のお世話になることは、
大切なことであると思います。
そういうことが必要な時期も
あると思います。

でも最近のわたしは、
薬に全幅の信頼をよせていました。
お薬がなんとかしてくれる
そのような気持ちに支配されていましたし、
薬さえあれば大丈夫という
感じになっていました。

もちろん、
御祈念しながら頂いてました。
でも、気がつけば形ばかりに
なっていたのです。

薬を飲んでも
ダメな日があると
絶望的な気持ちになりました。




これまでの自分を振り返ってみると
わたしは、いろんなものに依存して
生きていました。

親であったり、
音楽であったり、
お金であったり、
お酒であったり、
煙草であったり、
友人であったり、
恋人であったり、
主人やこどもたちであったり。

その時その時で
常に何かに「依存」していました。


でもことごとく
神様に出会わされては
手を切らされてきたように
思います。

そして今度は薬です。
神様は手を変え、品を変え、
わたしを助けよう助けようと
働いて下さっている。
そのように感じます。

では、神様に「依存」すれば
よいのか、
それも違うように思います。

その先はまだ分かりません。
多分、今そのようなことを
教えて頂いているのだと思います。

しばらく
少しですが、
Facebookなど、ネットも
以前より控えています。

ネットにも「依存」しないように
しなければなりません。
ひとつひとつ確実に生活を
改めていく必要があります。


少しずつではありますが、
安定してきている気がします。

心と行動を改める努力を抜きにして
本当の助かりへの道は
開かれないものであると
切に実感するこの頃です。


本日も読んで頂き、
ありがとうございます。
関連記事
Trackback URL

http://fonwaka2.blog.fc2.com/tb.php/139-3db0a8a9

< >