生かされるがままに | 神様と二人三脚 

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生かされるがままに

08 07, 2012



先週末に
こどもたちの夏休みの思い出作りで
熊本へ旅行に行きました。

実は、
先月の半ば過ぎから、お薬を
やめてしまいました。

一般的にいきなり薬を止めるのは
よくないそうです。
あくまでも医師の指示に従い、
徐々に減薬をするのが
常識です。

何故止めたのか、
色々と理由があります。

大きく言って
つまるところ、
祈れ、薬れになっていない。
いつの間にか
薬ばかりに依存しまっている自分に
気がついたこと。
薬さえ飲んでいれば
大丈夫と、
いつのまにかそうなっていたのです。

それに飲み続けてみても、
薬では心は助からないという
実感がありました。


確かに
鬱病の治療には、
服薬と休養が大切です。
それが一般的な常識なのです。
お薬を頂くと、確かに
動けるんです。
鬱病の症状は
和らぐわけです。
しかし、その事が
真の心の助かりには、
繋がらない、
全く別のところにあるということを
実感したのです。

やはり自分自身で乗り越えて
いかなければならない
ところがある。

み教えにも
「わが心でわが身を救い助けよ」
とありますが、
わたしの場合は、
薬ではなく、心の改まりが
大切だと改めて気がついたのです。

しかし、実際お薬を
いきなり止めてしまいましたので
所謂「離脱症状」というのが
不定期に出てきます。

ですから、この度の旅行に行く事が
不安で不安でたまらなかったです。
実際、前日は旅行の準備が
捗らず、とうとう寝られず
徹夜で準備しました。

一日目は、徹夜明けでかなりハードでしたが、楽しく過ごすことが出来、
何よりもこどもたちが大喜びだったのでその姿に救われました。

しかし、2日目。
教会への帰路の途中で
主人と些細なケンカをしてしまい、
心が一気に落ち込んでしまいました。

そして、居た堪れない気持ちになり、
とうとう、車から降りてしまいました。
積年の思いが爆発した瞬間でした。

あてもなく、独り辿り着いたのが、
偶然にも、独身時代、主人と
お付き合いしている頃の思い出が
沢山ある、所縁の場所でした。

あの頃は、
二人で笑いながらここに
佇んでいられたのに、
何時の間に
わたしたちは、
どうして
笑えなくなったのだろう
夫婦って何だろう
そこのところが
分からなくなっていました。

わたしと結婚したことを
きっと主人は後悔してるんだろうな
と思えてならなくなり
目の前の海に飛び込めたら
楽になれるかもしれない
家族はわたしが居ない方が
幸せかもしれない
などとまた思うようになりました。
でも、一歩踏み出すことも出来ず
ただボー然と立ち尽くしていたとき、
目前に広がる風景が、
わたしの心に迫ってきました。

右から左へと流れる雲。
上から下へと落ちていく夕日。
夕陽に照らされ穏やかに波打つ海。
足元には、
ジグザグに忙しなく動き回る
アリンコ達。
目の前に留まっているように見える船や
堅いアスファルトの道でさえも
その状態に留まらず、
生き続け、変わり続けている。
それも無抵抗に
生かされるがままに
あくまでも成り行きに
身を任せるが如く
無駄にさからうことなく。

その風景の中にいるわたしの身体もまた今の瞬間生き続けている。

その瞬間、止まっているのは、
わたしの心だけでした。

それがとても不自然に思われ、
またその無意味な抵抗が
馬鹿馬鹿しくも思われてきました。


そんな情けない自分をも
まるごと許し生かして
包んでいる天地の姿を
その時わたしは、
確かに見たのでした。

その天地の姿に心が震えました。

そして
わたしの足は自然に駅に向かい
「帰ろう」と思わされ、
教会への帰路についたのでした。



本日も読んで頂き、
ありがとうございました。
関連記事
-1 Comments
By 08 23, 2012 - [ edit ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
ご訪問ありがとうございます
LOGIN
ランキングに参加しています
応援 よろしくお願いします
プロフィール

fonwaka2

Author:fonwaka2



ご訪問ありがとうございます

わたしは
金光教の教会に生まれ育ちました
現在は
生まれた教会を継いで
教会長として御用しています

会社員の夫と
3人のこどもたちに恵まれ
賑やかな日々を送りつつ
信心の稽古に励んでいます

このブログは
一枚のフォトと共に
主にわたしの過去と現在の
信仰生活について
綴っています。

自分自身の為に
わたしの有り様を見つめる為に
綴る日誌です。

さらに
ブログを読んで下さってる
皆さんの御心が
少しでも癒され
和んでいただけるような
ブログになることを
願いつつ綴るものです。

わたしにとっても
皆様にとっても
幸せって何だろう?
生きるってどういうことだろう?
日々の忙しさの中で
ついおざなりになっていることを
ひとつひとつ拾いあげ
改めて考え気づく場であってほしいと
願っています。


これまで
読んでくださっている方々も
これから
読んでくださろうとしておられる方も
信仰をお持ちの方も
そうでない方も
ここで出会ったのも
何かの御縁
末永く
よろしく御願いします^^  


忌憚なくご意見やご感想をお聞かせ
下されば幸いに存じます


旧ブログ築七〇年教会の住人
よろしかったら覗いてみてください

神様と二人三脚 Facebookページ
当ブログのFacebookページに 更新情報とフォトエピソード他をのせています。 ぜひ「いいね!」してくださいませ。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フォローお願いします

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。