認める、謝る、許す | 神様と二人三脚 

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

認める、謝る、許す

08 01, 2012


いつも読んで下さっている皆様、
暑中お見舞い申し上げます(^^)
暑い日が続きますが、
どうぞ御身体お大切に(^^)

さて、
昨日は、親教会へ月参拝の
おかげを頂きました。

こどもたちも夏休みですので、
久々にそろってお参りしました。

親教会へ向かう為、
車に乗り込もうとした時のこと。
長男の悲鳴と鳴き声が聞こえました。
見てみると前の座席のドアと
後部座席のドアの
隙間のところで指をつめていました。

後部座席に先に長女が乗り込み、
その後、長男が助手席に乗り込もうと
ドアに手をかけ、その後、
長女がドアを閉めてしまい、
長男の手が挟まったわけです。

長男が
「お姉ちゃんがやった」と泣きます。
すると、長女が
「そんな所に手をおいとる方が悪い」
と反論します。

こうなると、
いわゆる水掛け論です。
お互いこどもですし、
気のしれた姉弟ですから
尚更譲歩するということが
ありません。
お互いへの詰り合いは
エスカレートしていくばかりです。

「両方悪い」
わたしは、そう言い切りました。
すると、長女が反論してきました。
長女が反論するのも
無理はありません。
長女がワザとした訳ではないのは、
よく分かっています。
長男には、
「今度からは、気をつけて、
ドアとドアの隙間に
手をおかないように
自分で気をつけなさい。」
と言いました。

長女はまだ納得してないようで、
悔し涙を流していました。
わたしは、
「なんでわたしが悪いんよ、
と思ってるかもしれんけど、
お姉ちゃんが知らなかったとはいえ、
実際にお姉ちゃんが
ドアを閉めたことで
指が挟まったんやから、
その事に気がついて
きちんとゴメンなさいを言わない
というのはよくないことよ。
ワザとじゃなくても、
知らなくても、
その事で人を傷つけたんだから、
素直に謝ろうや。
難しいことやけど、
お姉ちゃんなら解ることだと思って
お母さんは言うんよ。」
そう言いましたら、
長女は黙って
聞いていました。

わたしは、続けて
「それから、相手が誤ったら、
いいよって、許すことも大切だよ。
ありがとうと言うことより、
ゴメンなさいと謝ることは
難しいことやし、
いいよって許すことは
もっと難しいことだけど、
大切なことなんよ。」
と、2人に言いました。

結局ゴメンなさいは、
お互い出ませんでしたが、(^^;;
親教会に到着する頃には、
何時の間にか、仲直りしていた二人でした。


二人に偉そうに言いながら、
実は自分の心にも
言い聞かせていました。
まだまだ未熟な母のわたしです。


本日も読んで頂き、
ありがとうございました。
関連記事
0 CommentsPosted in 平和
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
ご訪問ありがとうございます
LOGIN
ランキングに参加しています
応援 よろしくお願いします
プロフィール

fonwaka2

Author:fonwaka2



ご訪問ありがとうございます

わたしは
金光教の教会に生まれ育ちました
現在は
生まれた教会を継いで
教会長として御用しています

会社員の夫と
3人のこどもたちに恵まれ
賑やかな日々を送りつつ
信心の稽古に励んでいます

このブログは
一枚のフォトと共に
主にわたしの過去と現在の
信仰生活について
綴っています。

自分自身の為に
わたしの有り様を見つめる為に
綴る日誌です。

さらに
ブログを読んで下さってる
皆さんの御心が
少しでも癒され
和んでいただけるような
ブログになることを
願いつつ綴るものです。

わたしにとっても
皆様にとっても
幸せって何だろう?
生きるってどういうことだろう?
日々の忙しさの中で
ついおざなりになっていることを
ひとつひとつ拾いあげ
改めて考え気づく場であってほしいと
願っています。


これまで
読んでくださっている方々も
これから
読んでくださろうとしておられる方も
信仰をお持ちの方も
そうでない方も
ここで出会ったのも
何かの御縁
末永く
よろしく御願いします^^  


忌憚なくご意見やご感想をお聞かせ
下されば幸いに存じます


旧ブログ築七〇年教会の住人
よろしかったら覗いてみてください

神様と二人三脚 Facebookページ
当ブログのFacebookページに 更新情報とフォトエピソード他をのせています。 ぜひ「いいね!」してくださいませ。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フォローお願いします

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。