シベリア捕虜収容所 | 神様と二人三脚 

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シベリア捕虜収容所

07 27, 2012




夏休みに入り、
かなり気分が不安定でしたが、
ここ数日、
少しずつ溜まった家事をこなせる
余裕が出てきました。

しかし、まだなんとなく
本調子ではなく、
特にこどもたちの賑やかな声が
心身にこたえます。

それをいちいちまともに受けていたら、
またしんどくなってしまうので、
この際、本でも読んで
あえて、こどもたちから意識を逃し、(そうもいかないけど(^^;;)
ノンビリしようと思いました。

そして、読みたい読みたいと思いつつ、
なかなか手にとることが出来なかった
ある本を読んでみることにしました。

それは、
若槻泰雄(玉川大学教授)著
「シベリア捕虜収容所 ソ連と日本人 」
という本です。
上下2巻あります。
しかも、1ページが上下2段にわかれて
かなり読み応えのありそうだったので
なかなか読み始める気になれませんでした(^^;;

わたしの父は、先の大戦後、
シベリアに抑留されました。
22歳から25歳までの約3年余りを
日本人捕虜として中央アジアの
カザフスタン共和国のカラガンダの
強制収容所で過ごしました。

父は、あまりその事について多くを語ることは、生涯を通してありませんでした。
もちろん、わたしからは、
尋ねることさえなかったです。


来年は、父がお国替えして15年。
時が経てば経つほど、
わたしの知らない時代の父を知りたいと
思わせられます。

父が遺してくれた
シベリア抑留関連の著書が
何冊かあるのですが、
読み進めてみても、
なんとなく、実感として
迫ってこない。
主に体験記ですが、
言葉一つにしても
なんとなく取っ付きにくい。
それにはいくつも理由があると
思いますが、
まずは、
明らかに時代の違いがあるように
感じました。

平和な日本に生まれ、
戦争を体験した事のないわたしには、
具体的な体験記を読む前に
もっと先の大戦やシベリア抑留に関する
客観的な知識が必要に思われました。

そういう意味で
この本は、痒いところに手が届くように
シベリア抑留とは、何であったのかを
体験者の体験記を引用しつつ、
しかし、あくまでも客観的に
解説してあります。
ちなみに、この本は、
1979年に刊行されたものです。

この本の裏表紙にこういう著者の
一文が載せてありました。

「広島・長崎、そしてシベリアー
原爆被爆者の霊をとむらうことが
国民の義務であるならば、
シベリアの荒野に斃(たお)れた
数万の霊に対しても遙かにその冥福を
祈らねばならない。
私は、日本民族のこの痛ましい体験を
後世のために書き残すことを念願して
筆をとった。」

わたしなりに、
真の平和とは何かを求めてきましたが、
これからは、
シベリア抑留生還者の子としての立場から
求めていきたいと思っています。


本日も読んで頂き、
ありがとうございました。
関連記事
0 CommentsPosted in 平和
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
ご訪問ありがとうございます
LOGIN
ランキングに参加しています
応援 よろしくお願いします
プロフィール

fonwaka2

Author:fonwaka2



ご訪問ありがとうございます

わたしは
金光教の教会に生まれ育ちました
現在は
生まれた教会を継いで
教会長として御用しています

会社員の夫と
3人のこどもたちに恵まれ
賑やかな日々を送りつつ
信心の稽古に励んでいます

このブログは
一枚のフォトと共に
主にわたしの過去と現在の
信仰生活について
綴っています。

自分自身の為に
わたしの有り様を見つめる為に
綴る日誌です。

さらに
ブログを読んで下さってる
皆さんの御心が
少しでも癒され
和んでいただけるような
ブログになることを
願いつつ綴るものです。

わたしにとっても
皆様にとっても
幸せって何だろう?
生きるってどういうことだろう?
日々の忙しさの中で
ついおざなりになっていることを
ひとつひとつ拾いあげ
改めて考え気づく場であってほしいと
願っています。


これまで
読んでくださっている方々も
これから
読んでくださろうとしておられる方も
信仰をお持ちの方も
そうでない方も
ここで出会ったのも
何かの御縁
末永く
よろしく御願いします^^  


忌憚なくご意見やご感想をお聞かせ
下されば幸いに存じます


旧ブログ築七〇年教会の住人
よろしかったら覗いてみてください

神様と二人三脚 Facebookページ
当ブログのFacebookページに 更新情報とフォトエピソード他をのせています。 ぜひ「いいね!」してくださいませ。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フォローお願いします

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。