不惑17(母のことについて今思わされること①) | 神様と二人三脚 

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不惑17(母のことについて今思わされること①)

07 08, 2012



母がお国替えして、
数年後のことですが、
大切な事に気づかせて頂くことが
出来ました。

それがどの様にして
そのことに気がつくことが
出来たのか、
迂闊にも忘れてしまいました。(^^;;
夢でみたのか、
実際にお道の本の中で見たのか、
それとも、インターネットで見たのか
そこのところが
ハッキリしないのですが
書いてみたいと思います。


母がお国替えになる日の朝一番に
こういうことがありました。

わたしが母の枕元に
朝食を持って行きました。
母は、それで目を覚ましましたが
まだ夢見心地なままで
こう訊いてきました。

「誰か、素麺箱持ってきた?」と。

わたしは
「いいや。誰も持ってきてないよ」
と答えました。

夢と現実が
分からなくなってるのかなあ
と思いつつも、
あまり気にもとめませんでした。



しかし、その「素麺箱」というのが
重大なお知らせでした。


素麺箱に使われているもみの木は
棺桶としても使われていたそうです。
ネットで調べてみると、
ある地方では、昔、幼子の遺体を
素麺箱に入れるということが
実際にあったそうなのです。


つまり、
母がお国替えする朝に見た夢は
今日棺桶がくる事になるぞと
いうことだったのです。


そのことに
どの様にして気がついたのか
忘れてしまったものの、
気がついた時、
こう思わされました。

母のお国替えのことについて、
わたしは、
後悔しきりであったけれど、
もともと、
わたしがどうこうして、
どうにかなるような事ではなかった。
みな、神様のところで、
既に決まっていたのだ。
母は、神様のお計らいのまにまに
お国替えのおかげを頂かれたんだと。
そもそも、
こちらの信心が足りないばかりに
うかうかと聞いていたけれど、
お国替えの時を
前もって知らせて下さっていたことは
有難く、もったいないことと思いました。

母は、
望み通り、初孫と対面し、
その顔をみて、声を聞くことが出来た。
短い間ではあったけど、
同じ空間で生活を共に出来た。
それは並々ならぬ神様のお働きと
お取り運びによって叶ったこと。
半年云々などと
お国替えの時期について
不平に思っては
神様にあい済まないことであったと
思うのでした。


それから、
「金光様!ご無礼をお許し下さいませ」
という母の最期の言葉。
この事について、後年親先生が、
「お詫びは御礼の裏返しだから」
と教えて下さいました。
苦悶に満ちた最期についても、
ある先生が
「めぐりを持っていって下さったのだ」と教えて頂きました。
母は、今際の際で
一体何を気づかされ、
神様に何を詫びたのか、
今でもわかりません。

でも、最期の母の信心のあり様が
お詫びの姿勢であったということを
わたしは、誇りに思い、
大切に頂こうと
思いました。

それからもう一つ、
この不惑シリーズを
書いている最中に
新たなおかげに気がつかせて頂き、
神様のおかげとは、
こういうものかと
驚きました。

そのことについては、
次に書かせて頂きます。

本日も読んで頂き、
ありがとうございました。
関連記事
0 CommentsPosted in 不惑
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
ご訪問ありがとうございます
LOGIN
ランキングに参加しています
応援 よろしくお願いします
プロフィール

fonwaka2

Author:fonwaka2



ご訪問ありがとうございます

わたしは
金光教の教会に生まれ育ちました
現在は
生まれた教会を継いで
教会長として御用しています

会社員の夫と
3人のこどもたちに恵まれ
賑やかな日々を送りつつ
信心の稽古に励んでいます

このブログは
一枚のフォトと共に
主にわたしの過去と現在の
信仰生活について
綴っています。

自分自身の為に
わたしの有り様を見つめる為に
綴る日誌です。

さらに
ブログを読んで下さってる
皆さんの御心が
少しでも癒され
和んでいただけるような
ブログになることを
願いつつ綴るものです。

わたしにとっても
皆様にとっても
幸せって何だろう?
生きるってどういうことだろう?
日々の忙しさの中で
ついおざなりになっていることを
ひとつひとつ拾いあげ
改めて考え気づく場であってほしいと
願っています。


これまで
読んでくださっている方々も
これから
読んでくださろうとしておられる方も
信仰をお持ちの方も
そうでない方も
ここで出会ったのも
何かの御縁
末永く
よろしく御願いします^^  


忌憚なくご意見やご感想をお聞かせ
下されば幸いに存じます


旧ブログ築七〇年教会の住人
よろしかったら覗いてみてください

神様と二人三脚 Facebookページ
当ブログのFacebookページに 更新情報とフォトエピソード他をのせています。 ぜひ「いいね!」してくださいませ。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フォローお願いします

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。