おかげは和賀心に⑵ | 神様と二人三脚 

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おかげは和賀心に⑵

05 31, 2012


運動会の翌日は、
隣接教会の御大祭でした。

いつもは、
次男が一緒ですので、
御用はご無礼することを
お許し頂くのですが、
今回は、
運動会の振替休日で
長女がお休みなので、
「一緒に参拝させて頂いて、
わたしが御用頂く間、
次男の面倒をみてくれる?」
と聞くと、
長女は素直に快諾してくれました。

かくしてわたしは、
また参列の御用をさせて頂ける
お繰り合わせを頂けました。

また今回も、
100日信行の10時の御祈念にお参りされるご夫婦が
御大祭に参拝させて頂きたいということで
有難いなあと思わせて頂きました。

そのお教会は
わたしの御用させて頂く教会と同じ市内にあり、
当教会の親教会の御近所でもありますので、
親先生も参列の御用に
お見えになりました。

11時からの御祭では、
献饌役と、賛者の御用を頂き、
祭典後の読師(前講)のおかげを頂きました。

祭典中、こどもたちの声が
一声も聞こえませんでしたので、御用に集中出来ました。

後で、
その教会の信者さんが
「おんぶしたり、抱っこしたりして、お姉ちゃんが弟ちゃんの面倒をよくみてましたよ。」と教えて下さいました。
ちなみに長女が
わたしの前講を聞いて
「お母さん、◯◯が抜けてたよ。」と、ダメ出ししてくれました。
よくお話を聞いてくれていたなあと嬉しくなりました。


講話中もこどもたちは、大人しく聞いていましたが
昨日の疲れもあってか、
姉弟共々寝てしまいました。

今回の講師は、わたしの従兄が御用されました。
従兄の講話を聞かせて
頂くのは初めてでした。

特に心に残ったのは、
過食症を患った少女のお話。
それから、
ご自身の末っ子が心身症を患われ、
おかげを受けられるまでの
過程のお話でした。

そのお話を聞かせていただきながら、
横でスヤスヤと眠る我が子たちをみて、
大した患いもなく、
日々心身の元気のおかげを頂き、
学校に通わせて頂いたり、
遊ばせて頂いたり、
さらに今日は、
素直にわたしの言うことを聞いて
お参りのお陰を蒙らせて頂いておることに、
つくづく御礼の足りない自分であることを
改めて気づかせて頂きました。

お直会のおかげを頂き、
その後、親教会に月参りさせて頂くつもりでいました。

親先生は、
14時までには帰らない
といけないということで、
お直会を早めに切り上げられ、
お帰りになりました。

その時、
わたしにお装束鞄とお直会の品を
後から持ってくるよう託して下さいました。
日頃は全くの親不孝なわたしに、
御用を託して頂けること、
微力ながら親先生のお役に立てることは、
本当に有難いことです。

そして、今月の御礼参りを
させて頂きました。
この度は記念祭のことも含め、
長年わたしが苦しんできたことに
おかげを頂いたことの御礼もさせて頂きました。
親先生は、いつもに増して
ニコニコとわたしの話すのを
聞いて下さいました。

一際心に残る月参りとなりました。

そして帰路に着いたのですが、
その日に全国植樹祭で
山口県に行幸啓されていた天皇皇后両陛下が
市内をお通りになるということで、
一部道路が封鎖されておりました。

わたしは
幼稚園の長男を迎えに行き、
幼稚園近くの自然公園で
少しこどもたちを遊ばせて
大回りをして帰りました。

一方で
大祭にお参りさせて頂いたご夫婦が、
帰路の途中、
丁度天皇皇后両陛下が
お通りになる時間に遭遇したということで、
とても喜んでいらっしゃいました。

わたしも、実は
一目お会いしたくて、
時間が合えばいいなあと
思いましたが、
結局
親教会へのお参りを
優先させて頂きました。

後になって
それが正しい選択であったと
気づかせて頂きました。


続く


本日も読んで頂き、
ありがとうございました。
関連記事
0 CommentsPosted in 信心
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
ご訪問ありがとうございます
LOGIN
ランキングに参加しています
応援 よろしくお願いします
プロフィール

fonwaka2

Author:fonwaka2



ご訪問ありがとうございます

わたしは
金光教の教会に生まれ育ちました
現在は
生まれた教会を継いで
教会長として御用しています

会社員の夫と
3人のこどもたちに恵まれ
賑やかな日々を送りつつ
信心の稽古に励んでいます

このブログは
一枚のフォトと共に
主にわたしの過去と現在の
信仰生活について
綴っています。

自分自身の為に
わたしの有り様を見つめる為に
綴る日誌です。

さらに
ブログを読んで下さってる
皆さんの御心が
少しでも癒され
和んでいただけるような
ブログになることを
願いつつ綴るものです。

わたしにとっても
皆様にとっても
幸せって何だろう?
生きるってどういうことだろう?
日々の忙しさの中で
ついおざなりになっていることを
ひとつひとつ拾いあげ
改めて考え気づく場であってほしいと
願っています。


これまで
読んでくださっている方々も
これから
読んでくださろうとしておられる方も
信仰をお持ちの方も
そうでない方も
ここで出会ったのも
何かの御縁
末永く
よろしく御願いします^^  


忌憚なくご意見やご感想をお聞かせ
下されば幸いに存じます


旧ブログ築七〇年教会の住人
よろしかったら覗いてみてください

神様と二人三脚 Facebookページ
当ブログのFacebookページに 更新情報とフォトエピソード他をのせています。 ぜひ「いいね!」してくださいませ。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フォローお願いします

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。