遠慮しないでおかげを受けていく | 神様と二人三脚 

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠慮しないでおかげを受けていく

05 16, 2012




玄関先の菖蒲が満開になりました。

記念大祭は終わりましたが、
後片付けや、関係隣接の教会の御大祭。
それに幼稚園のクラス懇談会と遠足。
今月末には、小学校の運動会など、
こどもたちの関係の行事も
控えていますので、
まだまだホッとする訳にはいきません。

でもおかげを頂いて
体調を大きく崩すことなく、
居られていることは
本当に本当に有難いことです。

記念大祭から今日までの間に、
親教会、
関係教会一件、
隣接教会一件の御大祭に
参列の御用を頂きました。

それから、
わたしの39歳の誕生日と
母の8回目の命日と
次男の3歳の誕生日も迎えさせて頂きました。

今日は
隣接教会の御大祭でした。

平日で主人も夜勤仕事で
昼間睡眠を取らねばなりません。
上のこどもたち二人は
幼稚園と小学校ですので、
御大祭には
次男と二人で参拝させて頂いて、
参列の御用は
御無礼させて頂くつもりでいました。

ここ数年はいつも、
平日に御大祭が仕えられる
お教会の参列の御用は
御無礼しておりました。

11時からのお祭りで
10時ごろ教会を出させて頂くので
100日信行の10時の御祈念に
お参りになる御夫婦に
少し早めに御祈念をさせて
頂く旨、
ご連絡を取りましたら、
奥さんが出られて
「分かりました」ということでした。
けれども一向にお参りになりませんので、
一人で御祈念を始めました。

すると、心の中に
以前、別の教会の御大祭の時に、
やはりこどもたちとお参りさせて頂いたところ、
参列の先生が少なく、
御用してもらえないかと
急遽言われましたが、
お装束を準備していなかった為に、
お役に立てなかった
ということがあり、
それ以来、
参列の御用が出来なくても
お装束は持たせて頂いて
参拝させて頂くことに
していたということが
ふと思い出され、
今日も是非とも
お装束を持たせて頂いて
参拝させて頂かねばと
改めて心に決めさせて頂きました。




御祈念後、
もう一度ご夫婦に
連絡を取りましたら、
「私たちも御大祭の参拝のおかげを頂きます。」
ということで今出掛ける
準備をしておられるとのことでした。

そのご夫婦自らが
隣接教会の御大祭にお参りしたい
と仰るのは初めてでしたので、
とても嬉しく有難かったです。


隣接教会につき、
お結界には親奥様が御用されてあり、いつものように
参列が出来ない旨お詫び申し上げました。

その後、ご夫婦がお参りに
なられたので
声をおかけしますと、
「先生、参列の御用は?」
と聞かれましたので
こどもがおるから、
御用は御無礼させて頂く
ということを伝えると、
「私たちが守りはするから、御用してください」
と仰って下さり、
わたしは、
急いで車にお装束を取りに行きました。

でも急遽、御用すると言っても、
お役はどうなるのだろう?
と勝手に案じておりましたら、
教会長先生の奥様に
「開戸役をお願いします」と
仰って下さいましたので
「勝手をして、急に変更した上に、
役を与えて頂いてすみません。」
と申しましたら、
「いえいえ、先生のお役は最初から決まっておりました」
と仰いました。

それでますます
恐れ入り、
神様はきちんと前もって
御用をお与え下さっていたのかと
もったいない気持ちで
一杯になりました。

さて、祭典中
いつも人一倍賑やかしい次男は、
ご夫婦を困らせることなく、
とても大人しくいい子に
していたようでした。
その後の教話も
静かに頂くことが出来ました。

実は出掛けに
主人が次男が愚図ることを心配して
お菓子を持たせてくれました。
心の中では正直
「祭典中にお菓子で釣るのはダメだよ」
とは思いましたが、
主人は主人なりに心配りして
持たせようとして下さったことが
わたしにはとても嬉しく、
その主人の心に御礼申して、
お菓子を鞄に忍ばせて頂き、
「どうかこのお菓子を出さずに
祭典を無事拝ませて頂くことが
出来ますように」
と神様にお願いさせて頂きましたが、
神様は願い通りのおかげを
下さいました。

参列の御用ひとつを
とりましても
自分で出来ているのではなく、
神様、御霊様のお働きや
その教会の教会長先生の並々ならぬ
御祈りとご準備の上で
成り立ち、出来させて頂いているんだなあと
ひしひしと感じた今日の御用でした。

わたしの教会の
親教会の親先生のある時の教話の中に
「おかげを頂こうとする時には、
それに向かい、前傾姿勢で
是非ともおかげを頂く気になることが肝要」
という趣意のお話がありました。

これからも
おかげを是非とも!
という前傾姿勢で
神様にお縋りしながら、
御用にお使い頂きたいと思いました。


本日も読んで頂き、
有難うございました。
関連記事
0 CommentsPosted in 信心
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
ご訪問ありがとうございます
LOGIN
ランキングに参加しています
応援 よろしくお願いします
プロフィール

fonwaka2

Author:fonwaka2



ご訪問ありがとうございます

わたしは
金光教の教会に生まれ育ちました
現在は
生まれた教会を継いで
教会長として御用しています

会社員の夫と
3人のこどもたちに恵まれ
賑やかな日々を送りつつ
信心の稽古に励んでいます

このブログは
一枚のフォトと共に
主にわたしの過去と現在の
信仰生活について
綴っています。

自分自身の為に
わたしの有り様を見つめる為に
綴る日誌です。

さらに
ブログを読んで下さってる
皆さんの御心が
少しでも癒され
和んでいただけるような
ブログになることを
願いつつ綴るものです。

わたしにとっても
皆様にとっても
幸せって何だろう?
生きるってどういうことだろう?
日々の忙しさの中で
ついおざなりになっていることを
ひとつひとつ拾いあげ
改めて考え気づく場であってほしいと
願っています。


これまで
読んでくださっている方々も
これから
読んでくださろうとしておられる方も
信仰をお持ちの方も
そうでない方も
ここで出会ったのも
何かの御縁
末永く
よろしく御願いします^^  


忌憚なくご意見やご感想をお聞かせ
下されば幸いに存じます


旧ブログ築七〇年教会の住人
よろしかったら覗いてみてください

神様と二人三脚 Facebookページ
当ブログのFacebookページに 更新情報とフォトエピソード他をのせています。 ぜひ「いいね!」してくださいませ。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フォローお願いします

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。