うしろだてを頂いて | 神様と二人三脚 

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うしろだてを頂いて

03 28, 2012


今日は、
親教会に月参りさせて
頂きました。

春休みに入った
こどもたちも一緒に
おかげを頂きました。

実は、去る25日は、
親教会の報徳祭と、
先代の親奥様の式年祭に
参列の御用を
させて頂く予定に
していましたが、
その3日前から
体調を崩してしまい、
結局当日の朝になって
不参の連絡を入れさせて
頂きました。
本当に残念で申し訳ないこと
でした。


今日は体調が戻り、
こどもたちと外へ出る
自信が出てきたので
お参りさせて頂き、
親先生に先日の非礼を
お詫び申し上げました。

開教95年の記念祭まで
あと約1ヶ月に迫る中、
体調が不安定で
具体的な準備が
なかなか捗らず
気ばかりが焦ります。

神様にも人様にも
御霊様にも喜んで頂ける
形も心も整った祭典を
仕えさせて頂きたいと
切に願っています。

親先生から
式年祭の偲び草を
頂きました。
在籍の信者さんがたで
手造りされたアームカバーです。

わたしは、先代の親奥様とは
御霊舍のご遺影でしか
お会いしたことはないですが、
いつも御霊前を拝するたびに
「よう参られた」と
喜んで迎えて下さってる気がします。

明日からは
早速このアームカバーを
使わせて頂き、
神様と御霊様の後ろだてを頂いているということを忘れずに
準備を進めていこう思います。


本日も読んで頂き、
ありがとうございました。
関連記事
2 CommentsPosted in 信心
-2 Comments
By yoko03 29, 2012 - URL [ edit ]

前回のコメントしてから半年も経っていてやはり月日の流れの速さには茫然自失です(笑)

ブログ読ませていただいていますよ~^^
読んでいるとfonwakaちゃんの思いをひしひしと感じます。
昔のお話を読んだりすると
む?あの頃の事かしら?
とか古い記憶を呼び覚まされたりもします。

何にせよ、fonwakaちゃんらしくいてくれるといいなぁと思います。

By fonwaka203 29, 2012 - URL [ edit ]

いつもブログを読んでくれてありがとう。
それから温かいコメント、嬉しいです。
そうですね。
わたしらしく、ありたいと思います。
つい、見栄や体裁を気にして
こうじゃないとダメだと思って
無理をし過ぎてしまいます。

でも、神様はそういうことを望んで
おられませんね。
身の丈にあうことを
わたしらしく、
真心こめてさせていただけば良いのだな〜と
思います。(^^)

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
ご訪問ありがとうございます
LOGIN
ランキングに参加しています
応援 よろしくお願いします
プロフィール

fonwaka2

Author:fonwaka2



ご訪問ありがとうございます

わたしは
金光教の教会に生まれ育ちました
現在は
生まれた教会を継いで
教会長として御用しています

会社員の夫と
3人のこどもたちに恵まれ
賑やかな日々を送りつつ
信心の稽古に励んでいます

このブログは
一枚のフォトと共に
主にわたしの過去と現在の
信仰生活について
綴っています。

自分自身の為に
わたしの有り様を見つめる為に
綴る日誌です。

さらに
ブログを読んで下さってる
皆さんの御心が
少しでも癒され
和んでいただけるような
ブログになることを
願いつつ綴るものです。

わたしにとっても
皆様にとっても
幸せって何だろう?
生きるってどういうことだろう?
日々の忙しさの中で
ついおざなりになっていることを
ひとつひとつ拾いあげ
改めて考え気づく場であってほしいと
願っています。


これまで
読んでくださっている方々も
これから
読んでくださろうとしておられる方も
信仰をお持ちの方も
そうでない方も
ここで出会ったのも
何かの御縁
末永く
よろしく御願いします^^  


忌憚なくご意見やご感想をお聞かせ
下されば幸いに存じます


旧ブログ築七〇年教会の住人
よろしかったら覗いてみてください

神様と二人三脚 Facebookページ
当ブログのFacebookページに 更新情報とフォトエピソード他をのせています。 ぜひ「いいね!」してくださいませ。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フォローお願いします

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。