夫婦喧嘩で見えてきたわたしの姿 | 神様と二人三脚 

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫婦喧嘩で見えてきたわたしの姿

03 09, 2012


昨日は、主人と久々に
喧嘩になりました。

喧嘩が出来るということは、
一面で有難い事だと思います。
その時は辛いですが、
そこに何かしら気づきが生まれ、
省みる心が生まれ、改まりが
生まれれば、喧嘩もおかげに
変えさせて頂けるものです。

少し前の自分ですと、
喧嘩になるのが嫌でしたし、
言ってもどうせ
こう言われてしまうから
やっぱり言うのはやめとこう(-。-;
といった具合いで自分の心を押し隠していましたから。
とても苦しかったです。

うつ病になってからは
そういう我慢はやめて、
自分の正直な気持ちを
表に出すことを心がけています。


昨日は主人に
次男を4月から幼稚園に通わせたい(4年保育)ということを相談しました。
本来ならあともう1年待って、
来年春から入園の予定にしてました。

5月で満3歳を迎える次男は、
体格が良く、上の二人と比べるとかなり活発(というか、やや多動気味?)で、今の年少クラスのこと遊んでも違和感ないくらいです。

しかし主人は、まだ早いと言います。わたしも本来ならそう思います。でもわたしの思いの中で、育児からそろそろ少し手を放れて、教会の御用をもっときちんとしたいという思いがありました。
記念祭も近いし、その準備も進めていく中でわたしは焦っていました。

主人と喧嘩しながら
色々話して、
気がつきました。
そして反省しました。

結局主人は、
幼稚園に通わせることを了解してくれましたが、
今は、
主人の言うとおり
1年待とうとわたしの思いが変わりつつあります。


主人はわたしにこう言いました。
「こどもを邪魔者扱いするな、教会の犠牲にするな」と。
わたしにそんなつもりは毛頭
ありませんでしたが、
なるほど、結果的に
わたしが考えていたのは、
それと同じことだったなあと
気づきました。

続けて主人は、
「御用や祭典の準備は出来る範囲でやればいいじゃないか、信心のことは分からないけど、結局肝心なのは形や体裁じゃない、気持ちやろ?一生懸命に本気でやれたとこまでやれればそれでいい。他所の真似して無理せんでいい。」

はい、その通りです。
まったくもってそのまんまで
ございます。
ご指摘有難うございます(-。-;
という感じでぐうの音も出ないわたしでした。

わたしの頭の中にはいつも
主人に対して「主人は信心がないから教会のことや教会長のわたしの苦労や気持ちは分かってもらえない」という思いがあります。

でもそういうわたしの
心得違いこそが
わたしの中に迷いを生み、
焦りを生んでいたのです。

そして、気がつけばまたわたしは
神様から逃げようとしていました。

神様に何事もお礼申し、お断り申し、お願いもうしながら真心でさせて頂けていればどんな形であろうとおかげにして頂ける。
ここのところをいつのまにか忘れています。
心せねばなりません。

今日主人が帰ってきたら
改めて相談しようと思います。


本日も読んで頂き、有難うございました。
関連記事
2 CommentsPosted in 信心
-2 Comments
By やぎ03 10, 2012 - URL [ edit ]

先生の教会の御用や祭典の準備をしたい気持ち、先生の身体のこと、きちんと考えてくださってるからこそ、そういう厳しいお言葉を言われたんでしょうね。教会のこと、とても大変だと思いますが、ご家族や神様に守られて、とても幸せですね。
肝心なのは形や体裁じゃない、気持ち。
とても心に響きました。私も形だけでなく気持ちで信心をしていきたいです。

By fonwaka203 10, 2012 - URL [ edit ]

2月の本部参拝の折、お結界で金光様のお手代わりの先生から頂いたお言葉を早くも忘れていました。様々なことに恵まれているということはそこに悩みも葛藤も生まれるのですが、つい、そちらばかりに気持ちが行き、恵まれているということに御礼申すことを抜かしてしまいます。恵まれていることを喜び、その中で真心を込めて最善を尽くさせて頂くことが大切なのですが、気がつけば不平不満不足の中に心を置いてしまっているわたしです。とにかく、今は現状を喜ぶことを第一に大切にし、その中で出来ることをしっかりさせて頂く覚悟を改めてさせて頂けてよかったと思います。それから、主人が言うように気持ちがどうあるかが第一に大切だと思います。でもその気持ちを形に現すということもとても大切です。神様に信心を生活の上にどう現すか、祭典にどう現すか?どう御用に使って頂ければ喜んでいただけるかを求めていくことも抜きにしてはならないと思うのです。ただそれはその人さその人の真心にそうもので、こうせねばならんというものではないんだということを主人を通して神様に教えて頂いたと思います

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
ご訪問ありがとうございます
LOGIN
ランキングに参加しています
応援 よろしくお願いします
プロフィール

fonwaka2

Author:fonwaka2



ご訪問ありがとうございます

わたしは
金光教の教会に生まれ育ちました
現在は
生まれた教会を継いで
教会長として御用しています

会社員の夫と
3人のこどもたちに恵まれ
賑やかな日々を送りつつ
信心の稽古に励んでいます

このブログは
一枚のフォトと共に
主にわたしの過去と現在の
信仰生活について
綴っています。

自分自身の為に
わたしの有り様を見つめる為に
綴る日誌です。

さらに
ブログを読んで下さってる
皆さんの御心が
少しでも癒され
和んでいただけるような
ブログになることを
願いつつ綴るものです。

わたしにとっても
皆様にとっても
幸せって何だろう?
生きるってどういうことだろう?
日々の忙しさの中で
ついおざなりになっていることを
ひとつひとつ拾いあげ
改めて考え気づく場であってほしいと
願っています。


これまで
読んでくださっている方々も
これから
読んでくださろうとしておられる方も
信仰をお持ちの方も
そうでない方も
ここで出会ったのも
何かの御縁
末永く
よろしく御願いします^^  


忌憚なくご意見やご感想をお聞かせ
下されば幸いに存じます


旧ブログ築七〇年教会の住人
よろしかったら覗いてみてください

神様と二人三脚 Facebookページ
当ブログのFacebookページに 更新情報とフォトエピソード他をのせています。 ぜひ「いいね!」してくださいませ。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フォローお願いします

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。