神様と二人三脚 

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失敗で浮かび上がる己の姿

09 21, 2011
今日は、あることで
失敗をしてしまいました。

落ち込みました。
ドキドキしました。
どうしようー!とうろたえました。
それで
「金光様金光様」とひたすら
お唱えしてたら、
少し冷静になり、
その失敗をどうフォローするか考え、
少し怖かったけど
お願いしながら実行させて頂くことが
出来ました。

以前のわたしなら、
今日のような失敗をしたら
1日寝込む勢いで落ち込み、
それを引きずってしまって
生活に支障を来していました。

でも今日は、あまり落ち込まずに
済むおかげを頂きました。

以前にも
同じような失敗をしました。

きちんと改まることが
出来ていないから
再び同じようなことが
起こってしまいます。

今度こそ真に改まらせて頂きたいと
思い、どうすれば同じ失敗を
せずにすむかを考えました。

考えていくと、

「ま、これくらいで大丈夫だろう
」というふうに
何事も適当にやってしまっている

己の姿が見えてきました。

是非とも
ここのところを改まらせて
頂きたいと思いましたし、
そう思ったこと自体を忘れないように
しなくては、と思います。

神様は
私のために教えて下さろうとして
失敗させて見せて下さる。

落ち込んでる暇はありませんね。

神様、ありがとうございます(^-^)



本日も読んで頂き、ありがとうございました。
2 CommentsPosted in 信心

目に見えないところ

09 19, 2011
今日は、
秋季霊祭を仕えさせて頂きました。

言葉ではうまく表現出来ないのですが、
神様、そして御霊神様方が
わたしなりの真心を
受け取って下さったと
実感させて頂けた祭典でした。

わたしは
ずっと御祭事が嫌いでした。

父がお国替えしてから、13年。

体の不自由な先代に代わって
祭主の御用をさせて
頂いてきましたが、
苦痛でたまりませんでした。

それが今日は、ありがたくて仕方がない
という気持ち一杯で仕えさせて頂くことが出来ました。

金光四神様のみ教えに
「信心いたしましたら目に見えないところを大切にしなければなりません。目に見えるところばかりを大切して、目に見えないところを粗末にしております。」
とありますが、

形ばかりに捕らわれて
あるいは、体裁を整えることばかりに
気をとられて

目には見えない
神様、御霊様の御心、お働きを
粗末にしていたわたしだったなあ
と改めて振り返って
気づかされました。

本日も読んで頂き、ありがとうございました。
2 CommentsPosted in 信心

独りの御用

09 17, 2011
今日は、お広前の洒掃のおかげを
頂きました。

明後日、秋季霊祭を仕えさせて
頂きます。

以前のわたしは、
祭典準備の御用がつらくて
仕方ありませんでした。

わたしが幼い頃は、
祭典前日となると
信者さん方が沢山おられて
賑やかに
御用されていました。

それに比べて今はわたし一人。
昔と比べて寂しくなったなあ
そんなこと考えながら、
せにゃならんというような
心持ちで嫌々御用しておりました。

たのしくも有り難くもない御用。
でもわたしがしなかったら
誰もする人はいませんから
仕方なくする。

でもひとりで完璧には、無理なので
「まあ、これくらいにしておこう」
というような御用。

それが、今ではだんだん
本当に少しずつですが、
「有り難いなあ」
と思えるように
なってまいりました。

以前、親教会に月参拝した折、
親先生がお話下さったのですが、
ある教会に所用があって
お参りしたとき、
ご高齢の教会長先生(女性)が
御神前で独り、脚立にのって
月例祭前日の洒掃の御用をされていた。
そのお姿がとても有り難かった。

わたしは、そのお話を聞いて
ハッとさせられたのです。

それから、
そのご高齢の教会長先生の
独りの御用というものを
求めさせて頂きたいと
思うようになりました。

今日は、
雑巾を洗った後の
バケツの汚水を見ながら
とても有り難い気持ちに
ならせて頂きました。
そして、とても
洒掃の御用がたのしく感じられました。

わたしは、
どこの教会にも修行に
入るということもなく、
ご本部の研修や信行会にも
お引き寄せが叶わず、
ご本部どころか、
親教会にも月参りも出来ない時が
あるような始末。

まともに御用も出来ず、
信者さんにも辛抱させて、
本当に役立たずだなあと
痛感し、自信喪失な日々を
送っていました。

でも、今こんなわたしでも
神様はお使い下さり、
直々に修行させて下さる。


人に向かう心を
神様が誘導して下さる。
そういうことを
独りで御用させて頂く中に
分からされてきました。

明日も
たのしくありがたく
御用させて頂きたいです。



本日も読んで頂き、ありがとうございました。
2 CommentsPosted in 信心

新しき今日と新しきわたしのいのち

09 16, 2011
今日も新しい日を頂きました。

最近は、
毎朝、神様に御礼を申すことから
始める稽古をさせて頂いています。

「今日も新しいお命を頂きありがとうございます。
着させて頂き、食させて頂き、住まわせて頂き、ありがとうございます。
家族を頂き、それぞれに健康とお役目を頂き、ありがとうございます。」

まだまだ御礼としては、足りませんが、
起きたらすぐこれだけは御礼を申す稽古をしています。

三代金光様のお言葉
「日々がさら」

去年、水害に遭ったり
あの東日本大震災が起こったり
して思わせられる中に
三代金光様のこのお言葉が
身に迫って
感じられるようになりました。

信心しておるつもりでいたけど、
信心になってなかった
これまでのわたしです。

出来ておるように思っていたけど、
実際は成ってなかった日々の御礼。

昨日ご飯を食べたからと言って、
今日食べない訳にはいかないように、
日々の御礼も、
昨日言ったから
今日は言わなくてよいというものでは
ないのですね。
言わずにおれないものです。

毎日毎日、神様のお恵みあってありえる
今日のわたしのいのちだからです。

その御礼のこころを一日中
忘れずにはたらくこと

今わたしが誠に改まる稽古をさせて頂く上で一番大切に思われることです。



本日も読んで頂き、ありがとうございました。
0 CommentsPosted in 信心

豆アジの話

09 14, 2011


今日は、平日ですが、
主人の仕事はお休みでした。
それで
主人と主人の両親で
釣りに出掛けて行きました。

豊漁でありますように(*^▽^*)
と神様にお願いしながら
送り出しましたところ、
なんと、
三人で483匹の豆アジを
お持ち帰りです。(^^;)どんだけ…

下処理は、義母と一緒に
「漁師の奥さんは大変だよねー」
なんて談笑しながら
済ませました。

100匹ほどは、義母が持ち帰り、
残り382匹…(・_・、)
これ、どうすんだ?

考えて途方に暮れる時間が
勿体ないので、
ひたすら揚げました。

晩御飯は、ひたすら
揚げたての豆アジ。と
野菜の千切りサラダ。(笑)


頂ききれなかった残りを南蛮漬けにする
つもりで、ひたすら揚げ続けました。

夕方の5時前に揚げ始めて
揚げ終わったのは、午後8時を
まわっておりました。(x_x)

主人もこどもたちも
もう食べられない~と
いうことで、テレビみながら
うたた寝状態。

ふと主人が目を覚まし、
まだ揚げ続けているわたしに
「まだしよるんか?はよせーや」的な
ことを言いました。

(-_-メ)な、なんですと??!
心の中でキレました。

「釣って食べてってオイシイコトだけ満喫して、その上
早よしろってどおいうこと?!
こうなったらもう釣りは禁止だ(-_-#)、
どうしてもっていうなら100匹までだあ!」
などということを心で叫びつつ、
ギトギトになった
台所の床を雑巾でゴシゴシしてました。

いつもなら、
口では、負けるのは分かっているので
行動で感情を出てしまい、
それでまた
主人がキレたりするのですが、

何はともあれ、これも修行(笑)

そこは、グッと抑えて
「金光様、金光様」(-.-)
聞き流そう聞き流そうと葛藤してました。

すると長女が
「おっきいお皿に山盛り4杯も
揚げてあるよ。今度釣りに行ったら
100匹ぐらいにしておきーね」
と主人に言ったのです。

その一言で
わたしの怒りがスッと消えました。

神様が働いて下さったんだなあと
思いました。
あ、神様がわたしの小さい小さい辛抱をちゃんと受け取って下さったからだと思いました。

その後
主人が「胸焼けがする」と
苦しそうに言いました。

主人は主人なりに
わたしが一生懸命揚げた豆アジを
一生懸命頂いて下さったんだと
思ったら、
申し訳ないやら、有り難いやら(^^;)

鈍なわたしだけど鈍なり
明日からもまた
一生懸命に務めよう
そう思いました。


本日も読んで頂き、ありがとうございました。
0 CommentsPosted in 生活
ご訪問ありがとうございます
LOGIN
ランキングに参加しています
応援 よろしくお願いします
プロフィール

fonwaka2

Author:fonwaka2



ご訪問ありがとうございます

わたしは
金光教の教会に生まれ育ちました
現在は
生まれた教会を継いで
教会長として御用しています

会社員の夫と
3人のこどもたちに恵まれ
賑やかな日々を送りつつ
信心の稽古に励んでいます

このブログは
一枚のフォトと共に
主にわたしの過去と現在の
信仰生活について
綴っています。

自分自身の為に
わたしの有り様を見つめる為に
綴る日誌です。

さらに
ブログを読んで下さってる
皆さんの御心が
少しでも癒され
和んでいただけるような
ブログになることを
願いつつ綴るものです。

わたしにとっても
皆様にとっても
幸せって何だろう?
生きるってどういうことだろう?
日々の忙しさの中で
ついおざなりになっていることを
ひとつひとつ拾いあげ
改めて考え気づく場であってほしいと
願っています。


これまで
読んでくださっている方々も
これから
読んでくださろうとしておられる方も
信仰をお持ちの方も
そうでない方も
ここで出会ったのも
何かの御縁
末永く
よろしく御願いします^^  


忌憚なくご意見やご感想をお聞かせ
下されば幸いに存じます


旧ブログ築七〇年教会の住人
よろしかったら覗いてみてください

神様と二人三脚 Facebookページ
当ブログのFacebookページに 更新情報とフォトエピソード他をのせています。 ぜひ「いいね!」してくださいませ。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フォローお願いします

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。