幸いとは | 神様と二人三脚 

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸いとは

12 05, 2015



数年前の朝の連続テレビ小説で「ちりとてちん」というドラマを観てから
わたしは
にわか上方落語ファンになり
時々YouTubeなどで落語を楽しんでいました

なかでも今年お亡くなりになられた
人間国宝の桂米朝さんの落語は
とても聴きやすく好んで楽しんでおりました

最近は
その米朝さんのお弟子さんで
今は故人となっている
桂枝雀さんの落語にはまり
聴き漁ってたところ
「山のあなた」という落語に偶然出会いました

この落語は枝雀さんの創作落語なのですが
一風変わった落語でした


あらすじを簡単に言うと。。。

都会の喧騒から少し離れて山登りをした男が立ち寄った峠の茶屋で
その店を営む老婆に出会います

山の非日常的にな風景に癒されつつ男が
「山のあなたの空遠く 幸い住むと人の言う」というが
こういったところに「幸い」があるんだろうなと言うと
老婆は「幸い」をわたしはつかまえたことがあるという
そんな話から男は
しばし老婆の身の上話に耳を傾ける

老婆はとても不幸な生い立ちで
なかなか報われない人生を儚んで
自殺しようとこの山の池に入水しようとしたときに
ある老人に呼び止められる
そして
「幸い」をつかませてやるというその老人に
言われるままついていくと
確かにそこに「幸い」がいたという

老婆はその「幸い」を必死になってつかまえようとするが
なかなか捕つかまえられない

すると老人が
「幸いは無理につかまえようとしても消えてしまう。抱っかまえるような抱っかまえんようなところで抱っかまえるんだよ」とコツを教えてくれた

そしてその後に
とうとう「幸い」をつかまえることが出来たという老婆

それで
男が捕まえた時にどんな気持ちだったかを尋ねると。。。。?




という
とても大雑把に説明するとこういうあらすじです

正直言うと
この落語、わたしは泣きました
普通は笑うんでしょうけど(笑)
この落語には泣かされました

特にこの老婆が幸いをつかまえたときの
気持ち

実はわたしにも覚えがありました

このブログにも書いたことがありますが
以前うつ病の最中に
自殺しようとして踏みとどまった時の心境が
そのまま語られているようでした

それはこんな内容でした

 「空にはお天道さまおられますですね。それで山も生きとられます。樹も生きとられます。鳥たちも生きとられます。虫たちも生きとられます。私も生きとるのですっちゅうことですね。それで、ありがたいことじゃなあというようなことですかね。」


わたしもあのとき不幸のどん底にいたと思っていたけど
実は
「幸い」をつかませてもらったのかもしれない
改めてそう思いました



さて
桂枝雀さんは59歳で自殺されました
重度のうつ病を患っていたそうです

高座にあがるのがが恐くて
必死にねたくり(落語の稽古)をしていたという
枝雀さん

この「山のあなた」という創作落語
枝雀さんの苦悩の末に生まれたものかも
しれません

もし生きておられたら師匠を超える名落語家に
なられたに違いないと思います



もし良かったら皆さんも
「山のあなた」楽しんでみて下さい
サゲも素敵なんですよ(^^)



本日も読んで頂き
有難うございました




関連記事
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
ご訪問ありがとうございます
LOGIN
ランキングに参加しています
応援 よろしくお願いします
プロフィール

fonwaka2

Author:fonwaka2



ご訪問ありがとうございます

わたしは
金光教の教会に生まれ育ちました
現在は
生まれた教会を継いで
教会長として御用しています

会社員の夫と
3人のこどもたちに恵まれ
賑やかな日々を送りつつ
信心の稽古に励んでいます

このブログは
一枚のフォトと共に
主にわたしの過去と現在の
信仰生活について
綴っています。

自分自身の為に
わたしの有り様を見つめる為に
綴る日誌です。

さらに
ブログを読んで下さってる
皆さんの御心が
少しでも癒され
和んでいただけるような
ブログになることを
願いつつ綴るものです。

わたしにとっても
皆様にとっても
幸せって何だろう?
生きるってどういうことだろう?
日々の忙しさの中で
ついおざなりになっていることを
ひとつひとつ拾いあげ
改めて考え気づく場であってほしいと
願っています。


これまで
読んでくださっている方々も
これから
読んでくださろうとしておられる方も
信仰をお持ちの方も
そうでない方も
ここで出会ったのも
何かの御縁
末永く
よろしく御願いします^^  


忌憚なくご意見やご感想をお聞かせ
下されば幸いに存じます


旧ブログ築七〇年教会の住人
よろしかったら覗いてみてください

神様と二人三脚 Facebookページ
当ブログのFacebookページに 更新情報とフォトエピソード他をのせています。 ぜひ「いいね!」してくださいませ。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フォローお願いします

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。