神様と二人三脚 

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親神様からしてみれば。。。

11 19, 2015




昨夜のこと
長女と長男が珍しく喧嘩をしました

いつもは上二人はとても仲が良いです
それは末っ子の次男がいるからです
上二人は小学生なので
幼稚園の弟は甘やかされていると感じるらしく
次男はズルいズルいと責め立てられる
とまあ
これがいつもの構図です

ところが昨日は
早々と寝てしまった次男の横で
上二人は口喧嘩を始めました

何が原因か分かりませんが
30分くらいは
あーだこーだと言ってました

明日になれば
忘れて仲直りするだろうと
思っていましたが
今朝もなんだか細かいことに
燻り続けながら別々に登校していきました(^^;

こういう時、わたしはあまり介入せず
放っておくことが多いです
もちろん早く仲直りして欲しいと思います
でも対外わたしが口を挟むと
ややこしい話に展開するので
様子を見てるしかないのです

喧嘩の様子を見てると
親としてはなんとも切ないものです
喧嘩が激しいほどに
心が引き裂かれるように痛い

喧嘩の最中、
どちらかがわたしのところへやって来て
自分の正当性を訴えて来るときがあります
するともう片方も負けじとやって来て
自分の主張をします。

どちらの話も
それぞれの立場からすれば
ごもっともな主張です

そして最近はこどもたちも
成長して頭も良くなり
その正当性に自分なりの
理屈をつけて相手を責めるように
なりました
責めれば責めるほど
意地の張り合いに展開していきます

こうなると
最初のきっかけは薄れていき
自分の主張がいかに正しいか
理屈の上にさらに理屈を重ねて
いきます。
時にはわたしが昔
こどもたちに教えるために言った言葉を
持ち出して
自分の正当性のために
相手を責めるために
使います

いやいや、
そういうことで言ったんじゃないしね(^^;



そう思いを巡らしつつ
親としては
ただただ祈るのみです
早く仲直りしてくださいと。。
そういうときは
神様に祈るというよりも
こどもたちの心に向かって祈ってる気がします


戦後70年の節目の年もあと1ヶ月と少しとなった先日
パリで同時多発テロが起こりました


わたしたち人間の親である神様は
この顛末を
どのような心持ちで見守っておられるでしょう?

どちらが勝っても負けても
親神様は悲しんでおられるに違いありません

さて昨夜
勃発した我が家の兄弟喧嘩は
夕方には仲直り出来たようです

でもきっとまた喧嘩するでしょうね(^^;

本人たちが喧嘩するたび
「お互い」に気づき
「お互い」に内省し
「お互い」に改まる
というふうに成長してくれたらと願います

でもなかなかね。。。
親には「待つ」という辛抱しかないのでしょうか

テロにしても戦争にしても。。。

自分たちが正義で悪しき相手を退治する
たとえそれで決着がつき
勝ち組が負け組を支配しても

それは真の平和ではないのです
親神様からしてみれば。。。。

人もわが身もみな人


太古の昔から繰り返されてきた
国、民族、宗教の争いごと
親神様の辛抱ははかり知れません


本日も読んで頂き
有難うございました
スポンサーサイト
0 CommentsPosted in 平和

渋柿

11 10, 2015



前回は長男の入院中でしたが
その後無事に退院させていただき
また、教会の大祭も滞ることなく
仕えさせて頂くことが出来ました


昨日は関係教会の大祭参列御用で
早朝から出掛けました

いつものように主人の母に前日から
教会に来て頂きこどもたちのことを
お願いしてのことです

関係教会のHD教会へ到着すると
A先生がおられました
HD教会の隣接の教会長先生で
ここでしかお会いすることが
ないのです

祭典後の暫しの間A先生と
お話をさせて頂くことを
わたしはいつも楽しみにしています

今回も色々お話を聞かせて下さいましたが
成り行きで
夫婦の話になりました。

A先生が
「そういえば家内が、Wちゃん(わたしのこと)は旦那さんにお礼申さないといけんと、言うてたよ」
と言われるので

「そうですねー!本当にそうです!頭では分かってるんですけど、なんだか素直に御礼が言えません!(笑)信心してくれたらいいのにとつい思ってしまうんですよ(苦笑)」
と言うと

「渋柿の渋はそのまま甘味かな」っていう歌があるからねと仰いました

渋柿は渋いがいよいよ熟すと甘柿よりも甘くなる

人もみんな我情我欲という渋をそれぞれに持っている。信心辛抱させて頂くことでそれが美味しい甘味になる。渋がなければ甘くなりようがない
そんなお話でした。

そして
A先生曰く
「わしも家内に辛抱かけた、そういう自分に(信心の末に)ようやく気がつかされた」というようなことを仰いましたので

「わたしも間違いなく主人に辛抱かけてるんです。とうに夫婦の縁を切られて出ていかれても仕方ないと思うのですが、子は鎹だからでしょう、これまで主人が教会から出ていくことはなかったです。それが有り難いと思います」

というと
「そうじゃなあ、そこに気がつけることがおかげしゃなあ」
「わしもあんたももともと教会育ちじゃから、連れ合いがどれだけ辛抱しとるかが見えないからなあ」と仰いました

するとそれを聞いていたHD教会長の奥様が
「わたしも教会には住みたくなかったわー(苦笑)」とため息交じりで仰いました。
ちなみに奥様は一般の家庭からHD教会にお嫁さんに来られた方です
いつも教会長先生を献身的に支えておられる奥様ですから
その一言はわたしにとってとても衝撃でした。。。

わたしは
主人に辛抱かけているということは分かってるつもりでしたが
「分かったつもり」になってるだけで
実際の主人の心を
「分かりようがない」わたしなんだなと
思いました
自分の中の渋のひとつを見つけた気持ちになりました

A先生とのお話は尽きませんが
お広前では親先生が教話されていますので
お広前に出ると

「今天地の開ける音を聞いて目を覚ませ」というみ教えのお話をされているところでした。

すでに神様のおかげの中に生かされて生きているということ

何度となく同じ話を聞いたのですが
また新しい感慨をもって
胸に迫ってきました


本日も読んで頂き
有難うございました
0 CommentsPosted in 信心
ご訪問ありがとうございます
LOGIN
ランキングに参加しています
応援 よろしくお願いします
プロフィール

fonwaka2

Author:fonwaka2



ご訪問ありがとうございます

わたしは
金光教の教会に生まれ育ちました
現在は
生まれた教会を継いで
教会長として御用しています

会社員の夫と
3人のこどもたちに恵まれ
賑やかな日々を送りつつ
信心の稽古に励んでいます

このブログは
一枚のフォトと共に
主にわたしの過去と現在の
信仰生活について
綴っています。

自分自身の為に
わたしの有り様を見つめる為に
綴る日誌です。

さらに
ブログを読んで下さってる
皆さんの御心が
少しでも癒され
和んでいただけるような
ブログになることを
願いつつ綴るものです。

わたしにとっても
皆様にとっても
幸せって何だろう?
生きるってどういうことだろう?
日々の忙しさの中で
ついおざなりになっていることを
ひとつひとつ拾いあげ
改めて考え気づく場であってほしいと
願っています。


これまで
読んでくださっている方々も
これから
読んでくださろうとしておられる方も
信仰をお持ちの方も
そうでない方も
ここで出会ったのも
何かの御縁
末永く
よろしく御願いします^^  


忌憚なくご意見やご感想をお聞かせ
下されば幸いに存じます


旧ブログ築七〇年教会の住人
よろしかったら覗いてみてください

神様と二人三脚 Facebookページ
当ブログのFacebookページに 更新情報とフォトエピソード他をのせています。 ぜひ「いいね!」してくださいませ。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フォローお願いします

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。