神様と二人三脚 

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なーーーんか違う

03 27, 2015





少し更新が途絶えてしまいましたが
元気です(^-^)

3月は正に「去る」如くでした

気がつけばもう3月も下旬で
こどもたちは今日から春休み
油断してると
あっという間に新学期になりそうです(^^;

さてわたしは
来月5日には
御本部の天地金乃神大祭での
箏の御奉仕が決まっており
それに向けての稽古をはじめています(おそ(^^;)

典楽には
吉備楽と中正楽があるのですが
わたしは中正楽が
とってもとっても苦手です

幼いころからさせて頂いてたのは
吉備楽のほうで
箏での中正楽の経験は皆無です
とはいえ
学院の一年間で笙をお稽古させて
頂きましたので全く知らないという
わけでもないですが
笙に比べて
箏はなかなかタイミングを掴みづらく
わたしは呼吸をはかることが
とってもとっても苦手です

先月参加させて頂いた本部練習会でもついていくのが必死(^^;
そのときはつくづく
もっと経験を積まねばと
思わされましたが
実際
そのような機会に恵まれる環境ではなく
とりあえず今はCD相手のお稽古の日々です

そんな中でもっとこの中正楽を極めたい
という思いがあり色々調べていくうちに
中正楽のもととなる
雅楽へたどり着きました

そして雅楽を聴きかじり調べあげるこの頃(オイオイ、稽古はどうした?!笑)

そこで面白いなあと思ったのが
「音律」についてのこと


音律というのは

「音階(例えばドレミ)を構成する
それぞれの音程(音の間隔)関係を定める約束事」
のことです

わたしたちが日頃慣れ親しんでいる
ドレミの音律は
大概「平均律」という音律で構成されているものです
例えばまず幼少の頃わたしたちは
ピアニカを習ったと思いますが
これは平均律で調律されてあるのです。

この平均律は1オクターブの間の
12音(ドレミ)の間隔が一定です。

これは鍵盤楽器で色々な曲の表現を
実現するため便宜的に考えられた音律です


でも雅楽の音律は
それとは違う「雅楽律」
という音律なのです。

平均律と違って12音の間隔は微妙に異なります

雅楽律は元となる音に対して
ある法則に則り
相対的に音が
決められていったのです。

分かりやすく?説明すると

平均律は段差の等しい階段
雅楽律は微妙に段差が違う階段


この音律の違いについて語りだすと
長く難しくなるのでここでは省きますが
要はその音律が練りだされる過程や理由が違います

ほかにも有名なところで
バイオリンの調律で用いられる純正律や
グレゴリオ聖歌のピタゴラス律などあります

雅楽律に一番近いのはピタゴラス律だそうです

この音律の違いは
「分かる人には分かる、分からない人には分からない」という
微妙な感じの違いなのですが
その音楽を的確に表現するのには
この微妙な感じの違いがとても大切だ
なあと思うのです

例えばこの動画
ショパンの革命という曲ですが
ピタゴラス律で調律してあるようです
なーーーんか感じが違いませんか?

https://youtu.be/DcgAB7oVGmc




音律のことを知って
これは人の生き方でも同じことが言えるなあと思いました。

信心に基づく行動
道徳心に基づく行動
自分中心の欲に基づく行動

それら同じ行いのように見えることでも
なーーーんか違ってくる

似て異なるものなんだなあ
と思います

教祖様のみ教えにこうありました

「昔から、あの人は正直者じゃ、
神仏のような人じゃという者でも、
だんだん不幸なことが重なって、
世間では、どういうものであろう
というようなことがあろうが。
なにほど、人に悪いことをせぬ正直者でも、
人がよいのと神に信心しておかげを受けるのとは
別ものぞ。」

音楽にしても
生き方にしても
どこに基づくか

わたしは信心という律で
生活を奏でておれているだろうか?
実は別物になっていないだろうか?

時にはちゃんと調律して確かめる
またその違いに気がつける
感性を養う稽古が大切なんだなあと
気づかされました


さてさて
そんなことより
楽の稽古稽古(笑)
もうあまり日にちがありません(^^;

本日も読んで頂き
有難うございました

スポンサーサイト
0 CommentsPosted in 信心
ご訪問ありがとうございます
LOGIN
ランキングに参加しています
応援 よろしくお願いします
プロフィール

fonwaka2

Author:fonwaka2



ご訪問ありがとうございます

わたしは
金光教の教会に生まれ育ちました
現在は
生まれた教会を継いで
教会長として御用しています

会社員の夫と
3人のこどもたちに恵まれ
賑やかな日々を送りつつ
信心の稽古に励んでいます

このブログは
一枚のフォトと共に
主にわたしの過去と現在の
信仰生活について
綴っています。

自分自身の為に
わたしの有り様を見つめる為に
綴る日誌です。

さらに
ブログを読んで下さってる
皆さんの御心が
少しでも癒され
和んでいただけるような
ブログになることを
願いつつ綴るものです。

わたしにとっても
皆様にとっても
幸せって何だろう?
生きるってどういうことだろう?
日々の忙しさの中で
ついおざなりになっていることを
ひとつひとつ拾いあげ
改めて考え気づく場であってほしいと
願っています。


これまで
読んでくださっている方々も
これから
読んでくださろうとしておられる方も
信仰をお持ちの方も
そうでない方も
ここで出会ったのも
何かの御縁
末永く
よろしく御願いします^^  


忌憚なくご意見やご感想をお聞かせ
下されば幸いに存じます


旧ブログ築七〇年教会の住人
よろしかったら覗いてみてください

神様と二人三脚 Facebookページ
当ブログのFacebookページに 更新情報とフォトエピソード他をのせています。 ぜひ「いいね!」してくださいませ。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フォローお願いします

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。