神様と二人三脚 

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シベリア抑留って何?

01 08, 2015


このブログでは
わたしの生活や信仰の話を
中心にアップしておりますが
平和についてのカテゴリーをもうけて
記事をいくつか書いております
しかし
もうかれこれ一年半近く
更新していませんでした(^。^;)


今年は終戦から70年という
節目の年ですので
平和について
わたしなりに求め
このカテゴリーもなるべく多く
更新出来たらいいなあと
願っています


太平洋戦争と言えば
広島・長崎の原爆投下
東京大空襲をはじめ各地の空襲
沖縄戦
硫黄島の戦い
特攻隊
満州からの引き揚げの悲劇
中国残留日本人孤児などが
よく知られていると思います


わたしは
父がシベリア抑留経験者であることから
まずはこのシベリア抑留を知る
ということを中心に
戦争と平和を考えています




改めてシベリア抑留とは
何かということを
簡単に紹介します  


太平洋戦争末期の
昭和20年8月9日
旧ソ連(今のロシア)は
日ソ中立条約を一方的に破棄して

日本に対して宣戦布告し
満州国(現在の中国、当時日本の占領下)や北朝鮮、千島列島、樺太に侵攻しました

そして同月15日、ポツダム宣言を受け入れた日本は敗戦

日本の軍隊は武装解除され
海外に居留していた日本人の各地からの引き揚げが開始されるのですが
旧ソ連軍占領下(旧満州や北朝鮮、樺太や千島など)の
関東軍と民間人約60万人は
シベリアを中心とした旧ソ連占領下の
収容所(約2000箇所)に抑留され
冬は-30~40度にもなる酷寒の地で
強制労働させられました

主な労働は
炭坑の石炭掘り、木材伐採、線路工事、建築などなどです


それぞれに労働にはノルマを課せられ
まともな食事も与えられないばかりか
「働かざる者食うべからず」で
ノルマを達成出来なかったら
さらに食事を減らされるなどし
抑留者たちは飢えと寒さと
絶望の中で奴隷のごとく
ひどい扱いを受け続けました

さらに抑留者に対して
旧ソ連は
民主化運動を進めました
(共産主義への思想改造)

抑留期間は短い人で1年
長い人は十数年に及びました

ちなみに父は約3年の抑留生活を
余儀なくされました

この抑留期間に命を落とし
帰還出来なかった人は約5万5千人
と言われています

しかしその大半は未だに凍土の下に
眠っています

70年前に終わったと言われる戦争ですが
実はまだ「終わっていない」のです





本日も読んで頂き
有り難うございました
スポンサーサイト
0 CommentsPosted in 平和

今月今日

01 01, 2015



新年明けましておめでとうございます

またまたご無沙汰している間に
年が明けてしまいました

わたしは
家族共々
元気にお正月を迎えさせて
頂いております

放置状態になっているにもかかわらず
ご訪問下さった方々
本当に有難うございます

引き続き本年も
このブログは
相変わらずゆっくり更新ですが
気長にお付き合い頂けたら嬉しいです
どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m


昨年を振り返ってみますと
信心は一向に進まないままで
あるのに
沢山の神様のおかげを蒙らせて頂いて
きたことに改めて
気づかされています

主なところを取り上げますと
教会の奥城(お墓)建立
三代教会長(祖父)の40年霊祭奉仕
それから典楽会の本部楽員試験合格
親教会の少年少女会に加えて頂き
親子で全国大会に参加させて頂けたこと
連合会諸々の御用にお使い頂いたこと

他にも数えきれないおかげを頂きました

そして気がつけば
うつの症状も少しずつ安定して
元気に御用させて頂く日が増えたこと

これが一番のおかげかもしれません

しかしこんなにまで
おかげを下されてあるのにも関わらず
どこまでも
御礼の心が足らない自分
頭では分かり
口で語りつつも
心と行いが伴っていないこれまでの自分を
省みているところです

さて年が改まり
毎年恒例のみ教えくじ
今年もひかせて頂きました

昨年は
「神徳を受けよ、人徳を得よ。」でした

このみ教えを指針として
生活の中で自分なりに求めて参りました

その中で悟らせて頂いたことは
己の心が一番あてにならないこと
人を頼りにしてはならないこと
自分のああしたいこうしたいという
思いに執着せず神様のお計らいを
信じていくこと
どのようなことが起きてきても
神様の方に心を向けることです

今年も引き続きその稽古をさせて頂きたいと
思います

そして
今年頂いたみ教えは

「今月今日一心に頼め。おかげは和賀心にあり。」
です


今年は先代教会長である母10年の式年です。
つまりは教会長にお取り立て頂き10年。
またもや私にとっては大切な節年であり
この10年の総仕上げの年なのです
今月今日
一日一日を
大切にさせて頂きたいです


本日も読んで頂き
有難うございました
0 CommentsPosted in 信心
ご訪問ありがとうございます
LOGIN
ランキングに参加しています
応援 よろしくお願いします
プロフィール

fonwaka2

Author:fonwaka2



ご訪問ありがとうございます

わたしは
金光教の教会に生まれ育ちました
現在は
生まれた教会を継いで
教会長として御用しています

会社員の夫と
3人のこどもたちに恵まれ
賑やかな日々を送りつつ
信心の稽古に励んでいます

このブログは
一枚のフォトと共に
主にわたしの過去と現在の
信仰生活について
綴っています。

自分自身の為に
わたしの有り様を見つめる為に
綴る日誌です。

さらに
ブログを読んで下さってる
皆さんの御心が
少しでも癒され
和んでいただけるような
ブログになることを
願いつつ綴るものです。

わたしにとっても
皆様にとっても
幸せって何だろう?
生きるってどういうことだろう?
日々の忙しさの中で
ついおざなりになっていることを
ひとつひとつ拾いあげ
改めて考え気づく場であってほしいと
願っています。


これまで
読んでくださっている方々も
これから
読んでくださろうとしておられる方も
信仰をお持ちの方も
そうでない方も
ここで出会ったのも
何かの御縁
末永く
よろしく御願いします^^  


忌憚なくご意見やご感想をお聞かせ
下されば幸いに存じます


旧ブログ築七〇年教会の住人
よろしかったら覗いてみてください

神様と二人三脚 Facebookページ
当ブログのFacebookページに 更新情報とフォトエピソード他をのせています。 ぜひ「いいね!」してくださいませ。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フォローお願いします

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。