神様と二人三脚 

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喜ぶこと笑うこと

11 14, 2014


ここ数日で
教会の周りも
めっきり冬の空気になりました
この冷たい空気を吸わせて頂くと
あの頃のことを思い出します

気がつけば
軽症うつ病と診断を受けて
ちょうど3年を迎えさせて
頂きました

最近は寝込むことは
ほとんどなくなり。。。

落ち込むことは
たまにはありますが(^ω^;);););)
おかげを頂いて
悩み過ぎないように
させて頂くことが出来てきております

お薬のお世話にならずに
一日を
過ごさせて頂いていますが
バリバリに働くことなどは
出来ておりません

私の周囲には
休む暇なく
一日中働いている方が多いせいか
その方たちと比べ
自分のこのゆったりペースが
何か悪いように思われ
自分が怠けているように感じられたりして
辛いときもありましたが

今は
「わたしはわたし。人は人。」
と思うことにしました

のんびりペースの日々の中で
出来たことを喜び
出来なかったことを
願いとして神様に心を向けていく稽古を
させて頂いています

今は病気を治すことよりも
病気になってしまった自分の心を
見つめ改まることに
取り組んでいます


ここまで来させて頂けるまでに
一進一退の繰り返しでした
もちろんこれからも
まだまだ油断は禁物です




さて
今から一年くらい前のことでしょうか
心を改めるということについて
心に残る出来事が
ありました


あるとき
わたしがなにかを観て
無意識のうちに笑っていたのを
長女が目撃し

「見て見て!お母さんが笑ってるよ!」

と弟達に報告しに行きました

そして弟達も合わさり3人で

「お母さんが笑った♪お母さんが笑った♪」

と小躍りしながら大喜び(笑)



そのようにこどもたちに言われた時
初めて
それまでの
笑うことが出来なくなっていた自分の有様に
ハタと気付かされました


わたしが笑うことが出来ると知った
こどもたちは
わたしをまた笑わせてやろうと
手をかえ品をかえ
いろいろと仕掛けてくるようになりました

最初はそれでもなかなか素直に
笑う気持ちになれなかったのですが
このこどもたちの喜ばせよう笑わせようとする心は
わたしの固くなな心に沁みたものです

こどもというのは
親の心を見透かしているのか
わたしが心から笑っていない事を
ちゃんと
分かっていたのです
わたしが心から笑うと
こどもたちは喜んでくれるのです

うつ病のひどい頃には
かわいいはずの
こどもたちと会話することも
苦痛に感じられたこともあったのですが

気がつけば
こどもたちが喜んでくれることが
とても嬉しく感じられるわたしに
ならせて頂きました


これは
人に喜んで頂くわたしにならせて頂くためには
まず自分が喜ぶことがいるのだと
気づかされた出来事でした

それからは
日常の中で
喜びを見つけていくこと
そしてまず自分が喜ぶこと
そのことが
日々の目標となりました

そしてこどもたちとの
この出来事をキッカケに
再び
わたしは心から笑うことが出来るように
ならせて頂きました


四代金光様の御歌
「ここまでは 出来たとよろこぶべきことを これしか出来ぬと いひてなげくか」



一日一日
喜びをかみしめ
これからも
心から笑わせて頂けますように(*'∀'人)



本日も読んで頂き
有難うございました

スポンサーサイト

気がつけば大道の上に

11 05, 2014



ご無沙汰してます
更新が1ヶ月以上途絶えてしまいました


書きたいことは沢山あったのですが。。。
ブログを書くことを
控えているうちに
ブログを書く調子が
狂ってしまった気がします(^^;
不定期でもなんでも
続けるということは
力になるものだと実感してます

相変わらず
やるべきことが山積ですが (まだかいな、(^^;)
こちらも細々と続けてまいりたいと
思います




さて先日、
教会の教祖生誕200年生神金光大神大祭と
三代教会長(母方の祖父)40年の式年霊祭の
奉仕のおかげを頂きました

体調も天候も万事に
差し支えないおかげを頂き
もったいないことでした

大祭で祭主の御用を頂き
引き続き
今度は親教会親先生ご祭主で
三代教会長の霊祭が仕えられました


その後の吉備舞奉納では
親箏をさせて頂き
舞人の長女とともに
お供えさせて頂きました

お引き寄せ頂かれた参拝者は
相変わらず少なかったです(^-^)

しかし
今こうして御祭が仕えさせて頂けることが
おかげそのものであり
有難く尊いことなのだと
心から喜ぶことが出来
そのように思えるように
ならせて頂けたことが
また嬉しくもありました



そして昨日は
親教会に御礼参拝させて頂きました

いつもはわたし一人での参拝ですが
昨日は叔父(母の弟)と共に
お引き寄せ頂きました

親先生ご夫妻が
大変喜んで下さいました

きっと神様も御霊様も
喜んで下さってるに違いないと
思いました

というのも
叔父とは20年以上前から
関係が悪くなっていたからです

わたしの両親は
それぞれが亡くなる際まで
その事を大変心配しておりました

しかしその後
わたしが教会長にお取り立て頂いてからも
関係がさらに悪化しました


わたしは叔父に対して
何度も腹を立てたり
逃げ出したい気持ちにかられたり
したものです


人が助かるためにある教会で
このような揉め事があるということは
あってはならないことなのでしょうが。。


わたしもその最中は
苦しい気持ちで一杯で
御用させて頂く喜びなど
心から感じることはなかったです

親先生ご夫妻や
在籍のご信者さんには
この事で随分ご心配をおかけしたと
思います


親教会のお結界では
何度も悔し涙を流したかしれません
その度に
親先生ご夫妻から
「辛抱させて頂く」ことを
教えて頂きました

今振り返って改めて思ったことですが
この叔父との関係が
私自身の心を鍛え
信心を育てて下さいました

この叔父とどのように向き合い
どのように受けていくかが
わたし自身の修行そのものでした

迷いに迷いながらでは
ありましたが
親教会の御取次と御祈念を頂きながら
辛抱させて頂くうちに
叔父との最悪な関係も
数年前の記念祭の頃から改善していきました

叔父との間の蟠りが
少しずつ消えていき
今では穏やかにお話が出来る関係にならせて
頂けたのです

さらに今年
叔父のご厚意で
三代教会長の墓地の敷地内に
わたしの嫁ぎ先の家のお墓と
教会の奥城を建立させて頂くおかげを
蒙らせて頂きました

バラバラになってしまった心が
一つに結実した心地がしたものです

そしてこの度
三代教会長の式年祭が
無事に終えさせて頂けたことを
叔父も大変喜んで下さり
自分も親教会へ御礼参りさせて頂きたいと
言って下さいました


これは10年前のわたしには想像もつかなかった
ことで
天地がひっくり返っても
あり得ないだろうと思っていたことです

お結界では
霊祭の祭詞のなかで
親先生が詠んで下さった歌を
色紙に書いて叔父にお下げ下さいました

色紙には

「勇み立ち
神に向かふに
不動心
輝きとどめし
(三代教会長)大人はや」

という歌が書かれてありました



親教会では
奥城殿にも参拝させて頂き
うちの教会の二代兼務教会長で
あられた先代親先生の御前で
御礼の御祈念をさせて頂きました




親先生は
「あなたの信心辛抱がおかげになったなあ」
と喜んで下さいました

わたしはずっと
大道からそれていて
なんとか
大道に戻らせて頂きたいと
右往左往しながら
さまよっていたように
思っていましたが
そうではなく
元から大道を歩かされていたことに
気づかされました

どこにいても神様の御徳の中

真のおかげとは
まさにその事に気づかされることだと
思いました



頑固一徹で
己の信念を決して曲げなかったという
三代教会長(祖父)の
神様に向かう不動の心

これからは
その心を少しでも頂きたいと思います



本日も読んで頂き
有難うございました


0 CommentsPosted in 信心
ご訪問ありがとうございます
LOGIN
ランキングに参加しています
応援 よろしくお願いします
プロフィール

fonwaka2

Author:fonwaka2



ご訪問ありがとうございます

わたしは
金光教の教会に生まれ育ちました
現在は
生まれた教会を継いで
教会長として御用しています

会社員の夫と
3人のこどもたちに恵まれ
賑やかな日々を送りつつ
信心の稽古に励んでいます

このブログは
一枚のフォトと共に
主にわたしの過去と現在の
信仰生活について
綴っています。

自分自身の為に
わたしの有り様を見つめる為に
綴る日誌です。

さらに
ブログを読んで下さってる
皆さんの御心が
少しでも癒され
和んでいただけるような
ブログになることを
願いつつ綴るものです。

わたしにとっても
皆様にとっても
幸せって何だろう?
生きるってどういうことだろう?
日々の忙しさの中で
ついおざなりになっていることを
ひとつひとつ拾いあげ
改めて考え気づく場であってほしいと
願っています。


これまで
読んでくださっている方々も
これから
読んでくださろうとしておられる方も
信仰をお持ちの方も
そうでない方も
ここで出会ったのも
何かの御縁
末永く
よろしく御願いします^^  


忌憚なくご意見やご感想をお聞かせ
下されば幸いに存じます


旧ブログ築七〇年教会の住人
よろしかったら覗いてみてください

神様と二人三脚 Facebookページ
当ブログのFacebookページに 更新情報とフォトエピソード他をのせています。 ぜひ「いいね!」してくださいませ。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フォローお願いします

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。