神様と二人三脚 

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

両面焼きの目玉焼き

01 27, 2014




いつもお義母さんから
とっても新鮮な卵を頂きます

長女はもっぱら
おばあちゃんのくれた卵で
卵かけご飯をして頂くのが大好きです

ある日も
長女が
「今日は卵かけごはんがいい!」
と声をあげました
すると
次男がすかさず
「ぼくもたまごかけ!」と
声をあげました

すると長男は
「え~なあ、卵かけごはん」
とボヤきました

長男はアレルギー持ちで
生卵を食べると湿疹が出るので
卵かけごはんを食べさせるわけには
いきません

だからお姉ちゃんや弟が
卵かけごはんの時は
長男は
卵は我慢するか
両面を焼いてしっかり火を通した目玉焼きを作ります



また別のある日のことです


その日は
三人から目玉焼きのリクエストがあったので
長女と次男には普通の目玉焼きを
長男にはやっぱり
両面をしっかり焼いた目玉焼きを作りました。

すると長男が姉や弟の目玉焼きと
自分の目玉焼きを
交互に見つめながら
またボソッとボヤきました

「僕の目玉焼きだけ、いつも焦げててきたないけえ、嫌っちゃ」

わたしは、
長男にもおばあちゃんの卵を
美味しく食べてもらいたいので
長男のは両面を焼いて食べられるようにしました

割って混ぜるだけの卵かけごはんより
片面しか焼かない普通の目玉焼きより

長男の目玉焼きには
実は手間も思いも多めにかかっています

でも本人はそれに気がつかないので
人と比べて
卵かけごはんや
ツルツルの綺麗な目玉焼きを食べられない自分は不幸だと思い込んでいます



3人とも同じおばあちゃんの卵を
平等に頂いたのです
そして美味しく食べて喜んでもらいたいから、長男にはもう一工夫しました

でもそのことを長男は知らないから
喜べない

こういうと長男ばかりが
何か責められているばかりですが

かくいうわたしこそ
この長男と一緒なのです
この長男の姿は
ようおかげを受けきれない
己の姿そのまま


「目に見えるおかげより
目に見えないおかげが多い。知ったおかげより知らないおかげが多い」

「おかげは平等に授けるけれども
受け物が悪いとおかげが漏るぞ」

とのみ教え通りです


長男のボヤきを背に
いつかこの一手間に架けた母の思いに
気がついて
この両面焼きの目玉焼きを喜んで食べる日がきてほしいと思いました。

きっと神様も
わたしの背中に
同じ願いをかけて下さっているんですね

目玉焼きを焼いたフライパンを洗いながらそう感じました



本日も読んで頂き、
ありがとうございました



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
0 CommentsPosted in 信心

成るということ

01 14, 2014



昨日は成人の日でした。
うちの教会の周りでは
一昨日に式があったようで
日頃は閑散とした
貸衣裳屋さんの駐車場に
たくさんの車が止まっていました。

そういえば
わたしは成人式に出席してません。
振袖は一度も着たことがありません。
諸々の事情で20年前の成人式には
出席しませんでした。

母は写真だけでも撮ったらと
言ってくれましたが、断りました。

今さらですが
親の思いを汲んで写真一枚だけでも
撮ればよかったなあと
自分の娘を見ながら思います。


そんなことで
社会的には大人として認めて
頂いたといっても
大人になったという区切りの実感は
当時のわたしにはあまりなかったです。

そもそも
大人になるってどういうこと
なのでしょうね。

お酒が飲めるとか
経済的に親に依存しないとか。
また
罪を犯せば、名前も顔も世間様に
晒されるなとなど
社会や周りからの
対応がこれまでとは変わります。

でも
大人ってどういうことなんでしょう?
本当に大人になれているかどうか
今の自分も実にあやしいです。


資格といえば
同じ20年前に
わたしは金光教教師の資格を
頂きました。

先生と呼ばれるようになって20年
年月はそれなりに過ぎていますが、
本当に金光教教師になれているか
これまた実に実にあやしい

奥さんと呼ばれるようになって
10年ですが
本当に妻になれているか?

お母さんと呼ばれるようになって9年ですが
本当に親になれているのか?


わたしは40歳と年を重ねてきたけど
本当に人となれているのか?



ぜーんぶ、あやしいσ^_^;




資格を頂くというのは
つまりは神様が願いをかけて
下さっているということ


だけれど
資格を頂くことと
実際なれているのかは
別問題なのですね。

資格を頂いたら
自分の心と行いが
そう成るように努めているか?
日々自分自身が問題にすることを
忘れないようにしなければ
ならないでしょう。


せっかく資格は頂いているのですから
そう成れるように
一日一日油断せずに
その内容を求めていきたいものです。

資格を下さった神様に
喜んで頂くために。


本日も読んで頂き
有難うございました。



人気ブログランキングへ
0 CommentsPosted in 信心

3つの願い

01 07, 2014


遅ればせながら
5日より月末までの
寒中信行が始まりました。

とはいえ
うちの教会では
私ひとりなのですが(^^)

信行といっても
特別なことをしている訳では
ありません。
まだまだ
わたしには
そういう資格はありません。

ただ願いを持って
日常を大切に取り組みたいと思います。

その願いは

①日々元気に過ごすこと

うつ病と診断を受けてからこの2年
1月は元気ではありませんでした。

ですから、この1ヶ月、元気なおかげを
頂きたい。
その為には、身体を大切にすることを
第一に考える。
無理をしない。
疲れても、次の日に持ち越さないように休む工夫をするなどなど。


②受けていく心を大切にしていくこと

何が起きてきても
何事も動じることなく
受け止める
断らない
逃げない
否定しない

ホント
なかなか難しい!σ^_^;


③何事も神様から託して下さった御用として頂くこと

うつ病を患ってからというもの、
何をするのも自信がなくなって
いました。
出来ない出来ないと
嘆いてばかりだったです。

でも一歩進んで
神様にお願いして
「させて頂く」稽古です。

御用にお使い頂くことが
自分の助かりなのだということを
肝に命じて。

御用というのは
神前の御用だけのことを言うのでは
ありません。

家事も育児も妻も母も
みな神様からのお差し向けの御用と頂くことを
稽古させて頂きたいです。



欲張りなことに
3つも願いをたててしまいましたσ^_^;

(張り切りすぎて倒れませんようにσ^_^;)


この信行期間内に限った願いというわけではありませんが
とくに心をこの願いに集中させて
しっかり期間中
稽古させて頂き、
一年のスタートをきらせて頂きたいと思います。




本日も読んで頂き、
有難うございました。



人気ブログランキングへ
0 CommentsPosted in 信心

受けていく 受けていく

01 03, 2014


新年明けまして
おめでとうございます。

いつもブログにお越し頂き
有難うございます。
おかげさまで
昨年一年間、
かつがつも
ブログを続けさせて
頂くことが出来ました。

本年も拙いながら
細くではありますが
続けさせて頂きたいと
願っております。

何卒よろしくお願い申し上げます。




さて、年も改まり、
今年もみ教えを引かせて
頂きました。

昨年のみ教えは
「おかげは受け徳。受け勝ち。」
でした。

昨年一年を通して
何事も「受けていくこと」に
取り組ませて頂きました。

起きてくる事柄や
関わる人に対して
ただただ
「受けていくこと」

否定したり、逃げたりせずに
神様が差し向けられる事として
大切にさせて頂くということです。

なかなか
頭で分かっていながら
実際に出来ていたかというと
まだまだだと思わされました。

年末に
こどもたちが病気になりました。

この事柄を通してまだまだ
「自己満足の信心」に止まっていると
実感しました。

これは
年が改まっても
それでおしまいにしては
ならないんだなあ
引き続き
「受けていく」稽古を
させて頂きたいなと思いました。



年が改まって
新年のみ教えを頂きました。

すると
「神徳を受けよ。人徳を得よ。」
というみ教えを頂きました。

引き続き
「受けていく」稽古をさせて
頂く上に、さらなる展開の願いを
神様がかけて下さっているんだなあと
胸が熱くなりました。

何とか
神様の願いに沿わせて頂きたいです。


本日も読んで頂き、
ありがとうございました。



人気ブログランキングへ
1 CommentsPosted in 信心
ご訪問ありがとうございます
LOGIN
ランキングに参加しています
応援 よろしくお願いします
プロフィール

fonwaka2

Author:fonwaka2



ご訪問ありがとうございます

わたしは
金光教の教会に生まれ育ちました
現在は
生まれた教会を継いで
教会長として御用しています

会社員の夫と
3人のこどもたちに恵まれ
賑やかな日々を送りつつ
信心の稽古に励んでいます

このブログは
一枚のフォトと共に
主にわたしの過去と現在の
信仰生活について
綴っています。

自分自身の為に
わたしの有り様を見つめる為に
綴る日誌です。

さらに
ブログを読んで下さってる
皆さんの御心が
少しでも癒され
和んでいただけるような
ブログになることを
願いつつ綴るものです。

わたしにとっても
皆様にとっても
幸せって何だろう?
生きるってどういうことだろう?
日々の忙しさの中で
ついおざなりになっていることを
ひとつひとつ拾いあげ
改めて考え気づく場であってほしいと
願っています。


これまで
読んでくださっている方々も
これから
読んでくださろうとしておられる方も
信仰をお持ちの方も
そうでない方も
ここで出会ったのも
何かの御縁
末永く
よろしく御願いします^^  


忌憚なくご意見やご感想をお聞かせ
下されば幸いに存じます


旧ブログ築七〇年教会の住人
よろしかったら覗いてみてください

神様と二人三脚 Facebookページ
当ブログのFacebookページに 更新情報とフォトエピソード他をのせています。 ぜひ「いいね!」してくださいませ。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フォローお願いします

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。