神様と二人三脚 

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デクノボー

01 27, 2013





先週のことです。
わたしは、
また体調を崩してしまいました。

気をつけていたはずなのに
慢心というか
驕りというか
少々無理をしてしまいました。

調子が良かっただけに
油断していました。

ショックでした。

しばし
何も出来ない自分から逃げてみたり
あるいは対峙してみたりする日が続きました。

主人に謝りました。
すると主人は
「謝ることやないよ」
と言いました。


ー涙が出ました。



いつまでもこのままではいけません。
心を切り替えなければ、、、。
と、不調が長引くほど焦ります。


明日に備えて
とにかく早く休もうと思いました。

しかし
そう心に決めた日に限って
こどもたちは
なかなか早く寝らずに
スムーズに入眠させてはくれません。


この間もそうでした。


こどもたちが騒ぐ横で
早く寝てくれー(´・_・`)
そう思いながら
布団を頭から被っていると、

横から聴き覚えのある詩が
聴こえて来ました。


雨ニモマケズ
風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ
慾ハナク
決シテ瞋ラズ
イツモシヅカニワラツテヰル
一日ニ玄米四合ト
味噌ト少シノ野菜ヲタベ
アラユルコトヲ
ジブンヲカンジヨウニ入レズニ
ヨクミキキシワカリ
ソシテワスレズ
野原ノ松ノ林ノ蔭ノ
小サナ萱ブキノ小屋ニヰテ
東ニ病氣ノコドモアレバ
行ツテ看病シテヤリ
西ニツカレタ母アレバ
行ツテソノ稻ノ束ヲ負ヒ
南ニ死ニサウナ人アレバ
行ツテコハガラナクテモイヽトイヒ
北ニケンクワヤソシヨウガアレバ
ツマラナイカラヤメロトイヒ
ヒドリノトキハナミダヲナガシ
サムサノナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボートヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
サウイフモノニ
ワタシハ
ナリタイ




宮沢賢治の
「雨ニモマケズ」です。

「やったー(≧∇≦)初めて全部言えたっ(≧∇≦)♪」
と長女。


どうやら長女のクラスで
毎朝、暗唱しているらしいのです。

長女は
初めて全文を暗唱出来た喜びで
益々目が冴えたようで、
寝入る様子もなく
何度も何度も暗唱を続けていました。

しばらくそれに
付き合わされているうちに
いつの間にかその詩が
落ち込んでいたわたしの心に
ジーンと沁みてゆきました。


そして
デクノボー
という言葉が頭の中を巡りつつ
眠りにつきました。







今日の昼間のことでした。

長女に
「雨ニモマケズ」を暗唱してみて
と、頼みました。

長女は照れながらも
満更でもない様子で
再び暗唱してくれました。

そこでわたしは
長女に、
いじわるクイズを出すことにしました。

母「では、問題です。
この詩の中の ワタシ がなりたかったのは、
どんな人でしょうか?」

長女は、むずかしいーーーー!!と
しばし悩みながら、

長女「雨にも負けず、風にも負けず、、、っていうから
最初は、強い人なんかなーって思ったんやけど、、、。」

母「だけど?」

長女「だけど、東に病気のこどもあれば行って
看病してやりーとか、日照りの時は涙を流しーとか
いうから、、、だから優しい人かなーと。」

母「なるほどねー(ニヤニヤ)」

長女「間違ってるん??正解は??」

母「(^.^)…。」

長女「教えてーや!」

母「正解は、、、

あんたの言う通り!わたしの聞く通り!」

長女「*\(^o^)/*やったね♪」


とまあ、こんな会話で
盛り上がりました。



長女が答えに悩む過程の中で、

「デクノボーってどういう意味?」
と尋ねてきました。

わたしは、ドキッとしました。

そして
「役に立たないってことだよ」
と解説しました。

すると長女は
「そんなこと、呼ぶ人の方が悪いね」
と言いました。



ー涙が出ました。



わたしは、長女に
「あんたが大人になっても、
いつか、皺くちゃなおばあちゃんになっても、
この詩を覚えててね。」
と言いました。

「えーーなんで?!」
と長女は笑いましたが、

「それはねぇ、、、
もっと大きくならんにゃあ、分からんのよ(^.^)」

と、わたしも笑いました。




本日も読んで頂き、
ありがとうございました。
スポンサーサイト

先を楽しみに

01 18, 2013




先週末のことですが、
万事にお繰り合わせを頂いて
家族と主人の両親とで
御本部に年頭参拝の
おかげを蒙らせて頂きました。

1月の参拝が叶ったのは
3年振りです。

御霊地は
各地からの年頭参拝で
賑やかでした。

夕方から雨の予報で
曇り空ではありましたが
お参りに差し障りのない
お繰り合わせを頂きました。

年頭参拝に
こうして家族が揃って
お参りさせて頂けることは
とても有難いことです。

以前は
家族皆が信心してくれない
お参りといっても形ばかり
ただついて来ているだけだ。
と、そんな風にしか思えませんでした。
そして、
付き合わせて申し訳ないとも
思っていました。

そういう風に思いながらの参拝は
家族揃ってても
辛いものがありました。

でも今は
「それがおかげなのだ」
ということが
分からせて頂きました。


そんな中
長男は、御本部へのお参りを
渋りました。
お参りが
つまらないようでした。

世の中には
こどもたちにとって
魅力的な場所は
沢山あるわけです。

それに他の神社仏閣のように
お札もお守りもおみくじも
ありません。

なんでせっかくの連休に
御本部にまたお参りなのかと
思うのは当然だろうと思います。

それでも渋々
ブツブツ言いながらも
ついて来てくれました。(^^)

いつか、
「なんでお母さんは
なんも面白いことない御本部に
嬉しそうにお参りするんやろうか?」
と疑問に思ってくれたらいいなあと
思います。
(あ、御本部に大変失礼かもσ^_^;
それこそが御本部の良さだと
わたしは思っているのですけどね)

いつも通り
奥津城にお参りして

「最近全然いいことない」

とブツブツ言い言い歩く
長男の手を繋いで
木綿崎山を歩きました。

そのボヤキを聴きながら、

さすが我が息子よ
わたしの思考回路そのものだ
わたしにそっくりだな(笑)

と思い思い歩きました。

そんな長男も
春になれば小学生。

ボヤく智慧を頂くまでに
大きくならせて頂いたのです。

どうか先々には
この御本部参りが
この子にとって
懐かしく愛しい思い出に
なりますように。

そんなことを祈りながら
御霊地あとにしました。




本日も読んで頂き、
ありがとうございました。
0 CommentsPosted in 信心

日常を記す

01 11, 2013



年明けから
新たに日記をつけることに
挑戦しております。

三日坊主なわたしは、
これまでも何度も日記を
書きたいと思いつつ、
途中で挫折してばかりでした。

でも昨年10月
近くの本屋さんでこの日記帳を
衝動買いしてしまいました。
一年日記ですが、
結構いいお値段^_^;

年々記憶力も弱くなってきたことだし、
備忘録としてということと
ブログには書けない出来事や
心境などを綴っておきたいということで
日記を記すことは大切だと思ってはいたのですが、
なかなか踏み切れず、、、、

でも清水に飛び込む心持ちで(ちょっとオーバーか^_^;)
エイッと買ってしまいました。

まだ10日ですが、
何とか続いております。

時々忘れて
翌日
えーっとーーっと思い出しながら
書く日も実はあります。
とまあ、、
辛うじて続いてる感じなのです^_^;

横書き、一頁一日タイプを買ってしまい、
こんなに書くことあるだろうか?と
最初は自信がなかったのですが
お正月からちょっとした事件にも
遭遇したりして
何かと忙しい日々で
日記に書くスペースが足りないというくらいです。

日記の内容に困らないほどの充実した日々を
送らせて頂いていることは
とても幸せなことですね。
布団で横になっていた一年前を思い出せば
尚更にそう思います。

日記を書きながら
こうやって記しておけばこそ
忘れずにすむこと
見つけられること
気づけることがあるなあと思います。

知人のある方は
嫁いでからもう60年近く
日記を書いていると伺いました。
書かないと一日が終わらない
そうです。

わたしもそういうふうに
続けられたらいいなあ

40歳間際になって
始める日記帳。

どうか、今度こそ
途中白紙で終わりませんように(°_°)

ええ加減
三日坊主から卒業したい
わたしです。



本日も読んで頂き、
ありがとうございました。
0 CommentsPosted in 生活

おかげは受け徳。受け勝ち。

01 02, 2013





皆様
明けましておめでとうございます(^^)

本年も引き続き
よろしくお願い申し上げます。

さて
年末年始のことを少し。

30日から主人の両親が
教会へ来て下さって
お餅つきしました。
とはいえ、
お餅は機械がついて、
丸めるだけなんですけども(^^)
これが我が家の恒例になっています。

その最中には
次男が咳が長引いているのを
心配して、
主人が小児診療所に連れて行って
くれました。
気管支炎をおこしているとのことで
お薬を処方して頂きました。

数年前は、
長男と共に病院で年越しましたが、
この度はこの位で済んでありがたいと
思いました。

31日には、
おせち料理を作らせて頂きました。
前年は、うつ病の最中にいて
とてもそのような気持ちになれず
お正月を迎えることが
しんどくていけませんでした。
この度は
あれも作らせてもらいたい
これも作らせてもらおうかと
思う気持ちのゆとりがあり、
ありがたい事でした。


年が明けて
元日祭を仕えさせていただきました。
そして
み教えの福引きをさせて頂きました。

わたしが引かせていただいたみ教えは

「おかげは受け徳。受け勝ち」

でした。

漠然と、
ありがたいなあ
もったいないなあと
思いました。

しかし、
このみ教えが
わたしのこの一年の信心指針となるのですから、
もっとしっかりそのご内容というか、
そのみ教えを通して
神様がかけて下さっている願いを
分からせてもらいたいと思い、
お正月が終ってゆっくりしたら
教典などで調べさせてもらおうと思いました。

しかし、調べる前に
神様が教えて下さいました。
と、いっても
神様のお声が聴こえた訳ではありませんが^_^;

ある事柄を通して
教えて下さいました。

それは今日の初月例祭の時のことでした。
詳しい内容は何れまたということに
させて下さい。

しかし神様は
わたしの心の内をよく
ご存知なのだなあと
今更ながら思いました。

つまり、
1番の痛点をついて下さる訳です。^_^;
涙が出そうでしたが、
わたしが「辛くて」泣いていると
神様にも家族にも心配かけては相済まないと思い、
お祭りを最後まで
平常心でお仕えさせてもらいたいとも思い、
心の中で思い変え思い変えしました。

そんな中で
「これはおかげに違いない」
そう思っていると
徐々に
色んなことに気づかされました。
そして、
「やっぱりおかげだなあ」
と実感するに至りました。


無事に
いつも通り祭典をお仕えして後
お届け帳をつけさせて頂いているときに
やっと合点がいきました。


なるほど
確かにおかげは
「受け徳。受け勝ちだ!」と。


今年も色々ありそうな予感です。
でもしっかりおかげと受けていきたいと思います。
それが神様の願いですから(^^)


本日も読んで頂き、
ありがとうございました。
0 CommentsPosted in 信心
ご訪問ありがとうございます
LOGIN
ランキングに参加しています
応援 よろしくお願いします
プロフィール

fonwaka2

Author:fonwaka2



ご訪問ありがとうございます

わたしは
金光教の教会に生まれ育ちました
現在は
生まれた教会を継いで
教会長として御用しています

会社員の夫と
3人のこどもたちに恵まれ
賑やかな日々を送りつつ
信心の稽古に励んでいます

このブログは
一枚のフォトと共に
主にわたしの過去と現在の
信仰生活について
綴っています。

自分自身の為に
わたしの有り様を見つめる為に
綴る日誌です。

さらに
ブログを読んで下さってる
皆さんの御心が
少しでも癒され
和んでいただけるような
ブログになることを
願いつつ綴るものです。

わたしにとっても
皆様にとっても
幸せって何だろう?
生きるってどういうことだろう?
日々の忙しさの中で
ついおざなりになっていることを
ひとつひとつ拾いあげ
改めて考え気づく場であってほしいと
願っています。


これまで
読んでくださっている方々も
これから
読んでくださろうとしておられる方も
信仰をお持ちの方も
そうでない方も
ここで出会ったのも
何かの御縁
末永く
よろしく御願いします^^  


忌憚なくご意見やご感想をお聞かせ
下されば幸いに存じます


旧ブログ築七〇年教会の住人
よろしかったら覗いてみてください

神様と二人三脚 Facebookページ
当ブログのFacebookページに 更新情報とフォトエピソード他をのせています。 ぜひ「いいね!」してくださいませ。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フォローお願いします

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。