神様と二人三脚 

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダモイを信じて耐えた絶望の日々

07 31, 2011




7月も終わり、
明日からは
夏真っ盛りの8月がやってきます。

そしてもうすぐ
原爆記念日と終戦記念日です。

戦争を経験された世代の方々も
60余年経てかなりの高齢となり、
また亡くなっていかれる中で
戦争のことを
伝えていく大切さをより感じています。

そのために今まず
戦争を知らない世代のわたしたちが
知ろうとすることが大切に思われます。

わたしはまず
父の体験した戦争とは
どういったものかということを
求めていこうと思います。

このブログでも少しずつ
ご紹介出来たらと思っています。

父は
大正13年に大分県の杵築市に生まれました。

詳しい経緯は不明ですが、
戦時中は
満州鉄道で働き、
そこで応召(召集令状を受けて軍隊にはいる)され、終戦後、侵攻してきたソ連軍の捕虜となりました。父が22歳の頃です。

ちなみにこの時にソ連軍の
捕虜となり、シベリアに抑留された
日本人は60万人とも70万人とも
言われています。

終戦と言っても
戦争をやめたというだけで、
中国大陸で見放された日本人にとっては
ここからが悲劇の始まりでした。

父は生前この時の抑留生活のことを
語ることはあまりしませんでした。

遺る資料もわずかしかなく、
父亡き今、その頃の父のことを知る
手掛かりは皆無に等しいです。

しかしまずは
~シベリア抑留~というものが
どういったものか知りたかったので
それについて書かれている本はないか
調べ、取り寄せました。

それが上の写真の本です。
ノンフィクション小説です。

この辺見じゅんという著者は
この本を書く以前に
「収容所から来た遺書」という小説を
書いていらっしゃいます。
どちらかというとこちらの本の方がメジャーなようです。

しかし、
「ダモイ遥かに」という本の方が
読みやすく、後にわかった新事実も書き加えられているそうです。

確かに読みやすい本で
あっという間に読んでしまいました。

ダモイとはロシア語で『帰国』という意味。

シベリア抑留者の希望の合言葉でした。

いつかダモイ出来る日が必ずくることを信じて、地獄の抑留生活を耐え抜いたのです。



本日も読んで頂きありがとうございます!
お忙しいところ恐縮ですが、応援お願いします!↓
                      
 人気ブログランキングへ



同じカテゴリの記事
スポンサーサイト
0 CommentsPosted in 平和

金子みすゞの世界

07 30, 2011





旅行2日目の後半。
長門市のルネッサながとで開催中の
「没後80年金子みすゞ展」に行きました。

金子みすゞの詩で有名なのは
「みんなちがって、みんないい」の
「私と小鳥と鈴と」という詩

それから最近話題になったのは、
ACのCMで繰り返し流れていた
「こだまでしょうか」という詩

この2つの詩なら
金子みすゞのことを知らない人でも
「ああ!」と思われると思います。

展示会場では、
金子みすゞの生涯についてのパネル展示や縁の品々の他に、
各界著名人が、
それぞれ思い入れの深い金子みすゞの詩をピックアップし、
その詩についての思いなどのコメントを
寄せていらっしゃいました。

たくさんの詩に触れることが出来、
とても見応えのある展示会でしたが、
残念ながら、諸事情により、ゆっくり味わうことが出来ませんでした。(;_;)

でもそんな短い時間でも
心を奪われた詩に出会いました。

それは

「芝草」
「ふしぎ」
「蜂と神さま」

本当はここに詩を載せたいけど、
著作権の関係でやめておきます。
が、とても素晴らしい詩なので
ぜひググってみて下さい。

灯台下暗しじゃないですが、
数年前まで
ほとんど金子みすゞのことは
知りませんでした。
詳しく知ったのは、
松たかこさん主演のドラマを
見てからです。

金子みすゞの生涯は、
波瀾万丈というか、
薄幸と思える人生で
しかも26歳の若さで
一人娘を遺して自殺してしまいます。

なんだかとても悲劇的な最期を遂げて
いるので、詩は素敵だけれど
本当には好きにはなれなかったです。
どうしても疑問がのこるというか、
腑に落ちない感があったのです。

でも今回の展示会で出会った詩のおかげで、
金子みすゞという人をちゃんと知りたいと思うようになり、調べていくうちに
金子みすゞという人へのわたしの誤解が
ゆっくり解けていきました。
(クドくなりそうなので、詳しくは、いずれまた?(>_<)ゞ)

さて、
この展示会に行ったのには、
長女に美しい日本語を味わってほしいと
いう母の狙いがありました。

長女は、大好きなお祖母ちゃんに
展示してある詩を読んでもらいながら
ひとときの時間を楽しんでいました。

その二人の姿を眺めながら、
ああ、来て良かったと思いました(*^_^*)




本日も読んで頂きありがとうございます!
お忙しいところ恐縮ですが、
応援お願いします!↓
                      
 人気ブログランキングへ



同じカテゴリの記事

0 CommentsPosted in 生活

鯨墓

07 29, 2011



旅行2日目は、
お隣の長門市へ行きました。

長門市の仙崎は
童謡詩人、金子みすずの生誕地です。

まずは
青海島観光汽船で
島の周りを遊覧しました。

青海島は、北長門海岸国定公園の中心部にあります。

遊覧船から見える景色は、
別名海上アルプスと呼ばれるにふさわしい壮大なものでした。

船の観光アナウンスによると
この辺りは昔、捕鯨が盛んだったそうです。

そう言えば、金子みすずの詩のなかに
「鯨法会」というのがあります。

観光アナウンスによると
島の向岸寺に「鯨墓」というのがあるそうです。

その中には、約70体の鯨の胎児が眠っているそうです。
昔、母鯨を捕獲した時に
一緒にお腹にいた鯨の赤ちゃんを
供養するために建立したそうです。

詳しくはこちらのページで
http://member.hot-cha.tv/~htc09819/kujirahaka.html

現代はいろいろ問題になっている捕鯨ですが、

べつのいのちをもらってこそ
生きられるわたしたち人間だと
いうことを忘れないようにしなければと
思います。

この土地の人が
捕鯨という営みを通して感じ、
大切にしてきた鯨をはじめとする海のいのちに対して感謝とか、
申し訳ないというお詫びの心とか、
そういう心を、
直接漁するわけではないけど、
毎日のように
海の幸を口にするわたしも
大切にしたいと思いました。




本日も読んで頂きありがとうございます!
お忙しいところ恐縮ですが、
応援お願いします!↓
                      
 人気ブログランキングへ



同じカテゴリの記事
0 CommentsPosted in 信心

萩へ

07 28, 2011



25日から
萩へ家族旅行に行きました。

主人の両親も一緒です。

1日目は
萩焼の体験を
しました。

夏休み前から萩に行くことが
決まっていたのですが、
どうせなら
長女の宿題もやってしまおうということで申しこみました。(^。^;)

当初は
「お父さんの
焼酎用の湯呑みを作る」
と親孝行なことを言ってましたが、
作っていくうちに
愛着がわいたようで
「わたしが使う湯呑み」
に変わりました(笑)

指導のスタッフの方が
宿題ならより個性的な方が
いいですよと
アドバイスして下さったので

いろいろ手を加えるうちに
湯呑みとはちょっと異なる形に
仕上がった模様(^。^;)

ちなみに
余った土で
お皿も作りました。
長女が大好きな葡萄のお皿です。

本来は出来上がりと配送で
2ヶ月かかるそうですが、
ご配慮下さって
8月末までに手元に届く予定です。
どんなになってるか楽しみです(^^)







本日も読んで頂きありがとうございます!
お忙しいところ恐縮ですが、
応援お願いします!↓
                      
 人気ブログランキングへ



同じカテゴリの記事

0 CommentsPosted in 生活

心が亡くなると書いて「忙しい」

07 24, 2011





今日は、午前中からお昼過ぎまでは
連合会の運営会議に出席させて
頂きました。
その後、家族揃って
幼稚園のお盆祭りに行きました。

なんだか
盛りだくさんな1日でした。

こういう風に忙しい時には
必ず失敗をします。

今日はお盆祭りに行くとき、
用意していた家族それぞれのお茶を
うっかり忘れてしまいました。(゚◇゚)ガーン


実意丁寧ということを申します。
辞書で調べてみると、

実意とは、
①まごころ。誠実な心。真情。
②本心。真意。

また、丁寧とは、
①注意深く念入りであること。細かい点にまで注意の行き届いていること。また,そのさま。
②動作や言葉遣いが,礼儀正しく,心がこもっている・こと(さま)。
③何度も繰り返すこと。特に何度も忠告すること。

大辞林 第三版より

とあります。
わたしが一番苦手とすることです。苦笑
稽古させて頂いておるつもりでしたが、
まだまだ、ぜんぜん成っていません。

よく主人に
「性根がない」と叱られますが、
今日はその言葉すらなく(^。^;)

こうやって今日も
家族に辛抱していただいて
なんとか、主婦をさせて頂いている
わたしです。(^。^;)





本日も読んで頂きありがとうございます!
お忙しいところ恐縮ですが、
応援お願いします!↓
                      
 人気ブログランキングへ



同じカテゴリの記事
0 CommentsPosted in 信心
ご訪問ありがとうございます
LOGIN
ランキングに参加しています
応援 よろしくお願いします
プロフィール

fonwaka2

Author:fonwaka2



ご訪問ありがとうございます

わたしは
金光教の教会に生まれ育ちました
現在は
生まれた教会を継いで
教会長として御用しています

会社員の夫と
3人のこどもたちに恵まれ
賑やかな日々を送りつつ
信心の稽古に励んでいます

このブログは
一枚のフォトと共に
主にわたしの過去と現在の
信仰生活について
綴っています。

自分自身の為に
わたしの有り様を見つめる為に
綴る日誌です。

さらに
ブログを読んで下さってる
皆さんの御心が
少しでも癒され
和んでいただけるような
ブログになることを
願いつつ綴るものです。

わたしにとっても
皆様にとっても
幸せって何だろう?
生きるってどういうことだろう?
日々の忙しさの中で
ついおざなりになっていることを
ひとつひとつ拾いあげ
改めて考え気づく場であってほしいと
願っています。


これまで
読んでくださっている方々も
これから
読んでくださろうとしておられる方も
信仰をお持ちの方も
そうでない方も
ここで出会ったのも
何かの御縁
末永く
よろしく御願いします^^  


忌憚なくご意見やご感想をお聞かせ
下されば幸いに存じます


旧ブログ築七〇年教会の住人
よろしかったら覗いてみてください

神様と二人三脚 Facebookページ
当ブログのFacebookページに 更新情報とフォトエピソード他をのせています。 ぜひ「いいね!」してくださいませ。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フォローお願いします

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。